一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

お弁当

食費

一人暮らしの食費は一ヶ月いくら?自炊ありなし別の結果!

更新日:

一人暮らしで自炊をするか、しないかで生活費は大きく変わります。仕事や通学で忙しくても、少しでも自炊をすることで節約ができて、貯金ができるようになります。

具体的に、どのくらいの食費の差があるのか、比較していきます。また、忙しい中でどのように自炊をしたらいいのか、簡単な方法やレシピも載せていますので参考にしてください。

ほんの少しの手間の積み重ねで貯まったお金で、好きなことができたり、欲しかったものを購入できると嬉しいですよね。

スポンサーリンク

一人暮らしの食費:自炊と外食での食費を比較

ハンバーグ

仕事や、通学で忙しい人は、外食が多くなります。

理由は、

  • 忙しいから早く済ませたい
  • 料理ができない
  • 外食が美味しい

など、いろいろあると思います。具体的に外食を続けた場合は、お金がどの程度必要になるのか?一度計算をしながら見ていきましょう。

外食は、メニューによっては値段も違いますが、800円から1,500円くらいかかります。値段の幅があるので、1食1,000円とします。毎日1,000円のものを食べると単純計算で30日で3万円の出費になります。

また、お昼ご飯も外食すると、1ヶ月に5万円から6万円になります。これを自炊に変えることができると、1日の食費を昼食と、夕食合わせて1,000円以内で収めることができます。やりくり上手になると1日500円以下も可能です。

つまり、自炊の場合、毎月の食費にかかる費用が、外食の半分以下にできます。このように外食から自炊に切り替えるだけで、大きな節約になります。

 

一人暮らしの自炊は、料理ができなくても大丈夫

キッチンに煮物

時間がなくて料理ができない人は、コンビニや、スーパーに冷凍食品を購入するだけで大きく変わります。

例えば、冷凍食品の焼き飯や、パスタなどは、スーパーの特価品で200円前後という比較的安く売られています。この冷凍食品は調理がフライパンだけで完結します。包装から中身を取り出し、フライパンの上で温めるだけ、または、電子レンジで温めるだけです。

これなら、時間がなくても大丈夫。まずは冷凍食品から始めてみるもの手です。

仕事や通学でクタクタに疲れた時は、外食に行くことさえ億劫に感じてしまいます。そんな時、冷凍庫に2袋程の冷凍食品を常備しておけば、ササッと作って空腹を満たせます。

慣れてきたら、購入してスグに腐りにくい玉ねぎなどの野菜を冷凍食品にプラスして栄養バランスにも少し気を使うように心がけてみてください。冷凍食品は、賞味期限も長い物が多いので、安く売っている時に買い溜めしておくことが、コスパをあげる一つの方法です。

スポンサーリンク

一人暮らしの自炊は、惣菜にひと手間

コロッケ

スーパーやコンビニには、パックに入った、惣菜が売られています。これらを上手に利用することでいろいろな栄養を摂取でき、バランスにいい幕の内弁当にも劣らないようなメニュー豊富な食事が用意できます。

また、惣菜は、夕方の18:00以降になると安売りをするスーパーなどが多いので、ちょうど仕事帰りや、学校帰りに少し立ち寄ってみて、20パーセントオフなどの値段が変えられている表示のシールがないか、注意深くパックを見てみましょう。

惣菜だけでは、おかずのみの食事になってしまうので、お米を常備しておくとさらに良いでしょう。

なお、炊飯器がないのであれば、お米のパックを購入しましょう。お米のパックは、賞味期限が長く、電子レンジで1分温めるだけでまるで炊飯器で炊いたようなふっくらとしたご飯が出来上がります。

 

一人暮らしの自炊は、簡単な献立

麻婆豆腐

料理嫌いな人でも作れる簡単な時間短縮献立を紹介します。

まずスーパーやコンビニで、麻婆豆腐の素を購入します。それだけでは、具材が少ないので、人参、豆腐、ひき肉(あれば)を用意します。

1.人参を小さめの短冊切り(薄さ3ミリくらいまで)に切ります。

2.豆腐もサイコロ切りにします。

3.フライパンに油をひき、ひき肉を好きな量を加え色が変わるまで焼き、人参を入れて、火が通った時に、麻婆豆腐の素をフライパンに入れて温まったところで、サイの目に切った豆腐を入れます。

4.豆腐が温まるまで火にかけ、豆腐を潰さないようにゆっくり混ぜます。これで麻婆豆腐が完成です。

5.ご飯を用意しておいて、どんぶりに入れ、麻婆豆腐をかければ麻婆豆腐どんぶりの完成です。

非常に簡単で美味しいレシピなので、料理ができない人でもすぐにできます。所要時間は、15分程です。

 

一人暮らしの食費のやりくり上手になる方法

キッチングッズ

野菜で持ちがいいものは購入しておくと便利です。じゃがいも、にんじん、玉ねぎは、使いやすく、切って焼くだけで立派な献立になります。

また、少しずつ料理ができるようになったら、1食分だけを作るのではなく、一度に3食分作って、食べなかった物は、タッパーに入れて置いておくと、次に食べるときは温めるだけで済みます。

毎日1つおかずを作れるようになると、今日作ったおかずにプラスで、昨日作ったおかずのタッパーを冷蔵庫から取り出し電子レンジで温めると、おかずが二つになり、食事のバリエーションができます。

または、タッパーに保存しておいたおかずを、お弁当に入れて持っていくのもありです。これで、昼食を節約できます。お弁当を持って行くときは、ミニトマトなどを入れるだけで彩りも華やかになるので、見た目も良く栄養もしっかり取れます。

 

まとめ

食事を節約する方法をあげました。

「料理ができないから」と諦めないでできる範囲のことから試してみてください。お家で電子レンジで温めるだけであれば時間もかからず、火を使うことも、包丁を使うこともありませんので、とても手軽にできます。

まずはできる事から始めて、野菜をプラスしたり少しアレンジができるようになれば、栄養価も高くよい食事をとりながら節約もできるので、生活の質がぐんとあがります。少しずつ外食を減らしてみましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-食費

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.