一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン。費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

大学生

食費

一人暮らしの食費、大学生の平均は?安くする4つのルール

更新日:

大学生で初めての一人暮らしで気分はわくわくしますね。ですが、節約のためにも食費についてはきちんとコントロールしておきたいもの。

大学生の食費の平均は、一人暮らしでだいたい一ヶ月あたり20,000円程度です。 飲み会や友人との食事などは娯楽費ですので、実際食にかかわる出費はもう少し多くなるでしょう。

ここでは、栄養に注意しながらも食費をどのように抑えていくのかを考えてみたいと思います。 過度な節約は禁物ですが、栄養に注意しながら節約も考えておきましょう

スポンサーリンク

一人暮らしの食費を節約:少しずつ揃えていけばよい、調味料と調理用具

キッチンのフライパン

大学生として一人暮らしが始まり、自炊を考えている人もいるでしょう。 料理本を見てこれを作ろう、あれを作ろうとワクワクしている人もいると思います。

ですが料理の本のように調理器具や調味料などをすべてそろえてしまうと、それだけで食費のうちかなり使ってしまいます。

基本の調味料である砂糖、塩、しょうゆ、お酒、みそなど、そして味が決まるマヨネーズとケチャップ、まずはそれくらいあれば大丈夫です。場合によりダシやコンソメを追加してもいいですね。

インターネットでレシピなどを調べると、限られた調味料での料理法が載っています。 あれこれ揃えるのは自炊生活が板についてからにしましょう。

調理道具についても、最低限のものさえあれば何とかなるもの。最近では百円均一も充実していますので、上限金額を決めて、百円均一で揃えるのも良いでしょう。

 

一人暮らしの食費を節約するなら、効果的に料理に使いたい、旬の野菜や魚

秋刀魚

野菜や魚は1年中流通しているように見えて、実は夏野菜や冬野菜といったように、旬のもの、すなわち季節によってよく収穫できるものとそうでないものがあります。

旬の野菜や魚は、たいてい値段が安いです。ですので、スーパーに行ったときは、旬を意識して買い物するようにしましょう。 特に、野菜や魚はそれだけで調理するのが大変である、という印象があります。

ですが、旬の野菜は蒸し物にしただけで美味しいです。魚も、グリルやフライパンで焼く、といったシンプルな調理法でおいしくいただけます。 まずは季節野菜や季節の魚についてしっかりと情報収集をすることが食費の節約につながります。

それから、その地域の特産物も意識をするといいでしょう。地産地消という言葉があるように、その地域のものは新鮮で比較的安く売られていることが多いですし、栄養価も高いです。

スポンサーリンク

一人暮らしの食費節約には活用したい冷凍技術や作り置き

冷凍えび

お肉などは冷凍して1か月ほどは使えますので、使用する分だけ小分けにして冷凍しておくと便利です。たとえば、しょうゆとみりんなどで味をつけて冷凍しておくと、そのまま野菜と炒めるだけでも一品になります。

また、調理したものを冷凍して保存しておくと、自炊が面倒になったときに便利です。大体2週間程度で食べきるようにしましょう。ただし、ジャガイモなどまれに冷凍に向かない食材もありますので注意が必要です。カレーなどはジャガイモを抜いて冷凍しておきましょう。

ご飯も、たくさん炊いて冷凍しておくこともできます。解凍する際は料理酒をふりかけてレンジで温めると炊き立てのようにふっくらします。

無理に自炊をノルマのようにしてしまうとリバウンドを引き起こすこともあります。ですので、時には調理が面倒になることを想定して冷凍保存を活用すると良いです。

 

一人暮らしの食費節約に直結するお弁当習慣

しゃけ弁当

朝食や夕食は自分で作ることに慣れてくるでしょう。そうすると次のステップとして、お弁当を作ることが節約に大きくつながります。

安い学生食堂などもあるでしょうが大体外で食べたり、買って食べたりすると一回につき500円程度かかります。平日だけと考えても1ヶ月では1万円です。

このような状況であれば、お弁当を作るようにすると食費がすぐに下がります。最近では温めずに入れることもできる冷凍食品も数多くあります。季節の野菜などを入れると材料費も安く済むでしょう。

さらに水筒やマイボトルにお茶を入れて持参をすると、お弁当と合わせてもそれだけで1日あたり数百円は浮く計算になります。

自家製の冷凍食品などを用意しておくと、それだけでも朝の手間が省けるでしょう。まずは週1回や2回から、お弁当を持参することをはじめてみると良いです。

 

一人暮らしの食費節約には、計画的な、買い物と食費管理

スーパーマーケット

日々の生活で何となく買い物をしていて、気付けば金額が膨らんでしまう、そのようなことがあります。一人暮らしでは多くの食材を買ってしまい腐らせてしまうということもあります。

大学生なら、飲み会や友達との約束で計画しても計画通り自炊できないこともあります。ですので、まずは少量ずつ買い物をする、ということを意識しましょう。

次に、家計管理という点で食費管理を見ていくと良いです。 最近では、レシートを貼るだけの家計簿が売られています。そうして、自分が買ったものを振り返ることで、無駄遣いを防ぐ役割もできますし、その季節で安い食材もわかります。

せっかく自炊をしていても、値段の高い材料やお惣菜、ついで買いしたデザートやお菓子などの嗜好品の金額が高ければ、節約の意味がありません。つまり、買い物はこまめに、食費管理は嗜好品も含め全体で、を意識しましょう

 

まとめ

下宿する大学生にとって、自分で工夫することで食費が削減できます。

  • 調味料や調理用具は少しずつ揃える。
  • 旬のものを意識して調理、摂取。
  • 冷凍食品や作り置きの効果的な活用。
  • お弁当習慣を身につける。
  • 買い物はこまめに、食費管理は全体を見て。

これらの工夫により、無理なく自炊生活を続けられ、食費は削減できるでしょう。それだけでなく、外食や惣菜では得ることのできない、健康的な食生活を送ることができます。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

一人暮らしを始めるとき、引っ越しに慣れていない方は「引っ越しっていくらかかるんだろう?」「業者はどこがいいんだろう?」と ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-食費

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.