一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン。費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

ヒラメキ

部屋

一人暮らしで快適に過ごせる間取りとは?5つのポイント

更新日:

賃貸物件で一人暮らしをする人にとって、物件選びの大きなポイントになるのが「間取り」です。

とはいえ、「一人暮らしは初めて」という人は、そもそも「間取り」に関する知識もないでしょうし、どんなチョイスをしたらいいのか、皆目見当もつかないということもあるに違いありません。

どんな間取りの物件を選ぶと、より快適な一人暮らし生活が実現できるのか。ここでは「一人暮らしの人におすすめの間取り」と「チェックポイント」について、5つの視点から具体的に説明しましょう。

スポンサーリンク

「1K」と「1DK」に違いを知っていますか? 一人暮らしの平均的間取りはコレ

ワンルーム

最初に、一人暮らしの人が賃貸物件に住む場合の一般的な間取りについて説明しておきましょう。多くの単身者が選ぶ平均的な間取りは、「1R」から「1LDK」です。

初めて一人暮らしをするという人には、「R」とか「LDK」と言った表記の意味が分からないかもしれません。

「1R」は「ワンルーム」という意味で、文字通り、一部屋だけの賃貸物件のこと。つまり、生活スペースも寝室も台所もいっしょになっているのです。「台所がセパレートになっていない1K物件」ということができるでしょう。

「1K」は、ですから、「台所がセパレートになっている1R」ということになります。生活スペースと別に台所があるという間取りです。

「1DK」は、生活スペースとなる一部屋のほかにダイニングキッチンがあるという間取り。
さらに「1LDK」は、その一部屋のほかにリビングダイニングのある間取りになります。

それらの違いがどこにあるのかというと、実はキッチンの広さです。キッチンスペースが4.5帖未満の物件が「1K」、4.5帖以上8帖未満が「1DK」、DKの広さが8帖以上の物件を「1LDK」というのです。

以上が、一人暮らしのための基本の間取り情報です。

 

多すぎる部屋数はNG

家の間取り

予算に余裕のある人は「1LDKよりも、もっと部屋数があったほうがいい」と考えるかもしれません。

確かに、部屋数が多くなればそれだけ居住空間にバリエーションが生まれますから、一見「楽しい生活」になりそうな気もすることでしょう。

しかし、特に初めて一人暮らしをするという人には、あまり部屋数の多い物件はおすすめできません。部屋の掃除が行き届かなくなり、「不必要な部屋」を持て余すことになってしまうからです。

ですから、もし「もっと広い居住空間がほしい」と考えるのであれば、「2LDK」の物件よりも、リビングの広い「1LDK」のほうを選ぶようにしましょう。

そのほうが、毎日の生活に無理が生じにくくなり、快適な生活を実現しやすいのです。

たとえば、広めのワンルームを選んで、その代わりそのコンパクトな空間の中でインテリアのコーディネーションを楽しむのが、賢い一人暮らしのライフスタイルということになるでしょう。

居住スペースの大きさよりも、家具のセンスで勝負するという生き方です。

スポンサーリンク

モテるためには「バスとトイレが別」の物件

一人暮らしのための物件選びの大きなポイントの一つが、「風呂場とトイレの間取り」です。

最近は、バスとトイレがセパレートになっている単身者向け物件が増えてきましたが、そうでない物件も多くあります。
「一人の生活なのだから、それでも何の問題もないのでは?」と思われるかもしれません。
しかし、バスとトイレがいっしょの間取りだと、たとえばトイレットペーパーがお風呂の湿気にさらされるという問題も生じます。ニオイ問題も、神経質な人のとっては見過ごすわけにいかないでしょう。

それ以上に問題になるのが、人を自分の部屋に招いた場合です。特に友人を泊めたり、恋人ができて彼女や彼氏が宿泊する際、「バスとトイレがいっしょ」という物件は大きなデメリットが生じます。

お互いに安心してトイレとバスを利用するためには、それぞれがセパレートになっている必要があります。

一人暮らしの物件選びで見過ごすことのできない大きなポイントと言っていいでしょう。

 

収納スペースができるだけ広い物件をチョイス

クローゼット

初めての一人暮らしの場合、引っ越し当初はそれほどの荷物量ではないでしょう。ですから、多くの人が収納に関してあまりチェックしない傾向が強くあります。

しかし、それはNG。生活すれば荷物は増えていくもの。その物件に長く暮らす場合は、先々それなりの荷物量になることがじゅうぶん想定できます。

「荷物が多くなったから引っ越す」というのは、賢いやり方ではありません。ですから、「荷物が増えた時にも対応できる間取りの物件」を最初に選んだほうがいいのです。

部屋の間取り自体は大きくなくても、収納スペースの充実した物件があります。逆に、間取りは余裕がありそうに見えるのに、収納スペースが貧弱という物件もあります。

後々のことを考えれば、前者を選んだほうが数段快適に生活できるといっていいでしょう。
つまり、表面的な間取りだけでなく、「収納スペース」という、いわば「隠された間取り」に注目する必要もあるということなのです。

 

人気の「ロフト付き」も選択肢の1つ

「ロフト付き」という物件もあります。若い人に特に人気の間取りですが、これにもメリットとデメリットがあります。

ロフト付きには1Kの間取りタイプが多いのですが、ロフト部分は2通りの使い方があります。「ベッドとして就寝用スペースとして使う」という方法と、「物置として使う」という方法です。

「ロフト」は「天井の高さが1.4m以下」という規定がありますから、この2つ以外の利用方法はないと考えていいでしょう。

 

たしかに機能的な間取りで、その機能性が「スタイリッシュ」なイメージを生んでもいます。しかし、たとえば「ベッドとして使う」という方法をとった場合、恋人を招きにくいということになかねません。

また、物置として使う場合も、それが「もったいないスペース」のように感じられることもあるでしょう。

能性の高さを勘案した上で、「実際に自分が使う上で、それがほんとうに機能性の高いスペースになるのか」判断をしたほうがいいでしょう。

 

まとめ

一人暮らしの物件選び、間取りのチェックポイントについて説明してきました。
まとめておきましょう。

  1. 間取りの平均的なタイプは「1R」から「1LDK」まで。キッチンの広さによって、間取りタイプが変わってくる。
  2. 多すぎる間取りはNG。むしろ、「広めの1R」や「ゆったりした1K」のほうがおすすめ。
  3. バスとトイレがセパレートになった物件のほうが人を招きやすく、モテる。
  4. できるだけ収納スペースの充実した間取りを選ぶ。
  5. ロフト付きの間取りは慎重に判断を。

以上の5点をチェックして、ぜひとも間違いない物件選びをしてください。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

一人暮らしを始めるとき、引っ越しに慣れていない方は「引っ越しっていくらかかるんだろう?」「業者はどこがいいんだろう?」と ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-部屋

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.