一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

色々な野菜

洗濯

一人暮らしの自炊!はじめに知っておきたい料理の基礎知識

更新日:

一人暮らしで自炊を始めたばかりの頃は食材や調味料ひとつ選ぶにも迷うと思います。

巷にあふれる簡単料理のレシピを見るとバリエーション豊かなメニューのレシピがずらりと並んでいるものの、一度使ったら二度と使いそうにない調味料あり、同じ肉でも部位によって使い方が違うケースあり・・・など、ちょっと見ただけでも混乱してしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな一人暮らし初心者の皆さんにぜひ頭に入れてほしいのが、料理の基礎知識。食材の選び方やよく使う調味料などの基本的なことがわかっていれば、いざ自分で料理を作るとなっても慌てず落ち着いて調理をすることができます。

スポンサーリンク

食べ物に含まれる「3色の栄養素」を知ろう

「医食同源」は中国の諺ですが、これは命にとって医療と食事は同じくらい大切だという意味です。

そこでまず知っておいてほしいのが1日に必要な赤、黄、緑の3色の栄養素。体に必要不可欠な大変重要な栄養素です。自炊の時はもちろん、外食の時にもこの3色の栄養素を意識して食べるとバランスの良い食事ができるのでぜひ覚えておいてください。

赤の栄養素(タンパク質)肉・魚・豆

このグループの主な栄養素はタンパク質。骨、血、筋肉、内臓膜など体の骨組みを作る働きがあります。

黄の栄養素(炭水化物)米・パン・イモ

このグループの主な栄養素は炭水化物と脂質。エネルギー源としての役割を果たし、体を動かしたり体温を保つ働きのある栄養素です。

緑の栄養素(ビタミン類・ミネラル)野菜・海藻・果物

このグループの主な栄養素はビタミン類・カルシウムやヨードなどのミネラル類。体の各機能を調節したり皮膚や粘膜を保護する働きがあります。

スポンサーリンク

基本の調味料と入れる順番を知ろう

自炊の前にまず揃えたい調味料は、砂糖、塩、酢、しょうゆ、みその5つです。これは昔ながらの基本の調味料ですが、これらの組み合わせで大抵の料理ができてしまいます。

「さ」砂糖

最初に入れる調味料。甘みをつけるだけでなく、材料をふっくらとさせる働きがあり、後から入れる調味料のしみこみを良くします。

「し」塩

水分を外に出す働きがあります。漬物などはその働きを利用したものです。また、たんぱく質を固めて食材のうまみを閉じ込める作用もあります。

「す」酢

肉などのたんぱく質が固まるのを防いだり、塩味を和らげる働きがあります。酢の酸味は熱に弱いので火加減に注意しましょう。

「せ」しょうゆ

うまみと香りを生かすことを考えた調理が必要です。醤油は砂糖で食材に味をしみこませやすくしてから入れましょう。

「そ」みそ

みそは熱を加えると香りとこくが逃げてしまうので一番最後に入れます。みそを入れたあとはひと煮立ちさせる程度にしましょう。

 

基本的な料理用語を知ろう

料理のレシピを見ると色々な料理用語が出てきます。初めて自炊する場合は知らない用語も多い事でしょう。ここでは基本的な料理用語について解説したいと思います。

少々

塩や砂糖などの調味料を親指と人差し指の二本の指先で軽くつまんだ量。

ひとつまみ

塩や砂糖などの調味料を親指、人差し指、中指の3本の指先で軽くつまんだ量。

正味

魚の頭や内臓、野菜の皮や種を除いた量のことで食べられる部分の重量

ひたひた

鍋の水の量を表す言葉。中の材料の表面が少し見える程度に水を入れること。

煮立てる

沸騰させることで表面が波立ち、底から泡が立つ状態。小さな泡だけでは沸騰ではない。

ひと煮立ち

表面が波立ち、泡立つ程度に煮立った状態。また、短時間煮立てたところで火を消すこと

粗熱を取る

火を通したものを湯気が消える程度まで冷ますこと。熱いままでは形が崩れる場合に行う。

とろ火

中火と弱火の中間。火加減の強い方から強火、中火、とろ火、弱火となる。

 

計量の基本を知ろう

料理で調味料などを計量するときは大さじ、小さじを使います。ここでは料理初心者にはちょっとわかりにくい大さじや小さじの計量の目安を記しておきます。

なお、大さじも小さじも計り方はまったく同じですが、ここでは大さじと表記しました。

粉末のものを計るとき

・大さじ1  大さじすりきり1杯
※「すりきり」とは粉状や粒状のものをさじのふちまで平らにならしてちょうど一杯にすることです。
・大さじ1強 やや山盛りの状態
・大さじ1弱 すりきりからさじ先の粉末を少し除いた状態
・大さじ1/2 スプーンの柄などで1/2に割り、余分な量を除く
・大さじ1/4 大さじ1/2をスプーンの柄などで半分にして、余分な量を除く

液体のものを計るとき

・大さじ1  表面張力で盛り上がらず平らになった状態
・大さじ1/2 スプーンの深さの2/3を目安とする

以上は計量の目安ですが、ほとんどの料理ではよほど分量が違っていない限り味付けに失敗することはありませんので安心してください。

 

「賞味期限」と「消費期限」の違いとは?

最後に、「賞味期限」と「消費期限」について簡単に説明したいと思います。

食品のパッケージなどに表記されている日付で意外と知られていない「賞味期限」と「消費期限」の違いですが、「賞味期限」とは封を切っていない状態で、いつまで「おいしく」食べられるかの基準ですので、記載してある日付けが過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません。

一方「消費期限」とは味にかかわらず食べられるギリギリの日付が記されたものであるため、一見なんともないように見えても食べると体調を崩す食品もあります。ですから消費期限が過ぎた食品は食べるのをあきらめて処分しましょう。

特に日持ちのする食品の場合、うっかり消費期限を過ぎてしまい、泣く泣く捨てる羽目になる場合がありますが、そうならないためにも家にある食品の賞味期限と消費期限をしっかりと把握しておき、できるだけその日付を超える前に食べるよう管理しておく必要があります。

 

まとめ

一人暮らしではなんでも一人でやらなればならないため、最初は大変だと思います。特に毎日の食事は欠かせないものであり、外食や惣菜ばかりの場合は特に栄養バランスに気を付けないと肥満や体調不良の原因となります。

またお金もかさみますので、時間があるときは出来るだけ自炊をしたいものです。家庭の料理も一流の料理人が作った料理も、全ての料理がこの料理の基本の応用です。この基本さえしっかりとマスターすればどんな料理でも作れるようになります。

一人暮らしの生活はなにかと忙しいでしょうが、せめて休日だけでも自炊をして健康を維持していきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-洗濯

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.