一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン Single Life Hack(シングルライフハック)。かかってくる費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

電気のスイッチ

生活費

一人暮らしの電気代!オール電化にしたら光熱費は下がる?

更新日:

親元で生活していたときには気にならなかったさまざまな費用ですが、いざ独立して一人で暮らしてゆく中で大きな割合を占めるのが光熱費です。

電気やガスなどの設備によってそれぞれに費用がかかります。実家暮らしの時には節約なんて全く考えなかったけれど、自分で払うようになるとどうすれば節約できるのか当然気になります。

そしてオール電化にすると光熱費は高くなるのか安くなるのかといったことも興味を持つ人が少なくありません。

スポンサーリンク

アドセンス

オール電化にすると何が変わる

デジタルイメージ

家の中で使うエネルギーのすべてを電気でまかなうのがオール電化システムです。

給湯だけはガスを使っているという人も多いのですが、オール電化にすると最もエネルギーの必要とされる給湯も電気を利用することになります。

そしてキッチンのガス台は電磁調理器のIHクッキングヒーターに変わり、何もかもが電気を使うようになるため、アンペアはガスと併用していたときと比較するとかなり大きくなります。

光熱費が電気代だけになるので、当然電気料金そのものはガスと併用していたときよりも高額になります。アパートやマンションによっては電気蓄熱暖房器なども使えるので、冬でも足元から自然な暖かさを感じられる快適な床暖房を利用できるといったメリットもあります。

ガスの火を使うことが全くなくなるので、一人暮らしで自炊するときに夏でも炎による暑さに悩まされずにすみます。

 

一人暮らしの生活で使う電気

洗濯機

一人暮らしの生活の中で使う電気の種類としては、通常のテレビやパソコンなどの電気製品、冷暖房のエアコンなどが中心ですが、オール電化にすることでさらに給湯や調理にも電気を使うようになります。

毎日お風呂にはいるのか、洗濯は毎日するのかといったことでも変わってきますが、一人暮らしの電気の使用量の内訳の中で大きな割合を占めるのが給湯設備です。そして冬の寒い時期になるとやはり暖房にかかる電気使用量は大きく増えるようになります。

もちろん夏でもエアコンをつけっぱなしにする等の使用方法だと電気使用量は増えますが、暖房器具の使用は冬の電気使用量を一気に高くしてしまう原因になります。

ただし、一人暮らしの生活の中では自分の考えで節電にさまざまな工夫をすることが可能です。家族がいるとなかなか思い通りにならなくても、自分が電気量の仕組みを知っていろいろと工夫することはできます。

スポンサーリンク

アドセンス

オール電化にすることの魅力

ワクワクする女性

家の中のエネルギーをすべて電気でまかなうとうことは、火を使わないことになるので安全性が高くなります。そして火を使わないことで二酸化炭素を排出しないため、エコでクリーンな環境を保つことに少なからず貢献することになります。

また、キッチンの熱源として使用するIHクッキングヒーターは、ガス台のように出っ張りもないので、とにかく掃除のしやすいところが魅力です。

ただし注意しなければならないのがIH専用の調理器具しか使えないという点です。一人暮らしのために新しく買い揃えるときにはその点を注意しないとせっかく買い揃えたのにもう一度専用の調理器具を買わなければならなくなる可能性があります。

石油やガスを使った暖房と異なり、部屋の中の空気がクリーンに保てるのも大きな魅力です。ただし、火を使う暖房に比べると暖かさがものたりないと感じる人もいるようです。

 

<全国183店舗!近くの店舗をチェックしてみる>

ライフスタイルによって電気料金のお得度が変わる

リビングルーム

実際に一人暮らしの生活をするときにオール電化にすると光熱費はどうなるのかと言うことですが、オール電化にすることで一概に安くなるとも高くなるとも言えません。

オール電化にすることで電気料金の設定が夜中の時間帯が電気料金が格安になり、次が朝と夕方、そして昼間の時間帯はかなり割高になる料金プランを利用できるようになります。

夜中の格安の電気を使ってお湯を沸かす設定になるので、昼間の時間帯に家にいない人なら電気料金としてはかなりお得な使い方ができる可能性が高いと言えます。

ただし、夜中の時間帯に仕事をする、昼間は家にいるというライフサイクルの人の場合、この料金プランにすると昼間家にいる時に使用する電気料金が割高になってしまいます。

つまり、昼間働いて、夜家に帰る人ならガスと併用するよりも光熱費はお得になる可能性は高いです。

 

光熱費をムダに高くしてしまう原因と対策

シャワー

オール電化にしても、ライフスタイルが日中が中心に家で活動するという場合は時間帯別契約にしないという方法はあります。

また、一人暮らしだとどうしても湯船にお湯を張って入浴せずにシャワー中心になりがちですが、シャワーだけを使うほうが熱源が電気であろうがガスであろうが光熱費と水道料金が高くなる原因になります。

なお、ガスと併用する場合、ガス代の基本料金が別にかかるわけですから電気と併用すると光熱費はどうしても高くなりがちになります。

電気による暖房は高くつくというイメージがありますが、灯油を買ってくる手間や給油の手間を考えたら、すべてを電気でまかなうのはいろいろな意味で便利で節約に繋がるとも言えます。

夏は暑さを避けるために窓に日よけをしたり、冬は暖房効率を上げるために窓からの冷気の侵入を防ぐなど日頃から節電を心がけることも大切になります。

 

まとめ

エコでクリーンな生活として人気が高まっているオール電化ですが、オール電化の住居にするかどうかと言うのはその人のライフスタイルによっても大きく変わってきます。

熱源をひとつの種類にすることで基本料金の節約になる点、スイッチ一つで暖房も冷房もすべてまかなえる便利な点などを考えると、一人暮らしの生活にオール電化はとても魅力的だとも言えます。

けれども熱源が何であれ常日頃から暮らしの中でエネルギーの無駄遣いをしないように注意することは大切です。

 

スポンサーリンク

アドセンス

役に立つ記事

電気料金 1

一人暮らしを始めて実感するのは「思った以上にお金がかかる」ということです。家賃・光熱費といった固定費から始まり、食費や交遊費等といった変動費まで挙げればキリがありません。どうすれば節約できるのでしょう ...

-生活費

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.