一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

コート

収納

一人暮らしの衣替え!防虫剤の特徴と使い方を知ってシミを予防!

更新日:

季節の変わり目の衣替えのシーズン。

オフシーズンにしまってあった服を取り出した時、衣類がシミになっていたり虫に食われて穴が開いていた・・・なんてことがありませんか?

その原因のほとんどは、衣類をしまう前のお手入れや保管方法に問題がある場合が多いです。

 

また、ちゃんと防虫防湿対策を行っていても防虫剤の使い方が間違えていると、それがシミの原因になることも。

そこで衣替えをする前にぜひ知っておいてほしいのが防虫剤の種類と使い方です。衣類に合った防虫剤を正しい方法で使い、あなたの大切な衣類を守りましょう。

スポンサーリンク

防虫剤を使う前の準備・衣類のお手入れ方法

収納前に衣類の汚れを落とす

衣替えで衣類をしまう時、洗濯やしみ抜きなどのお手入れをせずに収納すると衣類に残った汗や汚れが虫食いやシミの原因となります。

汗ジミは衣類をしまう時にはほとんど見えませんが、時間の経過とともに浮き出て目立ってきますので要注意。

しばらく着ない衣類をしまう時は、汚れが目に見えなくても洗濯やクリーニングで必ず衣類の汚れを落とし、必要に応じてしみ抜きもしておきましょう。

衣類を乾燥させてから収納する

洗濯後、衣類に湿気が残ったまま収納するとカビの原因となります。できるだけ天日干してカラッと衣類を乾燥させてから収納したいものです。

また、クリーニングから戻ってきた衣類に掛けられているビニール袋をつけたまま収納するとビニール内に溜まった湿気がカビの原因となるので必ず外し、数日風を通して衣類を乾燥させてからしまいましょう。

スポンサーリンク

上手な衣類のしまい方

次のシーズンまで着ない衣類をしまう時は、次の事に留意しましょう。

湿度が少ない日に衣類をしまう

衣類を次のシーズンまで収納にしまう時は、カラッと晴れて湿度が低い日を選びましょう。

湿度の高い環境で衣類をしまうと、衣類と共に湿気まで収納に入り込み、カビや結露の原因となります。

なお、残暑の時期など晴れていても湿気が多い場合はエアコンをかけて部屋の中を除湿しながら衣類を収納するという方法でもOKです。

衣類を立てて並べる

収納時は衣類を下から上に積むのではなく、立てて並べるとベター。

どこに何が入っているのか一目でわかりますし、そうする方が防虫剤の成分が衣類にまんべんなく行き渡るため一石二鳥です。

暑さ寒さのぶり返しにそなえるには

衣替えが終わっても暑さや寒さがぶりかえし、収納した服をまた取り出す場合に備え、季節の節目に着るかもしれない服はすぐ取り出せるよう端の方にまとめて入れておくと、いちいち探してひっくり返す手間が省けます。

 

防虫剤の種類

市販されている防虫剤には次の4種類があります。

パラジクロルベンゼン

効き始めが最も早く持続時間が比較的短い防虫剤です。
有効期間:3~6ヶ月
適した素材:ウール、絹など虫がつきやすい衣類
使えない素材:塩化ビニール・スチロール素材・金銀糸・ラメ・合成皮革など
併用できる防虫剤:ピレスロイド系

ナフタリン

効き始めが遅い反面効き目に持続性があるのが特徴です。
有効期間:6ヶ月~1年
適した素材:出し入れの少ない衣類・毛皮・皮革製品
使えない素材:塩化ビニール・金銀糸・ラメなど
併用できる防虫剤:ピレスロイド系

しょうのう

古くから使われている防虫剤で全ての衣類に使えます。
有効期間:約6ヶ月
適した素材:全ての素材(呉服などが最適)
使えない素材:なし(金銀糸、金箔は直接触れないようにする)
併用できる防虫剤:ピレスロイド系

ピレスロイド系

無臭の防虫剤。他の種類の防虫剤と併用できます。
有効期間:5ヶ月~1年
適した素材:着る機会の多い衣類・毎日着る衣類
使えない素材:真ちゅう、銅が入っている衣類・金属ボタン

購入の際はパッケージに書いてある説明書を確認し、手持ちの衣類に合った防虫剤を正しい方法で使いましょう。

 

防虫剤を置く時の注意点

できるだけ密閉させて使う

防虫剤は密閉させた状態にしておくと防虫効果が高まりますので、防虫剤を入れた場所(クローゼット・引き出し、衣装ケースなど)は開きっぱなしにしないできちんと閉めておきましょう。

高い場所に防虫剤を置く

防虫剤の気体は空気より重いので、低い場所に置いておくと十分に防虫効果を発揮しませんので、防虫剤を置くときは衣類の上に置くようにしましょう。

違う種類の防虫剤を併用しない

違う種類の防虫剤を併用した場合、防虫剤の成分が気化せずに液体となり、衣類にシミを付ける場合がありますので、できるだけ違う種類のものを併用しないようにしましょう。

衣類を詰め込みすぎない

収納スペースが衣類で一杯だと帰化した防虫成分が全体に行き渡らなくなり、防虫効果が薄れます。衣類をしまう時は収納スペースにある程度の余裕をもたせましょう。

適正量を使う

防虫剤の量が少ないと防虫効果が減りますが、だからといって防虫剤をたくさん置けば防虫効果が高まるわけでもありません。パッケージに書いてある通りに使うのが一番効果的です。

 

除湿剤と防虫剤を併用する

クローゼットなどの収納スペースは閉め切っている事が多いため、下層階や夏期などの湿気の多い時期はそこに湿気がたまりやすくなり結露や衣類にカビが生える原因となります。

カラッと晴れた日には時々クローゼットの扉を開けて風を通すと湿気も飛んでよいのですが、忙しいと中々それが難しい場合もあります。

 

そこで利用したいのが市販の湿気取り。

お部屋用、クローゼット用、押入れ用など様々な広さのスペースに対応した湿気取りが売られています。

また、竹炭など昔ながらの除湿効果のあるものを使ってもいいでしょう。それらの除湿剤を防虫剤と併用して使えば衣類が湿気でカビが生えたり虫に食われたりする可能性がぐっと減ります。

なお除湿剤も除湿剤と同じく密閉した空間で使った方がその効果が高くなりますので、普段はクローゼットのドアや収納のふたをきちんと閉めておきましょう。

 

まとめ

近年の地球温暖化の影響で日本の夏はますます高温多湿となり冬も暖冬傾向がますます強まっています。

そんな中衣類の大敵である湿気がたまり虫やカビがより出やすくなっているのが悩みですが、そんな状況下で少しでも衣類を良い状態で保管するためには衣類の収納の仕方を工夫し、防虫剤や除湿剤を上手に使って衣類を傷めるリスクを少しでも軽減させることが大切です。

 

また、本当に大切な衣類の場合は少し費用がかかってもクリーニング店に防虫加工を依頼するのも1つの選択肢です。

それぞれの状況に合った正しい保管方法で衣類を長持ちさせましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-収納

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.