一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン。費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

キッチン

必要なもの

一人暮らしのキッチンを有効活用!便利グッズTOP5

更新日:

初めての一人暮らしともなれば、キッチン用品もあれこれシリーズでそろえてみたりなど、色々夢が膨らみます。

でも、自炊するなら、可愛さよりも使いやすさを、そしてひとつで何役もこなせるような使い勝手の良い調理器具を最小限に持つのがおすすめです。

一人暮らしの部屋のコンパクトなキッチンが使わないものであふれてしまうなんて事を避けるためにも、持っていると便利で色々な使い方ができるものを吟味して揃えるようにします。

スポンサーリンク

包丁とキッチンバサミ、ピーラーがあれば十分

はさみ

調理の基本の食材を切るために、まずは包丁をそろえますが、キッチン用品のお店に行くと、思わず目を引く包丁セットなどを見かけます。

けれども一人暮らしの自炊用なら、5本セットの包丁なんて絶対に不要です。それよりも切れ味の良い上等の万能包丁とキッチンバサミをそろえることがおすすめです。

刃物の切れ味はある程度値段と比例するので、それなりの金額を出しても良いものを一本持つほうが後々後悔せずにすみます。

また、食材を切るときに包丁以外にキッチンバサミもとても重宝します。キッチンバサミも安いものも販売されていますが、すぐに切れ味が落ちるのでおすすめ出来ません。

そして、できればキッチンバサミは簡単に分解できるものを選べば、使った後に洗うのも簡単で清潔に使うことができるのでおすすめです。包丁と同じく食べ物を切るために使うものなので、洗うのが簡単かどうかは選ぶときのポイントです。

 

かさばるやかんよりミルクパン

フライパンで料理

キッチン用品をそろえるときに意外外にかさばるのがやかんです。でもお湯を沸かすためだけに使うにしては場所をとるので、一人暮らしでちょっとお湯を沸かすためなら小さなミルクパンがおすすめです。

調理にも使えるし、注ぎ口がついているので一人分のお湯を沸かして使うのにとても便利です。電気ケトルも飲みたいときにすぐにお湯が沸くので便利なのですが、一人分のお湯ならミルクパンで十分です。

友人がよく来るなど、お湯をたくさん沸かす機会があることがわかってから買い足しても十分です。

一番最初にそろえるならやかんや電気ケトルよりもミルクパンがおすすめで、マグカップにそのまま注ぐにも、コーヒーのドリップに注ぐにも、カップヌードルにお湯を注ぐときにも無駄なく少量のお湯が沸かせるのでとても使いやすいです。

しかも小さいながらも一人分の調理にも大活躍します。

スポンサーリンク

意外と使える圧力鍋

圧力鍋

圧力鍋なんて一人暮らしの生活では使いこなせないんじゃないかと思いがちですが、実はとても便利で使い勝手の良い調理器具です。

圧さえあがれば短時間で最小のエネルギーで調理できるので光熱費の節約にも効果的だし、忙しいときでも色々と活用することができます。

調理器具をそろえるときに鍋のサイズも何種類かそろえるなら、とってつきの圧力鍋ともう少し小さめのふたつきの鍋、そして少量の調理用にはミルクパンを活用するのがおすすめです。

一人分のスープなどはミルクパンでできてしまうし、パスタをゆでるといったときには圧力鍋を普通の鍋として活用することもできます。コンパクトなスペースを最大限に活用するためには、ひとつで何種類もの使い方ができるものを選ぶことがコツです。

鍋やフライパンが何種類もセットになったものも販売されていますが、この3種類の鍋があれば一人ならたいていのものは作れます。

 

お弁当作りには仕切りのある小さなフライパンが便利

キッチンのフライパン

一人暮らしでお弁当も作っていくという自炊派にお勧めしたいのが、仕切りのついた便利なフライパンです。

一度に色々使えるのですが、3種類くらいに仕切りが分かれた小さなフライパンにすれば、真ん中の部分は卵焼き器として使えるし、他の部分で炒め物をしたり温めたりといったことが同時にできてしまう優れものです。

一人分のお弁当は少しずつの食材なので、こんな細かな仕切りのあるフライパンが大活躍するのです。ちょっと洗うのが面倒な感じはしますが、隅の部分だけを綺麗に洗うように心がければけっこう色々使えて便利です。

フライパンはこのほかに通常サイズのものが一本あれば十分です。フライパンも値段の違いによってコーティングの強さが変わります。安いものを何本も持つよりも、少し値段が張ってもコーティングが丈夫なものを一本持つことをおすすめします。

 

調理しやすいすぐれもののまな板

蕎麦打ち用のまな板

まな板にもいろいろな材質のものがありますが、ばい菌が繁殖しやすいので洗いやすいプラスチックのものがおすすめです。

普通の1センチほどの厚さのあるまな板と、もう一枚そろえておくと便利なのが薄いプラスチック製のまな板です。普通のものよりもちょっと大きめのサイズのまな板で、切った食材を鍋の中に投入しやすいように折り曲げるための筋のついたまな板がおすすめです。

これは雑貨店などによく置いてあるものなのですが、プラスチック製で一見すると普通のやや大きめの薄いまな板なのですが、実際に使ってみると両脇を折り曲げることで切った食材をこぼさずに鍋に入れることができてたいへん便利な優れものです。

普通のまな板は少し小さめのものにして、ちょっとパンを切ったり果物をきったりするのに使い、調理はこのプラスチックのまな板ですべてまかなえるので、この2種類をそろえておくととても便利です。

 

まとめ

一人暮らしのコンパクトサイズのキッチンではさまざまな用途に使えるような調理器具をそろえるのがおすすめです。

調理器具の収納場所も限られているので、しっかり自炊したいと考えている人なら色々な使い方ができる調理器具を厳選し、すっきりとしたキッチンにしておくのがコツです。

あれもこれもと買いそろえるうちに物であふれかえった使いにくいキッチンになった…なんてことにならないためには、少ない調理器具を工夫して使うことも大切です。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

一人暮らしを始めるとき、引っ越しに慣れていない方は「引っ越しっていくらかかるんだろう?」「業者はどこがいいんだろう?」と ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-必要なもの

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.