一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン Single Life Hack(シングルライフハック)。かかってくる費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

引っ越し

部屋

一人暮らしの間取りは1R・1K・1DK?間取りの決め方とは?

更新日:

この春からついに念願の一人暮らし。という事でそろそろ部屋探しを始める人も多くなってきたのではないでしょうか。住む街・周辺状況・家賃・設備…など、部屋探しの際気になる条件は色々ありますが、中でも特に気になるのはやっぱり部屋の間取り。ネットなどで部屋の情報を見る時も、皆さんが絶対にチェックするのはあの間取り図でしょう。でも間取りってよく分からない記号や用語が多くて部屋のイメージがしにくい。色々な間取りの部屋があるけど自分にはどんな部屋が合っているのか分からない…なんて悩んでしまう人も実は結構いるのでは?そんな人達の為に今回は間取り図の見方や色々な間取りの特徴などについてご紹介していくので、一緒にチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

間取り図によく出てくるアルファベット

間取り図にはいろんなアルファベットが表示されていますが、この意味をちゃんと知らないという方も結構多いのではないでしょうか?まず間取り図でよくK・D・Lというアルファベットを見ますが、これはそれぞれK(キッチン)・D(ダイニング)・L(リビング)を指しています。間取り図では「1K」のような書き方で表示される事が多いですが、これは「1部屋とキッチンスペース」という意味になるのです。その他にも間取り図にはS(サービスルーム)・CL(クローゼット)・W(洗濯機の設置スペース)・R(冷蔵庫の設置スペース)といったアルファベットが使われる事が多いです。ちなみにサービスルームとは窓などがなく部屋(居室)とは認められていないスペースの事で主に納戸などを指しています。図面をパッと見ただけでも部屋の大体の形などは分かりますが、こういったアルファベットや用語の意味をしっかり把握する事で、より分かりやすく楽しく間取り図を見る事ができますよ。

 

「帖」の広さ

間取り図では部屋の広さを「○帖」と表示されていますが、この「帖」というサイズについて皆さんご存知でしょうか?一般的に1帖は畳1枚でカウントされていて、畳1枚は大体91cm×182cmサイズ、1.65㎡と換算されています。なので間取り図の「○帖」の広さは、畳○枚分の広さという風に考えるわけです。分かりやすい目安で言うと「フローリング6帖」の場合は部屋の広さは約10㎡。6帖が2間続いていたら約20㎡の広さという事です。この「6帖=約10㎡」という目安を覚えておくと、今後間取り図を見た時におおよその広さの検討を付けやすくなるのでとても便利ですよ。ただし間取り図表記のものはあくまで目安という事も多いので、これだけで判断しないようにしてください。内見の際は現物を自分の目でしっかり確認して、こだわる人ならメジャーなどを使って自分で測ったりするのも良いでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

一人暮らしに多い1R・1K・1DK

それではここから色々な間取りの特徴について紹介していきましょう。まずは一人暮らしでよく見られる1R・1K・1DKについて。1R(ワンルーム)は部屋とキッチンが仕切られていない、全体が一体化した間取りになっています。仕切りがない分部屋を最大限広く使う事ができますが、1Rの場合間取り図で表示されている帖数はキッチンを含めてまでのものになるので、実際部屋として使えるスペースは案外狭いという可能性もあります。なので間取り図で見る際は帖数よりも平米数などで判断するのが良いでしょう。1Kは部屋とキッチンが仕切られている間取りで、一人暮らしの部屋の中でも特に多いタイプなのではないでしょうか。1Rに比べて居住スペースは狭くなるかもしれませんが、音やニオイなどをきちんとブロックする事ができますよ。キッチンスペースが4.5帖~8帖とさらに広くなったものをDK(ダイニングキッチン)と呼び、部屋と仕切られたタイプが1DKになります。DKがあればキッチンの収納や作業スペースを確保する事もできますし、テーブルなどを置けばその分居住スペースに余裕ができゆったり使う事ができますよ。

 

<全国183店舗!近くの店舗をチェックしてみる>

ちょっと広めの1LDK・2K・2DK

こちらでは一人暮らしにはちょっと広めの1LDK・2K・2DKの間取りについてご紹介。1LDKはDKよりもキッチンスペースが広い8帖以上になり、これにさらにもう1部屋配置されたタイプになります。LDKはリビングも兼ねていてより幅広い使い方ができるので、その分もう1部屋を好きなように使う事ができます。現在は全室フローリングが主流になっていますが、時々和室の部屋もあり、その場合家賃が安くなる可能性がありますよ。2Kは4.5帖までのキッチンと部屋が2つ配置、2DKは4.5帖~8帖までのキッチンと部屋が2つ配置されたタイプで、どちらも一人暮らしにはかなり広い間取りになります。1部屋をリビングにしてもう1部屋を寝室に使うなんて事もできますし、あるいは書斎や趣味用の部屋を作ったり来客用の部屋にしたりと、ちょっと贅沢な使い方をする事もできてしまいます。部屋2つは完全分室だけでなく、仕切りだけで繋がっているものもあるので、使い方によって色々なレイアウトを楽しむ事もできるでしょう。

 

一人暮らしの間取りの決め方

様々なタイプの間取りについてご紹介してきましたが、では一人暮らしの理想的な部屋とは一体どれになるのでしょう?やはり一人暮らしに人気の物件は1Kや1DKあたりになりますし、その辺が妥当と言えるでしょう。もちろん狭い部屋の方が家賃が安いという理由もありますが、一人暮らしにはやはりそのくらいが丁度生活しやすい広さになるからです。一人暮らしで広すぎる部屋に住むと返って落ち着かないという事も多いですし、あまり部屋数があっても持て余してしまったり逆に掃除などが大変というデメリットも出てきたりします。単に広い部屋が良いというわけではなく、自分が本当に落ち着く住みやすい部屋を選ぶことが大事になってくるんです。なので間取りを見る際は部屋の広さなどではなく、自分がこの部屋をどんな風に使いたいのか、どんな生活スタイルになるのかを想像するのが1番良いでしょう。またインテリアにこだわりたい人なら置きたい家具やレイアウトなどをイメージして、それに合った間取りを選ぶのも良いのではないでしょうか。

 

まとめ

・間取り図によく出てくるアルファベット ・「帖」の広さ
・1R・1K・1DKについて ・1LDK・2K・2DKについて
・一人暮らしの間取りの決め方
今回は一人暮らしの方達の為に、間取り図の基本的な見方や様々な間取りのタイプ・選び方のポイントについてご紹介しましたが、参考になったでしょうか?やはり快適なライフスタイルやオシャレな部屋作りの為にも、まずは間取り選びが大切になってくるのです。住んだ後の生活をイメージしながら、本当に自分に合った暮らしやすい部屋を探しましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

役に立つ記事

電気料金 1

一人暮らしを始めて実感するのは「思った以上にお金がかかる」ということです。家賃・光熱費といった固定費から始まり、食費や交遊費等といった変動費まで挙げればキリがありません。どうすれば節約できるのでしょう ...

-部屋

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.