一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

分かれ道

寂しい

一人暮らしで寂しい社会人!確実に元気になる5つの方法

更新日:

一人暮らしは人生経験においては非常に貴重なものです。親から独り立ちして自分で生活を成り立たせることで、その後の家庭を築いていく上でも様々なノウハウを手にすることができます。

とはいえ実家の居心地の良さから、どうしても寂しさを感じるようになったりして大きな問題を抱える人も少なくありません。そこで、どうすればそのような状況を抜け出して、前向きに一人暮らしに向き合っていけるか、5つのヒントから考えていきましょう。

 

親から離れてしまうことへの対処

三世代家族

これまで様々な側面から、本人が意識していなくても親からサポートを受けていたはずです。

何か落ち込んでいる時もさりげなく声をかけてくれたり、気遣いをしてくれて嬉しかった経験があるはずです。そういうことへの感謝の気持ちの強い優しい人こそ一人暮らしに寂しさが出てきてしまいます。

ただ、同時にあなたがいなくなって親も寂しさを感じているはずです。それを考えれば電話を定期的にかける習慣を持つことが大事でしょう。

今の時代、ほぼ通話無料で電話をかける手段はいくらでもあります。それらを活用して親の声を聞いたり、自分の近況を話すだけで大きく寂しさがなくなっていくはずです。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、まずはそれを取り払ってください。何日か後には親にこんなことを話そうとか、こういう生活の知恵を聞きたいと思いながら生活するだけでハリが違いますよ。

スポンサーリンク

自分から話しかける対象

子犬

それからペットや、ペットを飼うことが難しければ植物を育てることも寂しさを紛らわせたり、前向きに一人暮らしをさせてくれる良い手段だと言えます。

ペットはなかなか一人暮らしだと飼うのは難しいかもしれませんが、比較的植物ならば難しさはないでしょう。毎日朝起きた時、帰ってきた時に声をかけるというだけで気持ちの持ち方は随分変わってくるはずです。

一人暮らしの寂しさが大きくなる一因として声を家で出さなくなることが挙げられます。家族がいれば誰かしらと毎日会話はあったはずです。それが急になくなるものですから寂しいと感じるのです。

植物であっても声をかければ成長が早まると言われます。ペットならばより一層懐くことでしょう。直接声になって返ってこなくても、自分から声を出すという習慣が寂しさからあなたを開放してくれるのです。

 

一人でも取り組める趣味を見つける

ジグソーパズル

もしあなたが人に対して積極的に話すことを苦手としていたり、無口な方なタイプなのであれば、物静かに取り組める趣味を見つけて、寂しさ自体を忘れてしまうというのも良いでしょう。

家でも黙々と取り組める趣味は探せば意外と存在します。

例えばプラモデルやパズルといった長時間集中力を持続させる必要のある趣味がいいのではないでしょうか。その作業に没頭しているといつもモヤモヤと考えていた雑音が気にならなくなり、とにかく一つのことを成し遂げることに集中するようになります。

そうなれば寂しいと感じることなく、休みの日を過ごすことも可能です。

サイクリングなどアウトドア系の趣味はどうも体力もかかるし、お金もかかりそうとマイナスイメージを持ってしまう人に特におすすめする手段です。一人暮らし開始当初はお金もないため、安く始められるのも魅力の一つですね。

スポンサーリンク

仲間を見つけられる趣味を見つける

外国人と日本人

逆に自分から社交的に周りと交流を持てるという人は外に出て仲間を見つけるような趣味を始めてはいかがでしょうか。

先述したサイクリングは会社や地域で同好会があったりして、近隣へのサイクリングを合同で楽しむイベントが開かれたりしています。

また、どうしてもアウトドアは苦手だという人は語学学校のボランティアなんかも面白いですね。自分が他の言語を学びに行くのではなく、外国から来られている方に日本語を教えるという学校はいくつかあり、

自治体が主催しているものならば地域住民を講師のボランティアとして募集していたりします。 異文化コミュニケーションにしろ共通の趣味にしろ、同じ話題を共有できる友人ができるということが寂しさへの対策として有効な手段です。

社交的でないと思われる人も半年もそういう環境に自分を飛び込ませればきっと前向きに捉えられるようになっているでしょう。

 

恋人を見つける努力をする

つないだ手

一番寂しいと思う感情を癒してくれる大きな存在は恋人だという人も多いでしょう。事実、彼氏や彼女がいると時が経つことを忘れて同じ時間や経験を共有でき、人間的な成長に繋がるきっかけもたくさんあります。

とはいえただの友人を見つけるよりもはるかに困難なことです。その一方で近年は出会いに関して真剣に取り組める場も増えてきており、街コンなど自分に知り合いがもともといなくても恋人を見つけるための環境は存在します。

もちろん昔ながらの職場の人からの紹介や合コンも有効な手段です。恋人さえ見つかればあとは寂しさよりもどう継続していくかに頭がいっぱいになります。

一人で悶々と悩む時間は出てくるかもしれませんが、おそらく一人暮らしを始めた当初に感じた悩みとは全く別のものとなっているでしょう。とにかく一人という環境から確実に脱却できる良い方法と言えます。

 

まとめ

寂しさは一人暮らしにはつきものです。それに対策を打とうとするか、諦めるのか、正面から向き合うのかによってその寂しさなくなるかもしれませんし、忘れてしまえるかもしれません。

大事なのは自分から何か行動することです。

もちろん人とのコミュニケーションを苦手とするのであればそれに合わせた対策をするべきですし、手近なことから大胆で大掛かりなことまで含めてコミュニケーションを増やす方向にいってもいいでしょう。

そういった努力は寂しさを解消するだけでなくあなたを成長させる原動力ともなります。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-寂しい

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.