一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

窓際で手を上げる女性

費用

女性の一人暮らし!初期費用を安く抑える5つのポイント

更新日:

女性の一人暮らしの初期費用、男性に比べてマンパワーもお財布事情も厳しいことが多い中でのまとまった出費少しでも減らしたいです。

物件選び、引越し、引っ越し後の買い物、出費がかさむ機会はたくさんあります。けれどせっかくの一人暮らしです。始めるにあたって安心や安全も必要ですが経済的にも余裕少しでももって始めたいですよね。

そんなあなたに少しでも力になればと思います。初期費用を抑えるにはどうすればいいか、ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

女性の一人暮らしで初期費用は家具家電で初期費用を抑止

テレビ

まず、物件を選ぶ際に「収納があるかどうか」「家具・家電がそろっているかどうか」これをチェックです。

シェアハウスなど、着の身着のまま入居できる物件はもちろん、一般の賃貸物件でも収納や家具家電があるだけで、2大メリットがあります。また、シェアハウスなどは、物件により大きさの違う以外に買うのが大変なカーテンなども備え付けられている場合もあります。

2大メリット

  • 収納棚や、家具・家電そのものを買う費用が抑えられる。
  • 物件に収納や家具家電があれば、運び込む運送費や引っ越し代が抑えられる。

さらに、数年住んだ後に引っ越す場合も、もともとそこにあるものであればおいていくことができるので、処分費用もかからず、退去時の次の物件へ移る時の引っ越し費用も抑えられるメリットがあります。

洗濯機、ソファをはじめとした大きな家具家電は、普段のゴミに出すわけにはいかず、粗大ごみ回収センターに依頼することになり、時間もお金もかかります。

また、今まで使っていた古い家具家電を運ぶよりきれいなものが使えるかもしれません。

 

女性の一人暮らしの物件で初期費用を抑える

マンション外観

「家具家電」「収納」以外にも「物件」関連で初期費用を抑える方法があります。ずばり、その「初期費用」が低い物件を選ぶことです。そのまんまですね。(笑)

まず、敷金、礼金、最初の数か月分の家賃前納、その他鍵の交換費用などの費用は、最初まちの不動産屋さんに行って物件を見ます。

物件を見た後成約で手付金を支払います、そのあと期限を決められて数週間以内にお振込みしてくださいねというケースが一般的だと思います。

 

最近は、敷金礼金がかからないゼロゼロ物件や、前家賃もかからないトリプルゼロの物件も出ています。

まず、自分の住みたい地域の不動産屋さんに行ってみたり、すぐにいけない場合はインターネットで検索をたくさんして、いい条件の物件を探すといいです。

 

ただし、初期費用を安くして他と差別化しないと、人が埋まらない物件や、安いけど物件としての条件が悪いこともあり、また敷金、礼金以外の名目で敷金礼金分を回収している業者、実は初期費用は安いけどその分月々住んでみると高いなど、いろいろな条件があるのでよく調べそのようなワナに引っかからないように注意が必要です。

スポンサーリンク

女性の一人暮らしの引っ越しで初期費用を抑える①

家の模型

ここまで読んで頂いて行動して、できるだけいい物件を見つけ、もっていく大型家具・家電も最小限ですんだあなたは、もう満足かもしれません。でも、もう少しお付き合い下さい。

さていよいよ引っ越しです。やはり、荷造りから運送までも節約したいです。 一番いいのは良きお友達に手伝ってもらうこと、あとは近くであれば自分で運べる荷物は運んじゃったほうがいいです。

あとは、引っ越しの時期です。選べるのであればもちろんみんなの引っ越しシーズンは外した方がいいです。

料金も同じものを運ぶにもかなり割高になりますし、この日のどこかには行きますと言われ時間を幅広く提示されて、結局ずれて何もない引っ越し先に先にあなたが着いて待っていて一日無駄にすることもあるので時間ももったいないです。

選べるのであれば上記に挙げた選択肢はとても魅力的だと思います。

 

女性の一人暮らしの引っ越しで初期費用を抑える②

荷造りダンボール

引っ越しで初期費用を抑える①では、「仲のいい協力的な友人」「引っ越し先が近くであること」「引っ越す時期が選べること」このような条件をクリアできなければいけません。

そんなこと言われても、「こんな遠くまで荷物の運搬頼める友達なんていないよ」「引っ越すのは思いっきり運送会社の繁忙期だよ、新生活なんだから」という声が聞こえてきそうなので、今度はそのような条件がクリアできなくてもできる方法をご紹介します。

先ほどのような大きな節約にはならないかもしれませんが、塵も積もれば山となるということで積みあがると大きいです。

 

まず、引っ越し業者に見積もりを出しましょう。それも複数の業者に頼みましょう。条件がそれほど変わらなければ安い方を当然選びましょう。

ほかには、分解できるものは分解してできるだけフラットにし、布団や衣類は圧縮袋でこれでもかとコンパクトにしましょう。それから、引き出しにはできるだけモノを詰めて引き出しを閉じ、梱包材の代わりにできるだけ衣類やタオルを使います。

あとはできるだけテトリスの容量で空気で満たされた、もしくはカラの空間がないようにしましょう。

 

女性の一人暮らしは初期費用をモノと考え方で抑える

机と椅子

最後は、モノと考え方についてです。

例えば実家暮らしをしていて一人暮らしになると、「自由」が一番に来ます。その嬉しさから最初の買い物でたくさんのものをついつ欲しいと思って買ってしまいがちです。

一人暮らしならいっぱい料理もするし、と一人暮らしにそぐわない量の食器や食材、調理器具を買ってしまったり、掃除をするからとおそうじグッズをたくさん買ってみたりします。

 

そこでお勧めするのが、まずモノを本当に必要な最小限だけに絞りまず生活を始めることです。

実家暮らしなら、その中でもどうしてもなくて困ったものは実家から送ってもらいましょう。もし、生活用品等も普段からご家族の方が買ってくれているのなら、あなたは相場も分からない可能性が高いです。

新しい土地でまとめ買いしたたまたま寄ったスーパーやホームセンターで大量買いするのは、初期費用が膨らむ一方です。

生活には徐々に慣らし、徐々にモノを増やしていくのがおすすめです。

 

まとめ

女性の一人暮らし、初期費用はこんなポイントで抑えられます。

  •  物件選びで初期費用を抑えよう
  •  家具家電・収納で初期費用を抑えよう
  •  条件をよくして初期費用を抑えよう
  •  引っ越し費用を抑えよう
  •  新生活は焦らず徐々に慣れていこう

初期費用を抑え、引越し初期の負担を軽減し、浮いた時間とお金でおいしいものでも食べに行きましょう。

あなたの一人暮らしが充実感で満たされるといいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-費用

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.