一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

サラダを食べる女性

食費

一人暮らしの食費を自炊で2万円以下!5つの方法とは?

更新日:

進学や就職などで一人暮らしを始めたら、想像していたよりも食費がかかって大変という経験はありませんか。

たくさんの人が食費の節約に取り組んでいるけど、なんだか上手くいかない…。

その理由は、間違った方法を実践しているからです。食費の節約はやみくもに取り組むのではなく、計画的に実行することが重要です。

食費を節約して、その分を貯金や他の事に使いたいという人のために、食費を2万円以下に抑える方法をご紹介します。

スポンサーリンク

一人暮らしで食費を抑える計画的な買い物

計画ノート

スーパーに行って買い物をする時、なんとなく商品を選んで、家に帰ってきてみると、同じ商品が冷蔵庫に入ってた!なんて経験ありませんか?

このようなムダを防いで食費を節約するためには、事前に買い物の計画をたてることです。まずは家を出る前には、冷蔵庫の在庫をチェックしましょう。

冷蔵庫の中身を把握することで、食材を使い切れずに腐らせたり、ダブって買ってしまうことを防ぐ事ができます。在庫を確認したら、次は近隣のスーパーのチラシをチェックして特価品や日替わりのセールなど安い物をピックアップしておきます。

冷蔵庫の在庫とスーパーのチラシ情報を参考にして、買うものをリストにしましょう。この買い物リストを作成することで必要な物を買い忘れたり、余計な物を買う失敗を防ぐことができます。

それぞれの食材の底値価格が分かるのであれば、あわせてメモをしておくと便利です。食費を節約するには、買い物前のこの一手間がとても重要です。

 

一人暮らしの食費:食材は1週間分をまとめ買い

種類豊富な野菜

1ヶ月の食費が2万円だと、1週間で使えるお金は5千円という計算になります。

買い物に行く際にはその週の予算だけを財布に入れていきましょう。余分なお金があるとついついお菓子などを買ってしまいます。また、頻繁に買い物に行くことは避けて、出来るだけまとめ買いをするようにしましょう。

計画としては1週間分の食料をまとめて買い、それでも足りない物が出てきたら買い足すようにします。近隣にスーパーが複数あるのなら、スーパーによってお米が安い、お肉が安いなど特徴があるので、使い分けて買い物をするように心がけましょう。

特にお米は単価が高いので要チェックです。買い物の際は、事前に作った買い物リストに載っている食品のみを購入します。ここで安いからといって余計な物を買ってしまうと、食費の節約はできません。

週の最後に予算と実績の金額を比較します。余ったお金は次の週に繰り越さず、分けておきましょう。

スポンサーリンク

一人暮らしの食費:1週間分のメニュー作成

手書きのレシピ

買い物から帰ってきたら、食材を見て1週間のメニューを考えます。

インターネットで色んなレシピの情報が見れるため、食材で検索してレシピを探し、食材を残さず使い切れるようなメニューを探しましょう。事前にメニューを決めておくことで、そのメニューに合った下ごしらえが出来るため、日々の調理が楽になります。

慣れてきたら、安い食材を使ってかさ増しできないかなど、自分なりの工夫を取り入れていきましょう。今まで自炊をしていなかった人は最初は大変かもしれませんが、もしメニュー作成で失敗したとしてもあきらめずに継続して取り組んでいきましょう。

時間があれば、食材の価格からそれぞれのレシピにかかる費用を算出しておくと、食費の管理がしやすくなります。週の半ばに食材の残りを確認し、必要があれば臨機応変にメニューを変更していきます。

 

一人暮らしの食事は下ごしらえで作業効率UP

包丁で切るきのこ

メニューが決まったら、下ごしらえの作業に取り掛かります。食品をそのまま冷蔵庫に入れておくと傷んでしまいますので、長持ちするように一手間加えます。

特に葉物野菜などは傷みがちなので工夫して保存しましょう。野菜の保存方法はインターネットで情報を取得できます。根菜は様々な形状にカットしておくと、色んなメニューに対応できます。

お肉や魚などは、食品トレイからラップに移し、空気が入らないように包んで冷凍庫で保存します。事前に決めたメニューにあわせて下処理や味付けをしておくと、調理が楽になります。

ひき肉などはそのまま保存しても良いですが、ハンバーグなどに加工した後に冷凍することも可能です。

仕事が忙しくて毎日自炊できないという人は、土日にまとめて料理をして保存しておくと良いでしょう。自分の生活リズムに合わせて下ごしらえをしておきましょう。

 

一人暮らしは「外食よりも自炊」のルール

イエローカード

日々の仕事や生活が忙しいからといって外食ばかりしている人は、まずはその生活習慣を改めましょう。

1ヶ月にかかった外食代を書き出して、今までどれくらい出費をしていたか確認すると分かりますが、外食をしている限り食費を1ヶ月2万円に抑える事はできません。

日々のランチを外食ですましている人は、お弁当を持参するようにしましょう。お弁当といってもおかずがたくさん入った立派な物を作る必要はありません。

例えばおにぎりや、前日の晩御飯の残り物などで十分です。おにぎりは冷凍ができるので1週間分をまとめて作っておくと便利です。可能であれば、食材の下ごしらえの際に常備菜を作ってお弁当のおかずにすると良いでしょう。

買い物のやり方と下ごしらえの習慣が身につけば、お弁当をつくる作業はそんなに難しい事ではありませんので工夫をしていきましょう。頻繁に飲み会に行く人は回数を減らすようにしてください。

 

まとめ

  • 冷蔵庫の中身とチラシを見て買い物リストを作る。
  • 1週間分の食材をまとめ買い
  • 1週間のメニューを作成し、効率よく食材を消費する。
  • 食材の下ごしらえで調理を楽に
  • 「外食よりも自炊」のルール

食費の節約には計画的に自炊をすることが大事です。1ヶ月2万円と捉えると少なく感じますが、1週間で5千円の食費は、自炊を前提に考えると余裕がある金額です。

上記の方法を実践すれば、確実に1ヶ月の食費を2万円に抑えることは可能です。とはいえ、今までの習慣を変えるにはエネルギーが必要です。

もし節約に疲れたなと思ったら、余った食費で外食をして息抜きをするようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-食費

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.