一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン。費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

クリスマスの犬

ペット

愛犬の可愛い写真を撮りたい!上手な愛犬の撮影方法とは?

更新日:

最近のSNSやカメラブームで、愛犬の写真を撮る飼い主が増えています。

SNSには愛犬の飛び切りかわいい一枚をアップしたいと思っている飼い主も多いでしょう。しかし、言葉の通じない愛犬を上手に撮れないと悩んでいる飼い主がたくさんいます。

そこで今回は、ちょっとしたコツで簡単に愛犬のかわいい表情を撮ることが出来る方法をご紹介します。

色々な方法や角度で撮影すればいつもと違った愛犬の表情を発見できるはずです。

ぜひカメラやスマホで試してみてください。

スポンサーリンク

愛犬からカメラ目線をもらう方法

テリア

犬は基本的にカメラが苦手です。カメラのレンズが目に見えてしまい怖がり、カメラから目をそらしてしまいます。そうならないために、カメラ目線をもらえる方法をご紹介します。

一番手軽なのは、愛犬の名前を呼んで向いた瞬間に撮る方法です。しかし、あまり繰り返し呼ぶと犬が飽きてしまい振りむいてくれなくなってしまうので、やりすぎには注意しましょう。

次は犬が反応しやすい言葉を使う方法です。「さんぽ」や「ごはん」「おやつ」など、普段愛犬が嬉しそうに反応する言葉を言って、カメラ目線になったら撮ります。

これは犬の好きな言葉を使うので表情も良くなりやすいです。しかし、行かないのに「さんぽ」やあげないのに「おやつ」などと言いすぎると犬にストレスを与えてしまうので、この方法はいざというときだけ使いましょう。

あとは音の出るおもちゃやおやつを使う方法です。これは一人では難しいので、撮る人とおもちゃを鳴らす人など分担して撮影するとうまくいきます。

 

愛犬をいろいろな角度で撮る

外を見る犬

いつも接している時の目線はほとんど愛犬を上から見ています。しかし、その目線のまま写真を撮るとあまり立体感のない写真になってしまいます。

いつもの目線から見た愛犬を写真におさめておくことも大切ですが、様々な角度から撮ると愛犬の新たな魅力を発見することができます。

いろいろな角度の中でも、一番かわいく撮りやすいのは犬の目線の高さまで下がって撮る方法です。それだけで臨場感が生まれ、距離感も近くなり犬の表情をとらえやすくなります。

次は横顔です。これも犬の目線の高さで撮ってみましょう。利口そうに見せたい時は横顔がおススメです。

あとは愛犬を見上げた状態で撮る方法も良い写真が撮れやすいです。イスや台に乗せて犬をやや見上げるような目線で撮ります。普段あまり見ない角度なので新鮮さがあります。

また、スマホで撮る場合は最近流行している自撮りをしても面白い写真が撮れます。

スポンサーリンク

愛犬を室内で撮る場合の注意点

笑う犬

室内での写真撮影は暗くなってしまうことが多いです。そのため、なるべく昼間に陽当たりのいいところで撮りましょう。

ですが、日の光を直接当てると犬がまぶしがってしまう上に、体の一部が白く飛んでしまったりする場合があります。

そういう時はレースカーテンでうまく光を調整すると雰囲気のある写真が撮れます。天気のいい日にレースカーテンをしている窓辺で撮るというシュチュエーションがベストな条件です。

ふんわりとした雰囲気で、リラックスした愛犬が撮影できます。昼寝しているところを撮ってもいいでしょう。

夜に撮りたい場合はブレに注意しましょう。愛犬が落ち着いている時がねらい目です。なるべく近づいて撮ると光の暗さをカバーできます。

また、間接照明があればつけて撮りましょう。明るくなるだけでなく、室内ならではの雰囲気が出ます。

 

愛犬を屋外で撮る場合の背景

白い子犬

晴れた日は基本的にどんな風に撮ってもきれいに写ります。特に芝生や青空や海などのシンプルな背景で撮ると、犬が引き立ちやすくなります。

可能であれば、犬にピントを合わせ、背景をぼかして撮りましょう。そうすることで、より犬の表情が際立って見えます。背景をうまく入れながら、色々な角度で愛犬を撮ってみましょう。

また、逆光(犬の後ろに太陽がある状態)で撮ると犬のシルエットが出やすくなります、正面は多少暗くなってしまうものの、犬の毛並をくっきりと撮ることが出来ます。

あとは夕日を背景に撮る方法もおススメです。犬自体は暗くなってしまうのですが、愛らしいシルエットときれいな夕日のコンビネーションは簡単に雰囲気のある写真を撮ることが出来ます。

桜や紅葉、雪などの季節が感じられる背景も良い写真が撮れやすいです。色々なところに出かけて思い出を写真におさめましょう。

 

ブレずに動いている愛犬を撮る方法

楽しい犬

動いている愛犬を撮るとブレてしまう事が多くなります。

動いているところをきれいに撮るには少しテクニックが必要ですが、コツを掴んでしまえば思いがけない瞬間をおさめることができます。

一番手軽にできるのは、カメラやスマホの連写機能を使う方法です。とにかく枚数を稼げば、何枚かに一枚は良い写真が撮れます。

この方法は、思いがけない表情や動きがたくさん撮れるので後で見返すのが大変なほど何枚も撮ってしまうでしょう。

次に紹介するテクニックは、犬の動きに合わせてカメラを動かす方法です。犬が歩いている速度に合わせてカメラで追いかけます。そうすると、犬ははっきり写りますが背景は動いているようにボケます。

犬の存在感が増すだけでなく、背景に動きがあるので臨場感のある写真を撮ることが出来ます。あとは、あえてブレている写真を撮るのも良いでしょう。

これも動きが出るので、うまく撮れれば面白い写真になります。

 

まとめ

様々なテクニックをご紹介しましたが参考になったでしょうか。

たくさんカメラを向けていると、愛犬もだんだん慣れてきます。上手く撮れたら必ず褒めてあげましょう。

犬によっては「写真撮るよ」というとカメラ目線になって止まってくれる子もいます。プロのモデル犬ともなれば、様々なポーズで止まることもできます。

カメラ目線をもらえれば、ほとんどの写真はかわいく撮ることが出来ます。ぜひ愛犬の最高の一枚を撮ってみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

一人暮らしを始めるとき、引っ越しに慣れていない方は「引っ越しっていくらかかるんだろう?」「業者はどこがいいんだろう?」と ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-ペット

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.