一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

安全第一

女性

女性の一人暮らし!安全に生活するための要注意ポイント

更新日:

近年、一人暮らしの女性を狙った痴漢・泥棒・侵入などの犯罪が増えています。最悪の場合命を狙われてしまう事もあります。

「自分は大丈夫」という方がよくいますが、犯罪者はそういう無防備な女性を狙うものです。女性の一人暮らしというだけで、犯罪者に狙われる確率は高くなってしまいます。

そのため、普段の生活での防犯意識がとても大切なんです。被害に遭ってしまってからでは後悔しても遅いので、そうならないためにどうしたら良いのか?この機会に自分の生活の安全面を見直しましょう。

スポンサーリンク

「女性が一人で住んでいる」感を出さない

カフェカーテン

窓から見えるのはピンクの可愛らしいカーテン、ベランダに干されている洗濯物はスカートやキャミソールなどの女性モノだけ・・・これだけの情報でも女性が一人暮らしをしていそうだなという事が想像できます。

自分の好きなインテリアで、好きなように生活をしたい!という気持ちもわかりますが、「ここには女性一人で住んでいます」と宣伝しているようなものです。犯罪者はそういった情報からターゲットを定めています。

被害に遭いにくくするために以下のチェック項目で今の生活を見直してみましょう。

  • 女性らしいカーテンは避ける
  • カーテンを開け放したまま無防備な格好をしない
  • 洗濯物は見える所に干さない
  • 表札はフルネームにしない、女性っぽい字で書かない
  • ゴミの出し方に気を付ける
  • 近所のコンビニやスーパーでいかにも一人暮らしっぽい買い物はしない
  • 部屋に出入りする時「いってきます」や「ただいま」と言う
  • 引っ越しの挨拶も用心する

いかがでしたか?できていない方は改善しましょう。

近所での買い物についてですが、特に深夜のコンビニでは用心しましょう。不審者はお弁当や飲み物など、カゴに入れている商品を見て一人暮らしっぽい女性を見つける場合もあります。コンビニから後をつけられて被害に遭ってしまう事件も少なくありません。

また、引っ越しの挨拶ですが、まず大家さんに挨拶し、隣や上下に住んでいる人はどんな人なのか確認するのがベストです。その情報をふまえた上で挨拶に行くか判断しましょう。ゴミの出し方も気を付けましょう。手紙や下着は切り刻んで捨てるなど工夫が必要です。

スポンサーリンク

施錠は必ず確認する

施錠

外出時はもちろん、在宅時も必ず施錠を確認しましょう。外出時に不審者に部屋に入られるよりも、在宅時に入ってこられた方が何倍も怖いはずです。

私の友人は夜中に玄関のドアをガチャガチャ開けられそうになったそうです。また違う友人は3階に住んでいたのですが、ベランダに知らない人がいたという体験をしました。その時にもし鍵をかけ忘れていたら・・・考えただけでゾッとします。

高層階に住んでいる方は、窓の施錠を怠りがちですが、犯罪者や不審者は私たちが思いつかないような方法で侵入して来ようとするものです。

オートロックの建物であろうと、高層階だろうと、寝る前にも玄関と窓の施錠を確認する習慣をつけましょう。雨戸やシャッターが付いているお部屋の場合は活用するとより防犯になります。

また、古いアパートなどのドアや窓は簡易的なものが多い傾向にあります。そういったお部屋に住んでいる場合は、自分で施錠箇所を増やすなどの工夫をしましょう。

 

部屋の出入りに用心する

ドアチェーン

自分が出入りする時も、人が訪問してきた時も用心しましょう。

まず自分が出入りする時の場合ですが、先ほども書いたように一人でも「ただいま」や「いってきます」と声を出すと良いでしょう。他人が聞いたら単純に「部屋に誰か居るんだ」と思わせることができます。

また後ろから誰かにつけられ、鍵を開けた瞬間に一緒に押し入られるという事件も多発しています。部屋の鍵を開ける前に、不審者がいないか周りを見渡しましょう。

次に人が訪問してきたときの場合です。友達や家族などが訪ねてくることが分かっていても、必ず誰が来たのかインターホンのカメラなどで確認しましょう。

そして誰なのか確信してからドアを開けます。突然の訪問者は要注意です。ほとんどの場合は宅配業者や宗教の勧誘などですが、そういった人達になりすました不審者も居ます。

ドアチェーンをしていたとしても簡単に外したり切ったり出来るので、少しでも怪しいと感じたらドアを開けないようにしましょう。

 

「ながら歩き」はNG

観光客

最近駅や街中でスマホの「ながら歩き」が問題になっていますが、ここでのながら歩きは犯罪に巻き込まれないためにしないでほしいものを指しています。

スマホをしながら、通話をしながら、イヤホンで音楽を聴きながら、酔っぱらいながら・・・これらの行動は犯罪者や不審者から見れば隙だらけです。どの行動も注意力が散漫になり、誰かが近付いてきても気付きにくくなってしまうためターゲットにしやすいのです。

特に夜は注意しましょう。後ろに不審な動きをしているような人がいないか時々振り返りながら、やや早歩きでサクサク歩くようにしましょう。歩行者だけでなく異様に近付いて来ていたり、ノロノロと進んでいたりする自転車や車にも注意しましょう。

後ろから来る人が怖いと感じたら、追い抜かしてもらうという手段もあります。特に酔っぱらっている時は、思い切ってタクシーで帰るなどしてもいいでしょう。防犯ブザーを見える所につけて歩くのも効果的です。

 

SNSには部屋の写真を投稿しない

sns

夢の一人暮らしをはじめたら、友達に自慢したくなることもあります。

そんな気持ちから、SNSに「一人暮らしはじめたから遊びに来てね」「こんな綺麗なマンションに引っ越したよ」などの情報を楽しそうな写真と共にアップしている人をよく見かけます。

しかし実はこれもとても危険な行動なんです。SNSは誰が見ているか分からないものです。閲覧制限をかけていたとしても、友達の中にあなたを狙っている危険な人が居るかもしれません。

部屋を覗かれていたので通報したら、捕まった犯人が実は知り合いだったという嫌な経験をした人も居ます。少なくとも自宅が特定されるような情報をアップするのはやめましょう。

ネットストーキングという言葉もありますが、SNSからは簡単に個人情報を盗み見る事が出来てしまいます。犯罪に巻き込まれるような原因を作らないためにも用心しましょう。

 

まとめ

女性の一人暮らしは危険がいっぱいですが、防犯意識を高めることで回避できることばかりです。隙があれば当然狙われてしまいます。

最初にも言いましたが「自分は大丈夫」という意識は捨てて、しっかりと防犯対策をしましょう。特に女性の一人暮らし感を出さない事が重要です。

住んでいる部屋が外からどう見えているのかチェックし、隙があればなるべく早く改善したいところです。

特に季節の変わり目は不審者が出やすいと言われていますので近所の情報もこまめにチェックし自分の身を守りましょう。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-女性

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.