一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

モデルルームインテリア

費用

一人暮らしの費用!女性の場合、平均いくらかかるの?

更新日:

一人暮らしに憧れを持っている女性はたくさんいます。

親から離れて1人でやっていくことの楽しみや、自由になれるということの開放感など、楽しみだと思うことがたくさんあります。ですが、反面心配なこともたくさんあります。

一番は金銭面です。家賃やもちろん食事、日用品、交際費、高熱費など今まで親任せにしていた人たちがほとんどだと思いますが、その分いくらくらいかかるのかわからないので、不安になることが多いです。

一人暮らしをする前にいくらかかるのかの目安をたてておけば安心できます。

スポンサーリンク

一人暮らしする女性の家賃費用の目安

お札

まず、一人暮らしをするにあたり家探しをしなければいけないですが、この家賃がいくら平均的にかかるかを握っているといっても過言ではありません。

安くしたいところですが、あまり安いと女性ですので、防犯面などが心配になりますので、そこそこのところを選ぶ必要があります。無理なく住めるのは手取額の3分の1くらいといわれているので目安にするといいです。

 

東京や大阪など都心にすめば当然高くなります。例えば、都内最上階ですと、ワンルームや1DKで、8万円10万円くらいは当たり前です。安くするには、都心から少し離れた所に住むことが必要になってきます。

都心から離れたところだと、ワンルーム5万円、6万円くらいで住めるので、経済状態に合わせて考えることが大事です。まずは、自分の給料と合わせながら考えることが大事なのです。

 

一人暮らしする女性の食費の目安

健康的な食事

平均は2万8千円くらいと出ていますが、1か月2万8千円にするのは結構大変なことです。

例えば、昼後はご飯に800円くらいのランチを食べてしまうと、昼ごはん代だけで、月々、2万4千円くらいになってしまします。そして、仕事帰りに飲み会に誘われてしまったら一回に5000円くらいは使ってしまい月々の食費はとんでもないことになってしまいます。

2万8千円という数字はかなり節約しないと無理な数字です。節約する方法は自炊するということです。ランチもお弁当を自分で作るなど工夫をしなければいけないです。

 

今は冷凍食品なども売っていて作るのにそれほど手がかからない方法もたくさんあるので、外食というのは避けて、最悪安いスーパーのお弁当を買うなどの工夫をすれば節約になるので、オススメです。

仕事をしながら完璧に自炊というのはなかなか出来るものではないので、工夫していくと良いです。

スポンサーリンク

一人暮らしする女性の光熱費はいくら?

家計簿

まず、光熱費の中で水道代は2000円くらいが平均になっています。水道は一人暮らしなので、そこまで跳ね上がるということはないので、大きな負担にはなりません。

 

次に電気代ですが、平均は、3000円から8000円と人により大きく変動します。特に、夏はクーラー冬は暖房にお金がかかるので、その月によっても大きく違ってきます。

節約方法は学生は昼間図書館に行くなどして、クーラーの電気代を節約するといいです。

少しでも少なくしたい人は、部屋の電気はLED証明にする、いらない電気はこまめに消す、アンペアの契約を低くするなどの工夫で少しは安く出来るので、節約するといいです。

 

最後にガス代ですが、平均は3000円から6000円です。何故差がでるかというと、都市ガスかプロパンガスの違いです。プロパンガスは都市ガスの約2倍くらいはするので、特に注意が必要です。

物件を探す時に都市ガスのところをあらかじめ選ぶというのも手段の1つです。

 

一人暮らしする女性の電話代などの通信費はいくら?

スマートフォン

現代の生活になくてはならないのが、ケータイ代です。スマホは最低でも7000円前後はします。今は、LINEをしているのが当たり前ですのでガラケーにして節約するというのは難しいです。

では、どうやって節約をすればいいかというと、格安SIMを使うようにするといいです。格安スマホにすれば、月々2000円以下でネットが出来るので、オススメです。

また、なるべく電話をせずに、LINEで連絡するというのも節約をする手段ですので、工夫をすると良いです。

 

スマホだけでなく、パソコンも必需品の1つです。インターネット代は6000円から7000円が平均です。ネットはなくすわけにはいかないので、できるだけ少しでも安いところやお得なところで契約するのがオススメです。

また、価格ドットコムを使うと5万円キャッシュバックなどのキャンペーンがあったりすので活用するといいです。

 

交際費、その他の費用はいくら?

交際費

交際費の費用の平均は20000円前後になりますが、交際費は人により大きく変わってくる費用になります。デートをしたりすると交際費は一気に跳ね上がります。

最近では男女平等で女性もお金を割り勘で払うというのが常識なので女性だからデート代はいらないという常識はなくなってきたので、交際費は余計にかかります。

また、仕事の付き合いで飲み会などある場合もある程度は断ってもいい場合もあると思いますが、全て断るわけにはいきません。

 

もし飲み会に行く場合は2次会までは付き合うのをやめたり、カラオケに行く場合は夜ではなく昼にいくなどで、出来るだけ少なくする工夫をする必要があります。

また、他に服代などの費用もかかります。女性なら化粧品代も必要になってくる場合もあります。5000円から50000万円と平均も幅広いですが、女性ならお洒落をしたくて当たり前なので、やはり多少はかかってしまいます。

ここをどう節約するかでいくら必要か決まってくるので、工夫をすることが大事です。

 

まとめ

一人暮らしを始めると決めたら実際にいくら生活費がかかるかというのを計算することももちろん大事ですが、引越し費用も必要になるということを忘れてはいけません。これが結構な費用がかかるのです。

家具やカーテン、電球、キッチン用品、冷蔵庫や洗濯機、テレビなど家にあるものを持ってこられる人はいいですが、ない人や部屋にちょうど良いサイズがない場合は買わなければいけません。

他にも引っ越し費用も必要になるので、引っ越すとなったら最低でも50万から100万は用意しておく必要があります。引っ越す予定がある人は貯金を前もってしておくことが必要です。

また、20代30代でも平均や必要な経費はちがってくるので、年齢も合わせて考えておきましょう。

一人暮らしというのは絶対にお金がかかるので、前もって計画しておくことがオススメです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-費用

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.