一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

白い壁とエアコン

光熱費

一人暮らしの光熱費の平均は?簡単にできる5つの節約術

更新日:

一人暮らし世帯で生活費を抑える為にポイントとなるのが、光熱費です。 光熱費とは、電気・ガス・灯油といった生活エネルギーの事を指します。

一人暮らしの光熱費の月平均は全国で約6千円から7千円となっており、東京・大阪・福岡といった大都市ではあまり光熱費の基本料金に大きな差はみられません。

東北や北海道といった寒冷地などの場合は、季節によって光熱費が高くなるのは避けられませんが最低でも1万円以下に抑えて生活にゆとりを持たせたいものです。

光熱費を0にするのは無理ですが、無駄を省き節約する事で請求にビックリなんていうアクシデントを防ぐ事が出来るのです。

スポンサーリンク

選ぶなら絶対プロバンスガスより都市ガス物件

Kitchen

料理やお風呂にはガスを使用するという物件は比較的多いものです。

ガスには、都市ガスと呼ばれるものとプロバンスガスの2種類があり両者の間には圧倒的な価格差があります。 都市ガスは公共料金の為、市町村によって価格は一律となり料金設定も適正となります。

しかし、プロパンガスは都市ガスよりも火力が強いものの輸送費が掛かり、その上業者によって自由に価格設定を行う事が出来るのです。 特にマンションやアパート等はプロパンガスの設備費用や維持費も入居者が負担しなければいけません。

また契約を結ぶ業者を自由に選ぶ事が出来ない為、一軒家よりもプロパンガスの料金が高い傾向にあります。

光熱費が高い一人暮らしの内訳を見ると、プロパンガスの料金が光熱費の殆どを占めているケースが多く一般的にプロパンガスの料金は、なんと都市ガスの2倍と言われています。

地域によっては、2倍どころか数倍の差になる事も珍しくありません。ですからガス代を節約したいなら、何はともあれ都市ガスの物件を選ぶのが絶対です。

 

温度などの設定を見直すのもポイント

Air-conditioning-outlet

当たり前の話しですが、例えばエアコンを使う場合は冷房なら設定温度を低くする程料金が高くなります。 暖房の場合なら、設定温度を高くする程料金が高くなっていきます。

これはエアコンの性質上、外気との温度差が高くなればなる程エネルギーを多く使う為です。 ですからエアコンの場合は、外気との温度差が少なくなるような温度設定にしましょう。

またお風呂や給油にガスを使う場合も同じで、必要以上に温度設定を高くすればその分光熱費は高くなってしまいます。

そのため、冷暖房もお風呂も、その他の家電を使用する時も必要以上にエネルギー消費量の多い設定にしてはいけません。 こうした設定を見直すだけでも、年間にすると数万円の節約に繋がる事もあります。

例えば冷房でエアコンを使用した場合、設定温度を2度あげる事によって消費電力を10%削減出来るのです。 という事は、単純に計算すると設定温度を20度から28度に引き上げると40%も節電出来るという訳です。

こうして見ても、設定の見直しは馬鹿にならない事が分かるでしょう。

スポンサーリンク

光熱費を節約出来る物件セレクト

オール電化

一人暮らしをどんな物件で始めるかによっても、光熱費に違いがあらわれます。 一般的に面積の広い部屋の方が光熱費が高くなります。 しかし、実はそうとも限らないのが実情なのです。

気密性が高い住宅程、エネルギーの無駄がなく同じ面積であっても光熱費が安く済むのです。 目安としては、木造物件よりもRC構造の物件の方が気密性が高くなります。 そして古い物件よりも新しい物件の方が一般的には、気密性が高い場合が多いでしょう。

また一人暮らし向け物件の中には、家賃の中に光熱費込みのタイプもあります。 こうした物件をセレクトする事も人によっては節約になる為、検討してみても良いでしょう。

最近では一人暮らし用の賃貸でもオール電化物件が増え、気候が温暖な東京・大阪・福岡近隣で一人暮らしをするならこちらの方がお得かもしれません。

物件の選び方次第で快適に過ごしながら、光熱費を節約する事が出来るのです。

 

活用しよう!光熱費節約アイテム

bath

光熱費を節約するには、市販されているアイデアグッズを使用するのもお勧めです。 例えば、冬場に暖房に使う光熱費を抑えて効率的に部屋を暖める為には、断熱効果を上げる窓に貼り付けるシートや隙間風を防ぐ為のテープ等が有効です。

またエアコンの使用時には、冷房でも暖房でもサーキュレーターと併用する事で空気の循環を良くし電気代を節約出来ます。

お風呂の場合は、浴槽に保温シートを使う事で浴槽のお湯の温度低下を防ぐ事の出来るアイテムも販売されています。

また普段使用している電気は、目に見えるものでは無いのでつい使い過ぎてしまう事があるものです。

そんな電気の使用量と料金を目で見て把握出来る事の出来る計測器も市販されています。 これがあれば、家電の使用中に電気代をチェックする事が出来るので無駄に電気を使う事なく、節約意識も高められるでしょう。

こうした節約アイテムは、定番品だけではなく毎年続々と新しい商品が開発販売されています。 一人暮らしにもぴったりな節約アイテムを取り入れていきたいものです。

 

光熱費の支払いはクレジットカードや口座振替

クレジットカード

光熱費の支払い方には、口座振替や請求書によるコンビニ・銀行郵便窓口での支払いの他にクレジットカードがあります。 その中でも光熱費の支払いには、クレジットカードまたは口座振替がお勧めです。

口座振替によって光熱費の口座振替割引を受けられたり、クレジットカードのポイントが貯まる為です。口座振替による割引額は、料金によって変わる事はなく一律ですが、クレジットカードの場合は光熱費が高くなる程ポイントは多く貯まります。

そのため、もともとファミリー世帯よりも光熱費が低い一人暮らしでは、クレジットカードよりも口座振替の方がお得になる事もあります。 どちらが節約になるかは毎月の光熱費によって異なるので、よりお得な支払い方を選びましょう。

口座振替やクレジットカード払いなら、支払いの手間も省けてお金だけではなく時間の節約にもなります。

 

まとめ

・ガス代の節約には、プロパンガスより都市ガスを選ぶべし

・エアコンや給湯、その他家電の設定を徹底して見直す

・物件の選び方次第で光熱費に大きな差が出る、選ぶなら高気密住宅を!その他、光熱費込み物件やオール電化物件も

・定番から最新の節約エコグッズを活用しよう

・光熱費の支払いは口座振替orクレジットカード払いを

上記の節約ポイントを実践するかどうかによって一人暮らしの光熱費は、確実に変化します。

光熱費は生活する上で省けるものではありませんが、ちょっとした節約でも、毎月の事となると決して軽視出来ません。 ちりも積もれば山となる、まさに一人暮らしの光熱費節約とはそういう事なのです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-光熱費

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.