一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

犬の寝顔

家具

一人暮らしのベッド選びの悩み解消!自分に合ったベッドの探し方!

更新日:

一人暮らしに欠かせないアイテム、ベッド。自分にピッタリの寝心地の良いものを選んで、なるべく上質な睡眠をとりたいものです。

でもベッドって買う機会が少ないものだし、フレームやサイズも色々あって、どんな風に選んだら良いのか意外と分からないかも?

自分に本当に合ったベッドって?そんなベッド選びに悩んでいる人のために、今回は本当にぐっすり眠れるベッドを見つけるための色々なポイントについてご紹介していきますよ。参考にしながら、ぜひ探してみてください。

スポンサーリンク

ベッドのサイズの種類

ベッドのサイズの種類って実は思った以上にたくさんあるもの。それぞれ幅によって名称が決まっていて、小さいものから順番に紹介していくと、セミシングル・シングル・セミダブル・ダブル・クイーン・キング、の6種類のサイズがあります。

その中でも一人暮らし用に丁度良いとされているのはセミシングルかシングル。メーカーによって様々なサイズはありますが、大体幅80cmのものがセミシングル、幅97cmのものがシングルになってきます。

ただし、一人暮らし用に良いサイズというのはあくまで目安なだけなので、実際買う時に「1人だからシングルでいいか」なんていう風に簡単に決めてしまうのはやめましょう。人は1人1人体型や体格が違うもので、ベッドに寝た時のサイズ感も個人差が出てくるので、シングルじゃ小さいという人だって当然出てくるかもしれないのです。

1番理想的なサイズは、寝た時に体の両サイドに10~15cmの隙間ができること、つまり肩幅より30cm広いベッドの幅が良いとされています。一人暮らしはセミシングル・シングルなどと限定せず、ちゃんと自分の体に合ったベッドを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

マットレスを買う時の注意

マットレスの寝心地は実際寝てみないと分からないもの。お店に行ったらなるべく横になってみて、自分に合う寝心地かどうかをちゃんと確認するようにしましょう。

中には遠慮して手で押すだけで固さなどを判断する人もいますが、お店のベッドには靴を履いたままでもお試しできるよう汚れ防止のシートなどを敷いてあるところも多いので、そこは遠慮せず思いっきり寝てみるようにしましょう。

ちなみにベッドに横になった時の最も理想的な姿勢は「仰向けになった状態で、直立姿勢と同じ背骨のS字ラインが保たれ、均等に体圧分散された無知のない姿勢」と言われていて、逆に硬すぎるものや柔らかすぎるものはNGとされています。

お店で実際に寝た際は体が沈み込みすぎていないか、体のどこかに負担はかかっていないか、揺れが大きくないかなどをチェックするようにしましょう。

 

もちろんフレームのデザインも大切

インテリアにこだわりたいなら、ベッドのフレームのデザインだって大切になってきます。材質や色はもちろんですが、最近はいろんなデザインのヘッドボード・脚のベッドも増えてきたので、そういったところもしっかりチェックするようにしましょう。

ちなみに最近よく見られるヘッドボードは照明や本など、色々なアイテムを置いていけるデザインのもの。機能的なだけでなく見た目もオシャレになっています。

夜枕元でスマホを充電するのが日課になっている人ならヘッドボードにコンセントが付いているかどうかもちゃんと確認しておくと良いですよ。また他にも収納付きの便利なベッドや、細いスチール製のガーリーなものなど、様々なデザインのベッドが販売されています。

部屋のインテリアのテイストに合っているか、一人暮らしの狭い部屋で快適に使えるか、などもイメージして、気に入ったものを選ぶようにしてください。

 

実際に部屋に入れる時の事をイメージ

自分の体のサイズに合ったベッドを選ぶことももちろん重要ですが、自分の部屋に置く事ができなければなんの意味もありません。ベッドのサイズが決まったら、購入する前に1度自分の部屋に入れる時の事をイメージしてみてください。

例えばまずはお部屋までの搬入経路の確認。当日トラックで運ばれてきてアパートの入り口、部屋がある階まで階段なのかエレベーターなのか、エレベーターならきちんと乗るのか、そして自宅の部屋の入口は通れるのか…といった搬入時の細かいイメージです。

心配な人は事前に搬入経路をきちんと見ておいて、できれば入り口などのサイズも全部測っておくのがオススメ。それをお店の人に全部伝えておけば、当日配送の人も困ることなくスムーズに運ぶ事ができるはずですよ。

また当然ですが、部屋にちゃんと置くスペースはあるのか、置いた後部屋に圧迫感は生まれないかといった事もついでにしっかり確認しておきましょう。室内ではあまり窮屈にならないよう、できればベッドの周りを歩けるぐらいのスペースを確保しておくのが良いですよ。

 

人気が高い、無印の脚付きマットレス

では実際、人気が高いベッドとは一体どういうものになるのか?

ここ近年、一人暮らしの人に特に人気のベッドはご存知、無印良品の脚付きマットレスになっています。無印の脚付きマットレスは現在全国的に展開されていて、シングル・セミダブル・ダブルとサイズも豊富。

一人暮らしだけでなくご家族のいる家庭などにも使いやすい商品になっています。シンプルなマットレスタイプで繋げて使ったりすることもできるので、後々広く使いたいなと思った時や、将来恋人と二人暮らしをした時など、追加購入をして大きさを変える事も可能。

無印のネットストアには繋げた時にずれないよう、専用のベルトなども販売しているんですよ。またネットストアでは専用の脚も別売りされていて、カラーはナチュラルとブラウン、サイズも床下12cmと20cmタイプの2種類があるので、気分によって高さなどを簡単に変える事ができますよ。

その上ベッド本体の値段もシングル23000円~とお手頃になっているので、一人暮らしの人からの人気が高いのも納得できてしまう商品です。

無印良品 脚付きマットレス
http://www.muji.net/store/cmdty/section/S13301

 

まとめ

  • ベッドのサイズはしっかり自分の体に合ったものを
  • マットレスは実際横になって寝心地をチェック
  • フレームのデザイン・機能などももちろん大切
  • 搬入経路、部屋に入るかなどを事前にちゃんと確認
  • 人気が高いのは無印の脚付きマットレス

いかがでしたか?ベッド選びの参考になったでしょうか?ベッドを買う時こんなに色々なポイントがあったなんて全然知らなかったという人も多いかもしれませんが、このポイントを意識する事で、今までとは違う探し方・選び方がきっとできるはず。

もしかしたら最高に寝心地の良いお気に入りのベッドに出会えるかもしれませんよ?自分にピッタリのベッドを購入して、ぐっすり快適な睡眠も手に入れてしまいましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-家具

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.