一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン。費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

監視カメラ

女性

女性の一人暮らし!知っておきたい防犯対策の基本とは?

更新日:

一人暮らしは楽しいことがいっぱいですが、反面危険もいっぱいです。

一人暮らしの女性を狙った悪質な犯罪は後を絶たないどころか増加する一方なので、防犯意識と知識を常にもち、しっかりと対策することが、犯罪に巻き込まれることを未然に防ぎ、安心してより楽しく一人暮らしを満喫するためにも大事です。

でもなにも難しいことはなく、ちょとしたことに気をつけるだけでもじゅうぶんな防犯効果があるので、その「ちょっとした」防犯対策をご紹介します。

スポンサーリンク

女性は避けるべし!マンションやアパートの一階部屋

1階

女性の一人暮らしでは、マンションやアパートの一階を避けるのは常識です。

一階は出入りが便利だったり、階下に人がいないので気兼ねの必要がなかったり、専用庭がついている場合はガーデニングが楽しめてよいと考えがちですが、一階はベランダや窓から犯罪者や不審者が覗きやすく侵入しやすいというデメリットの方が断然大きいです。

賃貸物件では、覗きや侵入を阻止できるほどの高いフェンスはまず期待できません。フェンスがあっても仕切り程度だったり、フェンスなしでベランダが歩道に近接していることも非常に多いです。

マンションなどによっては一階は男性のみ入居可と決めているうえに不人気なので二階以上の部屋より家賃が安かったりするほどなので、女性にはおすすめできません。

防犯対策を万全にしたとしてもリスクの方が高いので、仲介業者にすすめられても避けるようにしましょう。

 

一人暮らしの女性の頼もしいボディガードは防犯グッズ

監視カメラ

防犯対策といっても、まず何をすればいいのかわからないという人もいるでしょう。まずは防犯グッズを設置する、携帯するのがおすすめです。

空き巣などにいちばん効果があるのは防犯カメラの設置です。

賃貸マンションで防犯カメラを取りつけてもいいの?と思われるかもしれませんが、正当な理由と設置法(隣室の玄関や廊下全体が映るアングルでなく、自室の玄関のみが映るアングルにすればプライバシーの侵害にあたりません)に基づいたうえでオーナーの許可を得れば問題ありません。

侵入犯は必ず下見をします。その際防犯対策の有無を必ずチェックし、対策が甘い部屋を狙うので、防犯カメラはわかりやすいアピールにもなります。

そして出かけるときには防犯ブザーや防犯スプレーを携帯しましょう。いつどこでなにがあるかわかりません。被害にあってからでは遅いです。被害を最小限に抑えるという意味でも、常に危機意識をもつという意味でも防犯グッズは必須です。

スポンサーリンク

意外と盲点!一人暮らしの女性のカーテン選び

窓とカーテン

一人暮らしでまず選ぶものといえばカーテンです。

色や柄の好みを重視して選びがちですが、派手な柄や色だと外から見たときに女性が住んでいる部屋だと丸わかりなだけでなく、だいたいの年齢やどんな雰囲気の女性かを知る手がかりにもなってしまいます。

実際、ピンクのカーテンや派手な洗濯物に目をつけたことがきかっけでストーカー行為に及んだり部屋に侵入するという犯罪も後を絶たちません。

とくに夜間、部屋の明かり越しに色などがわかってしまうので、シックな色または遮光カーテンを選びましょう。どうしてもお気に入りのカーテンがよい場合は、遮光シート(ホームセンターやインテリアショップで購入できます)を重ねればOKです。

夜帰宅したら、部屋の明かりをつける前にカーテンをしっかりしめるようにしましょう。隙間があいていると覗きたくなる心理を刺激してしまうのでぴったりしめるのも大事です。

 

防犯グッズより効果的?!日常生活で気をつけたいこと

洗濯物

部屋選び、防犯グッズを活用した対策のほかに、日常生活のなかのちょっとしたことでできる対策もあります。逆にいえば「ちょっとした」ことのほうが肝心だったりします。

まず洗濯物は室内かベランダの低い位置に干すようにしましょう。カーテンと共通していえますが、ふとんカバーやシーツカバーはずした状態で干すようにします。

来客予定がないときの突然のインタフォンには対応しない、鍵だけでなくドアロックも必ず締めるなどといったごく最低限の対策が意外とおろそかになりがちです。気をつけましょう。

オートロックのマンションの場合は、エントランスや廊下に見慣れない人がウロウロしていたら鍵で共用玄関や部屋の玄関を開けず一旦どこか安全な場所(コンビニや飲食店、知人の家、場合によっては警察署など)に避難するのも、事件に巻き込まれない、事件を誘発させない対策のひとつです。

 

女性の夜道の一人歩きのNGファッションと行動

夜の街灯

女性が最も気をつけたいのが夜間の一人歩きです。家族と暮らしていれば、遅くなったときは迎えに来てもらったり、何かあったときに連絡すればすぐにかけつけてもらえますが、一人暮らしでは自分で自分の身を守らなければいけません。

日中はにぎやかで人通りが多い街も、夜になると雰囲気が一変します。ほとんどの犯罪が夜間に行われるので夜道や、夜に一人で家に居るときはとくに注意が必要です。

防犯ブザーや防犯スプレーを携帯するのはもちろんのこと、前もって帰りが遅くなるのがわかっているときは体のラインが強調されたり露出度の高いファッションは避ける、いざという時に走れないヒール靴はやめるか、帰りにローヒール靴に履き替えるようにしましょう。

場合によって避けるのが難しいときはタクシーを利用します。近隣で物騒な事件が頻発している場合や日頃から気になることがある場合は運転手さんにお願いして下車後、エントランスまで付き添ってもらうという方法もあります。

 

まとめ

  • 一人暮らしはまずマンション、アパート選びが肝心
  • 便利で効果的な防犯グッズを設置、携帯することと、防犯意識を常にもつこと
  • 女性であるというだけで、狙われたり犯罪に巻き込まれてしまう率はあがるので、日常生活のささいなことに気をつける意識が大事
  • カーテンの選び方や洗濯物の扱い方、服装や行動など細かいことにも注意が必要

 

まったくなにもしないのと、常に少しでも気をつけるのとでかなり犯罪遭遇率が違ってきます。楽しく充実した一人暮らしのためにも、まずはできることからでいいので防犯対策をしっかりしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

一人暮らしを始めるとき、引っ越しに慣れていない方は「引っ越しっていくらかかるんだろう?」「業者はどこがいいんだろう?」と ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-女性

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.