一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

ポイント

インテリア

一人暮らしにも人気のインテリア、アンティークの魅力って?

更新日:

海外や映画の中でよく見るアンティークの部屋。雰囲気があって落ち着いていて、自分の部屋もあんな風にできたら…と多くの人が憧れる人気のインテリアです。

でも漠然と憧れているけど、そもそもアンティークってどんなインテリアなのか?アンティークの部屋にするには一体どうすれば良いのか?なんて分かっていない方ももしかしたら多いのでは?

という事で今回はアンティークインテリアの魅力やインテリアのポイントなどについて徹底解剖していきます!ぜひお部屋づくりの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アンティークの定義

「アンティーク」はフランス語で「骨董品」という意味で、主に製造から100年を経過した工芸品・美術品、そして家具を指す言葉になっています。

長い時間をかけ作られた独特の味わいと他にはない一点ものという特別感が大きな魅力となり、あの雰囲気あるインテリアを作り上げてくれるんです。ちなみにアンティークと並んでよく「ヴィンテージ」という言葉も耳にしますが、一般的に1950~70年代のものや製造から100年経っていないものをヴィンテージと呼ぶ事が多いようです。

ただし最近は100年経っていないものでもアンティークと呼んだりするのでこの2つの区別は曖昧なところもあるようです。また最近は「シャビ―」と呼ばれるインテリアも女性の間で話題になっていますが、こちらは時代・年代関係なく「使い込まれた古い(古そうな)もの」という意味があるようです。

スポンサーリンク

時代や国によってデザイン・テイストも様々

実はアンティークと一言でいっても、時代や国の違いによって様々なデザインやテイストのものが存在します。

例えばフランスの宮殿にあるようなゴージャスで華やかなロココ調は西洋アンティークの1つ。イームズチェアやカフェ風インテリアなどでお馴染みのミッドセンチュリーはアメリカのアンティーク。高級感あるオリエンタルテイストの中国風アンティークなど。

どれも国の生活や風習・歴史的背景が大きく反映されたアンティークになっています。また日本の家具の中にもアンティークと呼ばれるものがあり、主に江戸時代後期から明治・大正に作られた家具が中心になっています。

日本は昔から床生活の文化でイスやベッドなどは必要ありませんでしたが、その分箪笥などの収納家具がどんどん発達していき、船箪笥や薬箪笥・階段箪笥など美しい家具ばかりが生み出され、現代でも愛され続けているんです。

同じアンティークでも家具のデザインやテイストがバラバラだと当然インテリアが台無しになってしまうので、アンティークの中のどのテイストにするのか、細かいところまで考えて部屋づくりをするようにしてください。

 

アンティーク家具を選ぶ際の注意

100年以上も前に作られ、1点ものも多いアンティーク家具。だからこそなかなか出会えない家具だってあるし、出会えてもタイミングを逃せば二度と手に入らない、という可能性があります。良いものを逃がさないよう、また間違った買い物をしないよう、購入の際はきちんと知識やポイントを身につけるようにしておきましょう。

ちなみに選ぶ際はデザイン・材質だけでなく家具の状態も大切になってきます。外観が美しく保たれているか、風合いが損なわれていないか、そしてこれまでどのような修復をされてきたのか、家具として正常に機能するのかなどしっかりチェックするようにしましょう。

またアンティーク家具は約100年前の生活に合わせたものがほとんど。現代では機能性や実用性が低いものもあるかもしれないので、見た目で即決するのではなく本当に必要かどうか冷静に考えて考えてから購入するようにしましょう。

さらに購入後、そのお店でアフターサービスやメンテナンスなどもできるのかもちゃんと確認していた方が良いですよ。

 

本物そっくりの「アンティーク風」も人気

最近ではアンティークに似せた作りの「アンティーク風」の家具やインテリアも人気に。年代物の雰囲気を出す為の加工が施され、本物そっくりの見た目になっています。

本物のアンティーク家具を買うとなると高価なものが多くなってしまうので、値段が安く普段使いもできるアンティーク風は多くの人が親しみやすいものなんです。なので一人暮らしやお手頃に済ませたいという人はアンティーク風の家具でインテリアを作ってみるのも良いでしょう。

どうしても本物にこだわりたい、という人ならソファや収納家具など部屋の中のメインとなる家具だけ本物のアンティークにしてみるというのもアリかもしれません。本物なら1点置くだけでも雰囲気があり、一気に洗練されたインテリアに仕上げてくれますよ。

またアンティークのアイテムはシンプルやモダンなど他のテイストにも違和感なく溶け込めるので、色々なテイストと組み合わせてオリジナルのインテリアに仕上げてみるのもオススメですよ。

 

ちょっとした小物使いも大事なポイント

アンティークインテリアを作る為には家具だけでなく、雑貨や小物などを使って雰囲気を作り上げる事も大事なポイントになってきます。例えば壁にアンティーク風のフォトフレーム・ポスターなどを飾るだけでも部屋の印象はかなり変わってきます。

ちょっと古びた雰囲気の時計やミラーを飾ったり、床にトランクを無造作に積み上げてみる、なんてディスプレイ方法も。また実際読むのではなく飾り用として洋書を本棚に並べたりしてもさらに雰囲気が出ますよ。

雑貨や小物ならお店でプチプラで売っている物も多いですし、最近は100均のセリアなどでも色々なアンティーク雑貨を買う事ができるので、買った雑貨を自分でペイント・加工したりしてDIYしたりしても良いかもしれません。

ついでにコンセントカバーや建具・家具の取っ手なども変えてしまえば、生活感もなくなりより完成度の高いアンティークインテリアにする事ができますよ。室内の細かいところまで気を配り、アンティークの雰囲気を演出してみましょう。

 

まとめ

  • アンティークの定義
  • 時代や国によって様々なデザイン・テイストのものも
  • アンティーク家具を選ぶ際の注意
  • 本物そっくりの「アンティーク風」も人気
  • ちょっとした小物使いも大事

いかがでしたか?今回はアンティークの魅力とインテリアのポイントについてご紹介しました。100年以上の歴史を持ち、多くの人に受け継がれてきたアンティーク家具はまさにストーリーとロマンがたくさん詰まったアイテム。

だからこそ他にはない味わいと雰囲気が作り出され、自宅のインテリアも素敵に仕上がるはずですよ。自分1人だけのこだわりのアンティークルーム、あなたもぜひ作ってみましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-インテリア

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.