一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

メリット

家電

一人暮らしの家具家電付き賃貸物件のメリット・デメリット

更新日:

一人暮らしをする場合に住む家を探すのは一苦労だと言えます。

特に家具や家電が備え付けてある場合と無い場合では、引っ越した後にかかる費用も大きく異なってくると言えます。

近年では家電備え付けのアパートなどが増加しているため、昔に比べれば非常に選択肢も増えましたし、一人暮らしが行い易い環境が整ったと言えますが、家具家電備え付け物件のメリット・デメリットはどのようなものがあると言えるのでしょうか。

知っておくべきメリット・デメリットを考えてみましょう。

スポンサーリンク

一人暮らしの家具家電付き物件最大のメリットとは?

リビングルーム

家具家電付物件最大のメリットは、引っ越したその日からすぐに住むことが可能になると言う点です。

通常一人暮らしをする場合、家具や家電などを購入し、それを運び入れるという作業が必ず必要になりますが、家具家電付物件ではその作業が一切必要ないと言うことになります。

備え付けの家具や家電が有るため、大げさに言えば衣類だけ持って入居すれば、すぐに暮らすことが出来るのが家具家電付物件だと言えます。

 

最近の家具家電付物件では、生活する上で必要なものはほぼ揃っていると言えますので、余計な家具や家電の購入をする必要もなく、身軽な状態で引っ越し作業が出来るため、とても楽に引っ越しを行えると言えます。

家具も備え付けのクローゼットなどが主流のため、別に家具を持ち込んで部屋が狭くなることも防げる点も、家具家電付物件のメリットだと言えます。

 

一人暮らしの家具や家電の購入費用が一切必要なくなる

貯金

家具家電付物件を選択した場合、一人暮らしに必要な家具や家電の購入費用が一切必要なくなるのも大きなメリットだと言えます。

特に家電の場合、意外と必要なものが多く、例に挙げると洗濯機、冷蔵庫、テレビといった基本の家電からエアコンなども通常であれば購入して、しかも設置工事まで必要となります。

購入ではなく実家にあるものを持っていく場合でも、引っ越し屋さんに頼んだ場合には引っ越し費用が必要となりますし、その金額も非常に大きな負担となります。

 

基本的に家電を購入した場合の平均的な費用は、およそ20万円~30万円程度必要だと言われていますので、それが必要無くなるのはとても助かると言えます。家

具に関しても購入でも持込みでも何かしらの費用や労力が必要ですので、それらのことを考えた場合にはやはり家具家電付物件は一人暮らしに向いている物件だと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

家具家電付き賃貸物件は故障の際の費用も必要ない

工具

家具家電付物件の場合、備え付けの家電が故障した場合にはその多くが修理費用を支払う必要が無い場合が多いと言えます。

もちろん契約でどのようになっているかにもよりますが、家賃などの支払いの中に家電が故障した場合の修理などの契約も含まれていることがほとんどです。

もし備え付けの家電が故障した場合には、アパートを管理している会社が修理費用を負担してくれることになります。その為故障しても実費で修理費用を支払わなくても良いと言うメリットも生まれてきます。

 

ただし注意しなければいけないのが、契約の中に家電の修理に関する取り決めが無い場合には、自己負担での修理を行う必要がある場合も考えられますので、契約する時点で修理などの扱いがどうなるのかをきちんとチェックしておく必要があると言えます。

このチェックを怠ると、契約後にそれに気づいて実費が必要になるケースも考えられます。

 

家具家電付き賃貸物件は退去時の後始末が簡単

宅配便

家具家電付物件の場合、基本的に持ち込む荷物が少なくて済むため、その物件から退去する場合に処分するものがとても少なくて済むというメリットがあります。

退去時の処分や片づけは大きな負担となりますし、もし仮に家具や家電を持ち込む必要のある物件の場合、それらをまた持ち出す費用が発生することになります。

持ち出した荷物はまた新たな物件へ運び入れる必要もあるため、引っ越しごとに労力と費用がかさむことにもなるわけです。

 

しかし家具家電付物件の場合、家電や家具の運搬が必要無いため、それらの費用は一切発生しませんし退去時の荷物も少なくて済むことになるわけです。

処分するものもそれほど発生しないと言えますから、身軽に入居し身軽に退去できると言うのが家具家電付物件の良さだと言えるのではないでしょうか。処分を業者に任せるとかなりの費用が予想されますが、その処分費が浮くのも魅力だと言えます。

 

一人暮らしの家具家電付物件のデメリットとは?

悩む女性

身軽に入居でき非常にメリットの多い家具家電付物件ですが、もちろんデメリットも存在しています。

まずいえるのが、家具は備え付けされているため部屋のインテリアの交換が出来ないと言うことです。基本的には備え付けられた家具を使用する為、それに不満がある場合にはその部屋を選択出来ないとも言えます。

これは家電にも言えることで、家具家電付物件といっても備え付けられている家電を選ぶことはできませんから、テレビが未だにブラウン管テレビだったとか、エアコンが古くて電気代がかかる、洗濯機が古すぎて使いにくいといった問題も起きる場合があります。

その為最新の家電が備え付けられていると考えて入居してしまうと、備え付けの家電が年代ものばかりだったと言う場合もあり得るわけです。そのため契約前に備え付けの家電がどのようなものなのかを必ず確認して、納得したうえで契約をする必要があります。

 

まとめ

家具家電付物件といっても様々な物件が存在しています。

今では当たり前のネットが利用できる物件ばかりではありませんし、家具や家電が非常に古い物件なども存在しています。その為必ず部屋を確認して家電や家具をチェックし、それで納得できたなら契約を行うようにしなくてはいけません。

新しいアパートの場合は家具や家電が新しい場合が多いので、それを選択時のポイントとして家具家電付物件を選ぶようにするのも良い方法だとえるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-家電

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.