一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

洗濯物

洗濯

一人暮らしの洗濯・洗濯物を素早くきれいに乾燥させる5つのポイント

更新日:

衣類の洗濯は洗濯機に任せることができますが、干すのは自分でやらなければなりません。でもせっかく洗った洗濯物がシワシワだと干す気が一気に失せてしまいます。

その上外に干せない日が続いたりして中々乾かないとなれば、洗濯そのものが億劫になってしまいます。そんな洗濯での憂鬱を少しでも減らす為にもシワにならず、なおかつ早く洗濯物が乾く方法が知りたいと思いませんか?

ここでは洗濯物を効率的に干してきれいに乾かす方法をご紹介します。

スポンサーリンク

洗濯物を干す前に行うシワ予防

洗濯物を干す時、できればシワにならないようにしたいですよね。そのために次の事にちょっと気を付けてみましょう。

  • シワは洗濯物がからむ事でできやすくなります。シワになりやすい素材は洗濯ネットに入れて洗濯時に他の洗濯物とからまないようにしましょう。
  • 意外に思えるかもしれませんが、多めの量の洗濯物を入れて洗濯機を回すと衣類同士の摩擦が少ないため、洗濯時のシワを防ぐことができます。
  • 柔軟剤を使うと衣類の摩擦が減るため、シワ予防になります。
  • ワイシャツなどは脱水時間を短くするとシワになりにくいです。(30秒が目安)
  • 脱水後、すぐに洗濯物を干しましょう。長く放置すればするほどシワがとれにくくなります。

洗濯物を干す前に上手にシワをのばす方法は以下の通りです。

 

1.洗濯物を振りさばいて大きなシワを伸ばす
2.畳んで手のひらでたたき細かいシワを伸ばす
3.衿やポケット、袖口などをよく伸ばす

 

 

基本の干し方を知っておこう

ハンガー干し

ハンガーに洗濯物をかけて干します。トップスを干すのに向いています。脇の乾きにくい部分が重ならないように干しましょう。

平干し

ピンチハンガーの上や平干しネットの上などに置いて干します。ローゲージニットなど伸びやすいものに向いています。

M字干し

2本の竿を使って干すことで空気の通り道を作り、早く乾きます。毛布やベッドパッドなど厚手の大物干しに向いています。

陰干し

日光で黄ばみや変色を起こしやすいものや色の濃い衣類を干す時に適しています。洗濯表示に陰干しの記載があるかどうかをチェックしましょう。

三角干し

竿に対角線でかけて面をずらして干すことで空気にあたる部分を増やし、乾きやすくなります。シーツなどの大物に。

じゃばら干し

ピンチハンガーを使ってじゃばらになるように干します。バスタオルなどを干すスペースがないときに便利です。

つり干し

衣類を裏返してピンチハンガーに吊るして干す方法。空気の通りを良くすることで乾く時間を短縮できます。

スポンサーリンク

ちょっとひと工夫!洗濯物を効率的に乾かす6つの方法

  • ハンカチは、縦、横に軽く引っ張ってよくシワを伸ばした後、伸びない方を横にして干すと、乾いた後きれいにたためます。
  • ズボンを裏返し、ハンガーのフックを後ろのベルト通しにひっかけた後、ハンガーを内側に差し込むとハンガーからズボンが落ちません。
  • シャツは裾を上にして逆さまに干すと、袖や襟が重ならないため早く乾きます。
  • ズボンは裏返してピンチハンガーなどで裾が輪になるようにして筒状に干すと早く乾きます。
  • 狭い物干しスペースで場所を取るカーテンは、洗った後カーテンレールに吊るして干すとスペースを取る無駄を省き、シワになりません。ただし干す前にレールや窓ガラスの汚れを拭き取っておきましょう。
  • 脱水時乾いたバスタオルを一緒に回すとバスタオルが洗濯物の水分を吸い取ってくれるため、乾きが格段に早くなります。衣類乾燥機での乾燥にも応用できます。

 

角型ピンチハンガーで洗濯物を早く乾かす方法

タオル、下着などを干すのに重宝する角型ピンチハンガーですが、干し方をちょっと工夫するだけで乾きが早くなります。

「アーチ干し」にする

内側に短いもの、外側に長いものを干す「アーチ干し」にすると乾きが早くなります。
その理由は以下の通りです。

  • 両端の長い洗濯物に風が当たりやすくなる、
  • アーチの下部に大きな空間があるため風が通りやすい。
  • 脱水後の衣類の周りは外気温より約1℃低いため、アーチ下部の暖かい空気が上方向に流れる(煙突効果)。その結果乾燥速度が上がる。

乾きにくい素材を外側、乾きやすい素材を内側に干す

素材によっても乾く早さが違ってきます。綿など乾きにくい素材は外気に触れやすい外側に干し、早く乾く化繊は内側に干すとそれぞれの乾きが早くなります。

厚手のものを外側、薄手のものを内側に干す

厚手のものは乾きにくいため外側に干して外気によく当たるようにし、乾きやすい薄手のものは内側に干すと全体の乾きが早くなります。

 

乾燥機(乾燥機能)を使う時の注意点

諸事情から外に干せない場合、衣類乾燥機や洗濯機の乾燥機能があるととても便利ですが、使う時に次の点に注意すると衣類をシワにせずに乾かせます。

乾燥の前に洗濯物のシワを伸ばす

脱水終了後洗濯物のからみをほどき、大きく振ってシワを伸ばした後乾燥させるとシワになりにくいです。

衣類の量を調節する

乾燥機に入れる洗濯物が多すぎると洗濯物同士が絡んでシワができやすくなるため、洗濯物を詰め込みすぎないよう量を調節しましょう。

素材によってコースを使い分ける

素材によってシワになりやすいものとなりにくいものがあります。取扱い説明書を参考に、素材に合ったコースで乾燥させましょう。

衣類と一緒に氷を入れる

スチームアイロンと同じ効果があり、シワが伸びやすくなりますが、これは薄手の洗濯物に適した方法で、ジーンズなど厚手のものには効果が薄いです。

 

まとめ

洗濯物を早くきれいに乾かすためには次の事を心がけましょう。

  • 洗濯前のシワ予防と乾燥前のシワ取り
  • 限られたスペースの中で干す場所を確保する
  • 風通しを良くして洗濯物が乾きやすくなる工夫をする
  • ピンチハンガー等の道具を上手に使って洗濯物に空気が通りやすくする
  • 乾燥機能を使う前のひと手間でシワを予防する

ちょっとしたことですが、一人暮らしの多忙な生活の中ではそれすらも面倒だと感じることもあるでしょうが、慣れれば簡単だと思えるようになります。

それにこれらの手間をかけることでもっと面倒なアイロンがけの手間が省けますので、最初は面倒でもそれを習慣にしてしまいましょう

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-洗濯

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.