一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

女性

女性の一人暮らし!安全に住める賃貸物件の選び方!

更新日:

かわいいお部屋にしたい、おしゃれなマンションに住んでみたい・・・女性の一人暮らしと聞くと華やかなイメージがありますが、お部屋選びを間違えてしまうと犯罪や事件に巻き込まれてしまう確率が高くなってしまいます。

近年では一人暮らしの女性を狙った物騒な事件も増えています。一人暮らしということは、いざという時誰にも助けてもらえない可能性が高いのです。そのようなことに巻き込まれないためにも、少しでも安全なお部屋に住みましょう。

今回は一人暮らしの女性がどのような物件を選べば良いのかご紹介します。

スポンサーリンク

セキュリティをチェック

セキュリティ

セキュリティが万全だからといって必ずしも安全ではありません。

たとえばオートロックだとしても不審者は入ってきます。管理人がいても、警備員が居ても100%安全な建物はないということです。なので、少しでもセキュリティ力の高いところに住めるようにチェック項目で確認しましょう。

  • オートロックである
  • 大家さんや管理人が同じ建物や敷地にいる
  • 共用部分(エントランス・階段・エレベーターなど)は綺麗か
  • カメラ付きインターホンがついている
  • ドアの鍵がしっかりしている
  • ドアポストがあるか?あればポスト口から中が覗けるか確認
  • ドアに覗けるような隙間はないか
  • 窓から部屋の中は覗きにくいか?
  • 隣の部屋のベランダは汚くないか?
  • できれば隣の人に会っておく
  • 洗濯機置き場は室内である
  • 3階以上の部屋である
  • 建物に防犯カメラがついている
  • 建物の周りが明るい
  • 部屋までの通路は明るいか

これらのチェックは最低限のものですので、自分で不安なことがある場合はチェック項目を増やしましょう。共用部分が綺麗であるかは、住んでいる人のマナーやモラルをチェックしています。

私の友人はドアの隙間から覗かれていた経験があるそうです。一度そういった経験をしてしまうと、同じ家に住むのが嫌になってしまう場合もあるのでセキュリティチェックはしっかりましましょう。

 

家までの道もチェック!駅チカ物件を選ぶ

駅の改札口

部屋選びも重要ですが、駅からの距離や道の雰囲気もまた重要です。せっかく良いお部屋でも、毎日通う事になる道が危険だとしたら意味がありません。

室内よりも屋外の方が犯罪に遭う確率は高くなります。危険かどうか見極めるため、契約を決める前に昼間と夜の2回、駅から物件までの道を実際に歩いてみましょう。その際にチェックするポイントをご紹介します。

  • 駅から家まで10分以内である
  • 駅前の様子(どんな人が利用しているか、きれいかなど)
  • 昼間でも薄暗い道は×、明るい活気のある商店街などがあると好ましい
  • 夜もある程度明るく、交通量や人通りがあるか
  • 何かあった時に駆け込める場所(コンビニ、交番など)がある
  • 廃墟や荒れ地など荒れた場所はないか?
  • 近所に住んでいる人はどんな人か?

ネットや不動産屋で見る資料に「徒歩10分」と書かれていたとしても、実際には15分かかることもあります。資料はあくまでも目安ですので、自分の足で歩いて時間を測ってみましょう。

特に夜は注意深くチェックしておきましょう。廃墟などの荒れた場所があると、普通の綺麗な道よりも犯罪率が上がると言われています。何かあった時に駆け込める場所があるのも重要です。夜になると真っ暗になってしまう道は避けましょう。

スポンサーリンク

仕事キッチリの不動産屋の選び方

スーツ姿の女性

お部屋探しで意外と重要なのが不動産屋選びです。

住む部屋は一緒なんだから、どこで契約しようが関係ないと思うかもしれませんが、契約ノルマの為にいいかげんに物件を勧めてくる不動産屋もあります。

あなたがこれから住むお部屋を親身になってとことん一緒に探してくれる人を見つけましょう。契約をして住んだ後も部屋の不備があった場合や更新などで不動産屋と関わる機会があります。その時に気持ちの良いやりとりをしてくれそうな会社か見極めましょう。

また、部屋探しの際の担当者も重要です。男性でも親身になってくれる方はたくさんいますが、できれば女性の担当者についてもらうのが良いでしょう。

男性だと相談しにくい事も出てくるかもしれませんし、女性ならではの目線で一人暮らしのアドバイスがもらえることもあります。不安なことがあれば、契約前にどんどん聞きましょう。

 

1階に住むのは絶対ダメ

一階

よっぽどの理由がない限り、1階にあるお部屋に女性が一人で住むことはお勧めしません。ましてや、道路に面している窓があるところは絶対に避けましょう。私が聞いただけでも、1階のお部屋に住んで怖い思いをした友人が何人かいます。

たとえば、

  • 窓を網戸にしたままうっかり昼寝してしまったら知らない男性が入ってきた
  • お風呂に入っていて、視線を感じたと思ったら覗かれていた
  • 2階以上のお部屋に住んでいたとしても、夜中にドアノブをガチャガチャ回された
  • 下着泥棒に遭った

ベランダに知らない男性がいたなどのゾッとする体験をした友人もいます。もし一階のお部屋に住んだとしたら、犯罪に遭う確率はとても高くなってしまいます。

高層階に住んだからといって必ずしも安全ではありませんが、1階だけは避け、出来れば3階以上のお部屋を選ぶようにしましょう。

 

女性専用物件のメリット・デメリット

女性がお部屋探しをしていて、良く見かけるのが「女性専用物件」です。安心安全をうたっている場合がほとんどで、実際にセキュリティ面がしっかりされているところが多いようです。

一見魅力的な女性専用物件ですが、デメリットもあります。

女性専用物件のメリット

  • セキュリティがしっかりしている
  • 清潔
  • 静か
  • 女性のみなのでエレベーター内で一緒になっても安心
  • 女性向けの内装である

女性専用物件のデメリット

  • 女性専用だから犯罪者に狙われることも
  • 家賃が割高なところが多い
  • 何かあっても女性しかいない
  • 男性立ち入り禁止のところが多い

メリットは何となく想像が出来るでしょうか。デメリットを見ると女性専用だから絶対安心というわけでもないことが分かります。

私も実際女性専用の物件に住んでいたことがありますが、同じ建物内で下着泥棒や覗きなどの被害にあった人が後を絶ちませんでした。女性専用ということが知れてしまうと、標的になってしまう事もあるようです。

また、男性立ち入り禁止の場合、たとえ親や兄弟だとしても入れない場合があります。そうなると、引っ越しの手伝いをしてもらえないこともあるので、契約内容をよく確認しましょう。

 

まとめ

ここまで読むと、女性の一人暮らしは危険なことがたくさんあって怖く感じるかもしれませんが、注意を払ってさえいれば防げることばかりです。かわいい家具を集めたり、友達を招待したり、一人暮らしは楽しい事の方が多いのも事実です。

楽しい生活を送るためにも安全性の高い地域やお部屋を選びましょう。余談ですが、私は部屋にあげたくない男性には「女性専用の物件に住んでいる」とうそをついていました。

女性専用物件にはこんな使い方もあるので参考までに覚えておいてください(笑)。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-女性

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.