一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

ハンガーの洋服

家具

一人暮らしで服の収納に困る!着たい時にスグ出せる収納術

更新日:

一人暮らしをする部屋には実家のような広い収納スペースを確保できないものです。とくに洋服などの収納は、工夫しないとすぐに収納スペースがいっぱいになってしまいます。

着たいものがすぐに見つかる収納を実現するためには、いらない物は上手く処分して、すっきりとした状態にしておくことが大切です。とりあえずとっておくというものであふれかえったスペースでは、お気に入りの洋服を探すのもたいへんです。

自分がどんな服を持っているのかを把握するためにも、上手く断捨離できるようにすることがポイントになります。

スポンサーリンク

季節が変わったら洋服の入れ替え

洋室のクローゼット

洋服の数は気がついたらいつの間にか増えてしまっているものです。とくにバーゲンで着る予定もないのに値段が気に入って買った洋服など、いつの間にかクローゼットに入りきらなくなってしまうという人は少なくありません。

でも、一人暮らしの限られた収納スペースはそんな風にいつ着るかもしれない服をすべて収納できるほど広くはないという人がほとんどでしょう。

そんな悩みを解消し、限られたスペースを有効に活用するためにも、少し面倒でも季節が変わったら洋服を入れ替える衣替えをすることがポイントになります。シーズンが終わってもう来年まで着ない洋服はどんどん衣装ケースや圧縮袋などを活用してしまってゆきます。

その際にもう来年は着ないと思いきれるものは処分し、まだ迷っているものはそのまましまってもかまいません。とにかくハンガーにかけておくものはそのシーズンの衣料だけにするのがポイントです。

スポンサーリンク

季節の変わり目に洋服の見直し

コート

季節が変わって前シーズンしまっておいた洋服を出してみると、何となく古ぼけてしまった気がするものが必ず出てきます。

しまうときには次のシーズンにも着ようと思っていても、新しいシーズンに改めて目にして古びたイメージを持ったものは、このタイミングで迷わずに処分します。

その服をとっておくかどうか前シーズンと今シーズンの始めに2回にわたって見直しているわけなので、そのときにもう着ないとおもったものはおそらくこの先着る機会はないので、新しい季節の変わり目に思い切って処分するようにします。

とくにTシャツやカットソーなどは、一シーズン過ぎるとくたびれた感じになるので、翌シーズンに出してみてそう感じたら処分の絶好のタイミングということです。

季節ごとに衣類を出し入れすることで、自分が持っている洋服を再確認できるというメリットもあります。

 

長い間着ていない服は専用の場所にまとめて保管

帽子と洋服

長い間着ていない、いわゆるたんすの肥やしのような洋服は誰もが持っているものです。

よく片付けのための本や雑誌などに、3年着なければ処分して問題ない…といった内容の文章を目にするのですが、着ない期間と言うのはその人によって違うので一概には言えません。

ただ、処分することはできなくても、長い間着ない服はふだんよく着る服と同じ場所に収納するのをやめるようにすることです。

保管場所を変えて収納することでクローゼットの中が格段にすっきりとすることと、保管場所をしまいなくしてしまう場所にしないために、中になにが入っているかをわかるようにして保管するようにします。

このようにまったく別の場所に保管しておいても何の支障もないものは、やはり処分してもかまわない衣類と言うことになるわけですから、場所を変えて保管するという方法はかなり効果が期待できます。

 

買うときに高かったから処分できない服はリサイクルへ

リサイクル

一人暮らしの部屋の収納なら、それほど豊富なスペースはないことが多いので、本当は新しく服を買ったら何かひとつ処分するというのが理想です。

でもなかなか実際にはそんなに上手くいかないものです。とくになかなか処分できない理由のひとつに、買うときに高かったから…と言うものを上げる人は少なくありません。

そう、高いお金を出して買ったから処分できないというのはある意味当然のことで、もう着ないかもしれないけれど捨てられないことに陥ってしまうのです。

そんなときには迷わずリサイクルを活用して処分するようにします。現在はさまざまなリサイクルショップが存在し、ブランド物の洋服ならきちんと値段がついて引き取ってもらえる可能性が高いです。

ただし、状態の良くないものなどは対象にならないこともあるので、次はフリマに出すなど、少しハードルを下げてみることも必要です。

 

着る頻度の低いパーティドレスなどはレンタルを利用

ビーチで手を広げる女性

例えばお友達の結婚披露宴に招待されたときに着る服として買い揃えたドレスは、もしかしたら買うときにレンタルと同じくらいの値段で買えてしまうからと言う理由で買ってしまう人が多いようです。

確かにレンタルと言うのは割高感はあるのですが、そのドレスを収納しておくための手間とスペースの事を考えればレンタルですむものは借りてしまうのがおすすめです。

ふだんの生活の中ではまず着る機会のないドレスをずっと収納するほうがはるかに収納スペースのロスになります。それに、いくら気に入って購入したドレスでも、同じ友人と出席するパーティーに同じドレスを着ていくのは抵抗があるものです。

しかもドレスを所有するとクリーニング代などのメンテナンスにも費用がかかることを考えれば、多少割り高になってもレンタルで済ませてしまうというのは悪くない選択です。

 

まとめ

おしゃれするのは楽しいし、お気に入りの洋服をすっきりと収納できれば、コーディネートの幅も広がります。

そのためにも収納には少しだけ工夫が必要です。まずは本当に必要な服なのかどうかを判断する基準を自分なりに作っておくことです。迷ったときにはとっておくという場合でも、ある程度時間を置いてから出してみると、やはり必要なかったと思えるものが少なくないものです。

そして捨てることには抵抗があってもリサイクルに出すなら処分もしやすくなるものです。一人暮らしのへやを使いやすく収納するためには時には思い切りも必要です。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-家具

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.