一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

インテリア

一人暮らしはソファベッドで決まり!スペース節約以外のメリットとは?

更新日:

ソファベッドは1台でベッド・ソファの2役の使い方ができる家具です。部屋にソファとベッドの両方を置かなくて済むため部屋のスペース節約にも繋がりますので、間取りの狭い部屋が多い一人暮らしの生活にはうってつけのアイテムです。

でもソファベッドのメリットはスペース節約だけではありません。ソファベッドを置くと他にどんなメリットがあるのか?、一体どんな種類のものがあるのか?、など意外に知らない事がたくさん。

ということで今回はそんなソファベッドの魅力、そして色々な種類についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ソファベッドを置く事のメリット

ソファベッドの最大のメリットといえば、やはり省スペース力。一人暮らしの部屋にソファ・ベッドの両方を置くとなるとかなりスペースを取られてしまいますが、ソファベッドがあれば1台で住むのでスペース+予算の節約にも繋がります。

ソファベッドは「座る」「寝る」の2つの使い方をするので、通常のソファより沈み込みやスプリングにこだわっているものがたくさん。

例えばリクライニング式のソファベッドの場合、長時間座っていても体が疲れないよう反発と柔らかさを上手く調節してあります。

また部屋にソファベッドとベッドの両方を置いておけば、お友達が泊まりに来た時にソファベッドで寝ることもできます。最近のソファベッドは女性でも折りたたみや移動が簡単にできるものも多いので、手軽にサッとソファ・ベッドの切り替えができるんです。

スポンサーリンク

ソファベッドの色々なタイプ

ソファベッドも切り替えの仕方や機能によって数多くのタイプが作られています。

例えば一般的なのがリクライニング式のソファベッドです。これはソファの背もたれを後ろに倒してベッドに切り替えるタイプになっていて、背もたれを調節すれば自分好みの角度でくつろげます。

ただ中には背もたれ部分が硬く、ベッドとして使うとちょっと寝づらいという欠点があります。

もう1つ一般的なソファベッドが座面を引き出して使うタイプのもの。このタイプは座面が3つに分割されていて、引っ張るだけの簡単操作であっという間にベッドの形になります。

種類はピンからキリまでマットレスだけの少し安っぽい見た目のものや、ホテルで使われるような高級なデザインものがあります。

またソファベッドにも1人用のコンパクトなものや3人掛けの大きいものなどサイズも色々あるので、部屋の大きさにあったものを選びましょう。

 

収納付きのソファベッドを選べば、一石三鳥

ソファベッドの中にはさらに収納の機能が付いたタイプがあります。

こちらも引き出しに収納するタイプと座面部分を上げて収納するタイプの2種類がありますが、どちらも収納力は抜群で布団を収納できるものもあります。

一人暮らしだと収納スペースが限られてしまうのであまり物を増やせませんが、このソファベッドがあればスペースが確保できるだけでなく、余分な収納用の家具やケースが不要なので、部屋を広く使えます。

収納量では大きいサイズのダブルソファベッドが有利なので、部屋にベッドなどは置かずスペースに余裕があるのなら、ダブルソファベッドを検討する価値があります。

収納付きのタイプで大きいサイズのソファなんてすごく高額なんじゃ…と不安に思う人もいるかもしれませんが、そこまで値段が上がるわけじゃなく、普通のソファと同じ程度の値段で販売されています。

値段がそんなに変わらず、一石三鳥の機能を持った収納付きソファベッド。まさにいいとこだらけのお得なアイテムですね。

 

ソファベッドの選び方のポイント

ソファベッドはベッドとして使う時を意識して選ぶことがポイントです。

オススメなのは弾力がやや硬めのもの。弾力がしっかりしたものなら就寝時に安定した体勢で眠れるので体に負担をかける心配もありませんし、ソファ時にも気持ち良い座り心地を得られます。

具体的には大体グッと体重をかけた時に2~3cmほど沈み込むくらいの硬さがベストです。またソファとしての機能だけなら革製など高級感があるものでも素敵ですが、ベッドとして使うとなるとやはり柔らかく寝心地が良さが大事になりますので、ファブリックやマットレスタイプの材質を選びましょう。

さらにソファベッドになると寝るとき以外にも使用するため通常のソファより汚れやすくなってくるので、シミなどが目立たないよう、ダーク系やブラウンなどなるべく濃い色のソファベッドを選ぶのが無難です。

 

ベッドとして使う時の注意

ソファベッドで眠るとなると、当然寝ている間の汗などもソファベッドにたくさん染み込んでいくという事になります。

だから適度な通気をさせる事が大切。ソファベッドの中には内部に空気の通り道がある構造のものなど、通気性に優れたタイプのものもあるので、できればそういったものを選ぶようにしてください。

ベッドとして使った後もすぐには折りたたまず、しばらく広げておいて通気をさせておくのがオススメ。除菌スプレーや布用消臭スプレーがあったらそういったものも適度に吹っておくようにしましょう。

またソファベッドの汚れや傷を防ぐためにも、眠る時はシーツなどを敷いて使うようにするのが良いでしょう。ベッド用のシーツやボックスシーツを使っても良いですし、普段からソファカバーを付けておけば寝ている時だけじゃなく、座っている時の汚れなども防ぐことができますよ。

 

まとめ

  • ソファベッドを置く事のメリット
  • ソファベッドの色々なタイプ
  • 収納付きのソファベッド
  • 選び方のポイント
  • ベッドとして使う時の注意

今回はソファベッドの魅力、そして色々な種類・選び方のポイントなどについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

省スペースで使い勝手の良いソファベッドはまさに1人暮らしに最適のアイテム。今まで部屋にソファを置く事を諦めていた一人暮らしの人でもこれならバッチリです。

ご紹介したポイントなどを参考にお気に入りの一品を見つけて、広々快適で楽しいソファベッドライフを実現させましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-インテリア

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.