一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン。費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

広めのキッチン

キッチン

自炊派の必需品!あると便利な6つのキッチンアイテム!

更新日:

一人暮らしの自炊の手間は、できることならば最小限で抑えたいですよね。

一人暮らし向けの部屋のキッチンは広くない事が多いですし、コンロも1口しかない場合も少なくありません。きちんと自炊したいのに、狭いキッチンでやりくりしないといけないのはかなりのストレスになります。

そこで今回は、キッチンでの作業を少しだけ楽にしてくれる、あると便利なアイテムをご紹介します。そのアイテムであなたのキッチンを少しだけ快適にしてみませんか?

スポンサーリンク

電気ケトル

電気ケトル

料理中はお湯を沸かしている間に炒めものや煮物をするシーンは必ず出てきます。そんな時に電気ケトルがあれば、コンロを一つ空けることができます。これは、狭いキッチンにおいて、とても大きなことではないでしょうか。

また、ガスコンロでお湯を沸かすよりも電気ケトルの方が非常に短い時間で沸かすことが出来ます。そのため、時間短縮にもなります。電気ケトルで沸かしたお湯を鍋に移して麺を茹でたり、スープを作ったりできますし、電気ケトルに卵を入れておけばゆで卵を作る事も出来ます。

一人暮らしの場合、お湯を保温しておきたい機会がそうそうないので、電気ポットやよりは電気ケトルの方が使いやすいでしょう。何よりも、忙しい朝にお湯がすぐ沸けば、短い時間で朝ごはんの準備をササッと済ませる事が出来ます。

電気ケトルが一台あるだけで、キッチン周りがものすごく便利になります。

スポンサーリンク

シリコンスチーマー

シリコンスチーマー

一時期大ブームになったシリコンスチーマーですが、これは一人暮らしにもってこいのアイテムです。シリコンスチーマーがあれば電子レンジでチンするだけで簡単に調理することが出来ます。

先ほどの電気ケトルと同じく、電子レンジで調理する為コンロの空きを作る事もメリットになります。さらに、調理してそのまま器としても使用できるタイプがほとんどなので、洗い物も少なくて済みます。

またラップを使用しないので、ごみが出ません。シリコンスチーマーはいいことだらけなんです。シリコンスチーマーは蒸し料理ができ、ヘルシーに作る事ができるものが多いため、ダイエットの強い味方にもなります。

野菜や肉、魚料理はもちろん、パンやスープを作る事もできます。大きさや形も様々なタイプが出ているので、自分に合ったシリコンスチーマーを見つけてみてください。

 

レンジでパスタ

文字通り、電子レンジでパスタを茹でる事ができる容器です。本来パスタを茹でるには、鍋、トング、ザルが必要ですが、レンジでパスタは容器一つあればパスタを茹で、蓋についている穴を利用して湯切りまでできてしまいます。

これならばシリコンスチーマー同様、洗い物も少なくて済みます。レンジにかける時間は、鍋で茹でる時間よりも5分ほど多めにするタイプがほとんどのようです。レンジでパスタはスーパーや100円均一ショップで購入することができます。

また、パスタだけでなくうどんやそば、そうめんなどの乾麺を茹でる事もできてしまいます。それぞれゆで時間がバラバラなので、作りたい料理によって調整してみてください。一人暮らしをしていると、パスタはもちろん麺類は、食べる機会がとても多いのではないでしょうか?

レンジでパスタがあれば、様々な麺料理を楽しむことが出来ます。

 

一人分サイズの土鍋

土鍋

一人分の料理を作ることは、量の調節が意外と難しいと感じたことはありませんか?一人分サイズの鍋があれば、簡単に作る量を調整することが出来ます。そこでなぜ金物の鍋ではなく、土鍋がいいのかご説明しましょう。

土鍋は料理をおいしく作れる要素が詰まった鍋なんです。じっくり火を通してじっくり余熱が冷めていくので、素材にじんわりと味がしみ込みおいしくなりやすいという特徴があります。

さらに、土鍋で作る事ができる料理は、鍋料理だけでなく、シチューや煮物、炒めものはもちろん、魚やお肉もおいしく焼くことができます。もちろん鍋料理をしてもいいでしょう。

そんな良いことだらけの土鍋は、料理好きな一人暮らしの方にピッタリのアイテムとなります。また、土鍋をそのまま器にすれば、冷めにくい状態で食事ができます。ご飯を炊くこともできるので、ひとつあるととても便利です。

 

保存容器、保存パック

保存容器

タッパーやジッパーのついたフリーザーパックのことです。保存容器は、何度も使う事ができ、効率よく食材を保存することができます。ラップを使ってもいいのですが、ラップは再利用するのが難しいので、洗えば何度でも使える保存容器の方が経済的といえます。

自炊する方であれば、冷凍保存を活用している方は多いでしょう。ごはん、シチュー、カレー、茹で野菜、魚、肉など、冷凍保存できるものはたくさんあります。

一人暮らしは食材を使い切れない事が多いので、タッパーやフリーザーパックを使って食材を無駄にしないよう、余ってしまったものは保存しましょう。また冷凍だけでなく、冷蔵保存をする際にも保存容器を使うと野菜を長持ちさせることができます。

常温で保存するものにも向いています。使いかけの米や小麦粉などもタッパーやフリーザーパックにうつし替えれば保存できるだけでなく、取り出しやすくもなります。しかし、タッパーは収納場所をとってしまう場合があるので、フリーザーパックの方が使い勝手は良いかもしれません。保存容器を使って効率的に自炊をしましょう。

 

まとめ

普段から自炊している方は、すでに使用しているアイテムもあったのではないでしょうか?

洗い物が少ない事、コンロが空くこと、無駄の少ないことは、一人暮らしの狭いキッチンではとても重要なことです。電気ケトルや電子レンジを活用してスムーズに調理することが出来れば料理に対するストレスも軽減されます。

また、働いていて時間が無い方も多いでしょう。そういう方こそこれらのアイテムで効率よく料理してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

一人暮らしを始めるとき、引っ越しに慣れていない方は「引っ越しっていくらかかるんだろう?」「業者はどこがいいんだろう?」と ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-キッチン

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.