一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン Single Life Hack(シングルライフハック)。かかってくる費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

カギとチェーン

女性

女性の一人暮らしの防犯対策は万全?オートロックだけでは安心できない理由

更新日:

この春から念願の一人暮らし。どんなインテリアにしようか、1人でどんな風に時間を過ごそうか、ワクワクしている人もきっと多い事でしょう。

でもやっぱり心配になってくるのが安全面。特に女性の一人暮らしになると、不安も危険もさらに大きくなってしまいます。だからこそ普段からしっかり防犯対策をとり、自分の身を守っていかなくては!

という事で今回は一人暮らしの女性がするべき防犯対策や、賃貸選びのポイントなどをご紹介していきましょう。オシャレなインテリアや家具選びの前に、まずはここを要チェックです。

 

住む部屋を決める時は安全性にも注目

これから一人暮らしの部屋探しを始める人も多いかもしれませんが、住みたい部屋の条件はもう決まっているでしょうか?

大抵は住む街や家賃・間取りなどに注目して決めるものでしょう。でも一人暮らしの人、特に女性の場合はきちんと安全性のある部屋を探す事も大切になってくるのです。

ちなみに安全性のある部屋の条件は、①周りから見通しが良いか②近隣から覗かれやすい場所ではないか③ベランダや窓周りは侵入しやすくなっていないか④外灯などはちゃんと付いているか、または暗くないか⑤防犯システムやカメラはあるか⑥管理人や大家はいるか、といったあたりになってきます。

また賃貸を決める時は物件自体だけでなく、周辺の環境も重要に。例えば近くに交番や夜遅くまで営業しているお店などがあると安心感がまったく違ってきます。何かあった時はどこに逃げるか、どういうルートで行くか、までをきちんと確認しておけばさらに安心でしょう。

 

オートロックはやはり安心、でも過信しすぎるのは注意

賃貸の中でも特に安心なのはやはりオートロック付の物件でしょう。外部の人間が簡単に建物の中に入るのを防ぐ事ができるので、普通の賃貸よりもかなり安全性は高くなります。

迷惑な勧誘などが部屋まで来る事もありませんし、勧誘を装った泥棒などを防止する事もできるでしょう。ただし、オートロックだから絶対大丈夫、と過信しすぎてしまうのは注意です。なぜならオートロックはドアが開いた瞬間一緒に入ってしまう事もできるので、決して安全性100%というわけではないからです。

またオートロック物件の中には裏口から簡単に侵入できたり、塀が低くなっていたりと、意外に防犯が甘くなっている所もあったりするのです。オートロックだからと気を抜かず、部屋のドアや窓などの鍵はしっかりロックして。油断せず自分で常にしっかり防犯対策をしておく事も大切ですよ。

 

やっぱり重要、ベランダや窓周りの防犯

空き巣や不審者の侵入を防ぐためには、やはりベランダや窓周りの防犯も重要になってきます。まず部屋探しの段階では、ベランダや窓が簡単に登れる位置にあったり、雨どいなど登りやすくなるようなものがある物件は当然避けるようにした方が良いです。

また部屋から見た周辺の外の様子だけでなく、反対に外から部屋を見た時の様子なども確認しておくと良いでしょう。実際住み始めた後は、ベランダや窓周りの様子で女性の一人暮らしだと気付かれないように気を付けましょう。例えばベランダに常に女性物の服などを干していれば当然狙われやすくなってしまいます。

洗濯物は外から見えないように工夫するか、あるいは男性用のアイテムを一緒に干しておくというのも防犯の手の1つですよ。また、外から見えやすいカーテンをピンクやフリルなど女性らしいものにするのも危険です。人によって好みなどもありますが、できれば地味なデザインでかつ厚手で覗き対策ができるようなものを選ぶのが良いでしょう。

あとは人の気配で自動で点灯するライトや窓ガラスを割って侵入されないための防犯シートなど、様々なアイテムを設置するのもオススメですよ。

 

<全国183店舗!近くの店舗をチェックしてみる>

1番油断しやすい、帰宅の瞬間

学校や仕事でヘトヘトに疲れ、やっと家に帰ってこれた帰宅の時。実は女性が最も油断しやすい時であり、犯罪の狙い目となる瞬間でもあります。

どんなに疲れていても帰宅の瞬間、特に部屋に入る瞬間は最も注意をするようにしましょう。例えば部屋のドアを開けた瞬間、後ろに不審者がいたら一緒に無理やり押し入ってくる可能性があります。部屋の鍵を開ける前は必ず周囲を見回し、怪しい人物がいないのを確認してから開けるようにしてください。

そして中に入る時は「ただいま」と言いながら入って、部屋の中に誰かがいると思わせるようにすると良いですよ。中に入ったら必ずすぐにドアを閉め、きちんと鍵をしめるまで気を抜かないようにしてください。またどの部屋の住人か悟られないよう、部屋に入った後はしばらく経ってから明かりをつけたりカーテンを開けるのがオススメです。

外から見られたくない場合カーテンは閉じたままでも良いですが、家に居るというのをアピールするため隙間などから明かりが見えるようにすると安心でしょう。例え部屋が2階以上でも油断せず、寝る前は窓の鍵などもちゃんとロックするようにしてください。

 

常に気を抜かない事が最も大事

賃貸選びや防犯対策など様々なポイントについて説明してきましたが、1番大事なのは自分自身が常に気を抜かないという事です。

例えば街中で、バッグをちゃんと持ち前をしっかり向いて歩いている女性と、スマホを見ながらトロトロ歩き引っ張ればバッグもすぐ取られてしまいそうな女性、どっちが狙われやすいと思いますか?当然後者の女性になってくるでしょう。

不審者は侵入しやすい部屋などだけでなく、そういう狙いやすい女性を見極めて近付いてくるので、ちゃんと自分には隙がないというのをアピールするのが大切になってきますよ。また何かをしながら歩いているとどうしてもそちらに集中してしまい、何かあった時すぐに反応できない場合もあります。

歩いている時はきちんと周りを気にしながら歩き、あらゆることに咄嗟に対応できるようにしておいてください。帰り道が怖い人なら常にスマホを手に持ち、すぐに警察や誰かに連絡ができる状態にしておくのも良いでしょう。とにかく1人の時は油断せず、常に警戒しておくぐらいの姿勢でいるようにしてください。

 

まとめ

  • 住む部屋を決める時は安全性に注目
  • オートロックは安心、でも過信しすぎないように
  • やっぱりベランダや窓周りが重要
  • 帰宅の瞬間は特に警戒を
  • 1番大事なのは気を抜かない事

いかがでしたか?今回は一人暮らしの女性ができる賃貸選びや防犯対策のポイントについてご紹介しました。中には面倒だな、大げさだな、と思う事もあるかもしれませんが、人生はいつ何が起こるか分かりませんし、何かあってからは手遅れになってしまいます。

大事な事は自分自身で防犯意識を高く持ち、気を付ける事。常日頃から心がけて、より快適で安全な一人暮らしを過ごせるようにしましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

役に立つ記事

電気料金 1

一人暮らしを始めて実感するのは「思った以上にお金がかかる」ということです。家賃・光熱費といった固定費から始まり、食費や交遊費等といった変動費まで挙げればキリがありません。どうすれば節約できるのでしょう ...

-女性

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.