一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

シューズボックス

収納

一人暮らしの収納術!モノを増やさない5つの方法とは?

更新日:

放っておいてもどんどん増える家の中のモノたち。衣類、食品、日用品、レシートや領収書など、数え上げればきりがありません。そんなモノの増加をどうやったら食い止めることができるでしょうか?

答えは簡単。「増やさない」「処分する」、その二つだけです。

そうは言っても、特売でお買い得だと思えばつい買ってしまうし、もったいないと思うとなかなか処分できないもの。

かくしてモノはどんどん増えていき、家のスペースを圧迫するわけで・・・そんな悪循環を断ち切り、モノを増やさないようにする方法を、よくある5つのケースを元に考えてみましょう。

スポンサーリンク

モノを増やさない方法1:生活消耗品の買いだめはしない

生活用品の安売りは毎週のように行われていますので、よほどの僻地に住んでいて買い物に行けない場合は別として、1つ以上の買いだめは必要ありません。

仮にストックがない状態で今使っているものがなくなりそうになっても、次に買いに行くときまで使う量を減らして使っていれば数日くらいは大丈夫。極端な話、なくなってから買いに行っても遅くはないくらいです。

鮮度が命の生鮮食品なら消費期限が近付くと大幅な値下げが期待できますが、生活用品の場合は原価が大体決まっているので特売といってもその値下げ幅は知れたもの。お買い得感は薄いです。

また、安さに目がくらんでストックがあるのを忘れてさらに買ってしまうような事はお金の無駄遣いにもなりますので気を付けましょう。

もし便利な場所に住んでいて安い特売のものがすぐ買える状況ならばそのお店がストック場所と考え、家に置く分は必要最低限にとどめるべきです。

 

モノを増やさない方法2:食材は買い置きスペースを限定する

家計の節約本にはよく「食材はまとめ買いをするとよい」と書いてあります。

それは、毎日食材を買いに行くと買う予定のないものまでつい買ってしまうという行動を避けるためである意味正しい方法なのですが、ただやみくもにまとめ買いをすればいいというわけではありません。

特に収納という観点から考えると、食材のまとめ買いはお勧めできない場合があります。

特に一人暮らしの場合、消費期限が短い生鮮食品をまとめ買いすれば小さな冷蔵庫がいっぱいになるばかりでなく、食べきれずに捨てる可能性も高くなります。また、長持ちする乾物などは多少ストックがあってもいいですが、1人で食べる量には限りがあります。

そういう点からおすすめしたいのが、「食材の買い置きは収納スペースに限定し、それ以上は買わない」という事です。そうすれば収納を圧迫せずに食品の管理も行き届き、無駄に食材をダメにすることもないため、収納、節約の両方でメリットを感じることができます。

スポンサーリンク

モノを増やさない方法3:領収書、保証書は必要期間を確認しよう

レシート、公共料金の領収書、保証書を中々捨てられない人がいますが、それらのものは一定期間を過ぎれば不要でその先使う事もないため、処分してしまったほうが賢明です。

レシート・領収書

買ったものに不具合があった時にその製品と一緒にレシートを持って行く場合がありますが、製品に不具合がなければ不要なので捨てても差し支えありません。

家計簿をつけるために公共料金の領収書やレシートを取っておく場合も、医療費の領収書など本当に必要なレシート以外は家計簿をつけた後処分し、保管している領収書もそれが本当に必要な期間が過ぎたら処分しましょう。

最近はレシートを写メして記録できるタイプのスマホアプリなども出ているので、そういうものを有効活用して紙のレシートを処分してしまうのも一つの方法です。

保証書

保証書には期限があります。保障期限は製品によって様々ですが、その期間を過ぎれば保障書の役目は終わりますので、保証期限が過ぎたらその保証書は処分しましょう。

 

モノを増やさない方法4:郵便物は保管の仕方を決める

ハガキや手紙は届いたらすぐに読み、私信など取っておきたいものとダイレクトメールなど関心のないものとに分別し、後者は処分しましょう。

ダイレクトメールの取り扱い方

バーゲンのお知らせやカタログなどしばらく取っておきたいものは一時置き場の箱などを用意してそこに入れておき、それらの期限が過ぎたら捨てればOKです。また、カードの支払明細についてくるチラシもチェックして不要なら捨ててしまいましょう。

私信の取り扱い方

私信や年賀状など、後で見返す事も多くて捨てづらい郵便物の場合も、写真のハガキなど本当に取っておきたいものだけ他にとっておき、あとは一定期間が過ぎたら処分してもかまわないのではないでしょうか。

例えば毎年親戚や友人が送ってくれる写真年賀状はファイリングして大切に取っておくけれど、残りは数年経ったら処分するという人も結構います。そういう形で本当にとっておきたいものだけ取り分けるのも、1つの上手な収納方法です。

 

モノを増やさない方法5:新聞・雑誌の「後で読む」はNG

一度読んだ新聞や雑誌を後で読もうと思ってとっておいても、意外と読まずにただ溜まっていくことが多いのではないでしょうか。自分の写真や投稿が記載されている雑誌なら取っておきたい気持ちもわかりますが、それ以外のものを取っておく必要はないでしょう。

インターネットで検索すれば欲しい情報の多くはすぐに入手できますので、何か特別な理由がない限りはそれらを処分してしまってもそれほど困ることはありません。また、図書館で借りられる雑誌もありますので、そういうものを利用してもいいでしょう。

特に一人暮らしをしている若い人の場合、新聞はかさばる紙のものよりもデジタル版の方が読みやすいと感じている人も多いでしょう。また、雑誌によっては新聞同様デジタル版で読めるものも多数出ていますので、デジタル版で新聞や雑誌を定期購読し、家の中に不要な紙を溜めこまないのも家の中をすっきりと保つための1つの方法です。

 

まとめ

ふと気が付くといつの間にか増えてしまうモノ。その中でも最も増えやすく収納スペースを圧迫しがちな5つの要因とその対処法についてのまとめは以下の通りです。

  1. 生活消耗品の買いだめをしない。ストック分を買うなら1つだけにする。
  2. 食材は収納スペースに入る分だけ買い、腐りやすいものはまとめ買いしない。
  3. 領収書・保証書は必要期間を確認し、期限が過ぎたら捨てる。
  4. 郵便物は種類別に保管の仕方を決め、本当に取っておきたいもの以外は全て捨てる。
  5. 新聞・雑誌は読んだら捨てる。デジタル版の新聞や雑誌を購読するのも1つの方法。

これらのモノは捨てるタイミングに迷いますが、冷静に考えると不要なモノの方が多いです。ですから、ぜひ定期的にこれらのモノを分別、処分できれば家の中も心もすっきりするのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-収納

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.