一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

茄子とひき肉の炒め物

料理

一人暮らしの自炊!ひき肉、薄切り肉、かたまり肉の美味しい保存方法

更新日:

普段の料理に欠かせない肉類は比較的扱いが楽で調理しやすいため、忙しい一人暮らしの人にとってはマストな自炊食材ではないでしょうか?

その一方で、1人で使い切るには多すぎて余らせてしまうのが悩みでもありますよね。今回はそんな余った肉類を無駄にすることなくおいしいまま保存するにはどうすればいいか考えてみました。

冷凍、冷蔵、あるいは肉の種類や形状によって保管方法が違います。ここではそれぞれの条件に合わせた5つの保存方法をご紹介します。

スポンサーリンク

牛・豚・鶏ひき肉の保存方法

☆冷蔵保存の方法
2、3日のうちに使い切る場合の保存方法です。あくまでも当座の保存方法として考えましょう。

・1食分ずつ小分けにし、ラップで包むかポリ袋に入れて保存します。
この時中に空気が入らないようにするといいでしょう。

・下味をつけておくともちがよくなります。

・鶏ひき肉は特に傷みやすいので早めに使いましょう。

 

☆冷凍保存の方法
生の肉は1度冷凍したものを解凍して店頭で売られているため再度冷凍すると味が落ちます。特に味が落ちやすいひき肉の場合は必ず半調理して保存しましょう。
貯蔵期間は2~3週間ですが、脂肪の多い肉は長く保存できませんので早めに使いましょう。

・ハンバーグ、ギョウザ、しゅうまいは焼く前の段階まで作り、小分けにしましょう。
・ミートボールは軽く茹でて容器にいれておくと味が落ちません。
・ミートソースは完成させたものを保存できます。

スポンサーリンク

牛・豚薄切り肉の保存方法

☆冷蔵保存の方法
・生で保存する場合は、買った当日も含めて2日くらいで使い切るようにしましょう。
下味をつけてから保存しておくとベター。

☆冷凍保存の方法
そのまま冷凍すると肉の風味がおちますので、下味をつけてから冷凍しておきましょう。
保存期間は2~3週間。脂肪の多い肉は酸化しやすいので早めに使い切りましょう。

1.調理の方法に合わせ、塩、こしょう、酒、しょうゆで味付けするか、しょうがじょうゆにつけます。
2.1を1食分ずつ小分けにします。
3.バットにラップを敷いて肉を1枚ずつ並べ、もう一度上からラップでおおい、いったんフリーザーに入れます。この方法だと早く凍らせることができます。
4.肉が凍ったらラップごとたたみ、ポリ袋に入れて保管します。
5.調理する時は、調理しながら解凍するか、半解凍の状態で調理するといいでしょう。

 

牛・豚かたまり肉の保存方法

ひき肉や薄切り肉に比べて保存しにくい牛・豚のかたまり肉は、保存や解凍に少し手間と時間がかかることを覚えておきましょう。

☆冷蔵保存の方法
固まり肉は生のままだと長持ちしないので、加熱して保存し、3~4日以内に調理をしましょう。
・かたまりのまま、ゆでるか焼くといいでしょう。ゆで豚、ローストビーフ、焼き豚などにしておくと冷蔵でも3~5日保存できます。

☆冷凍保存の方法
生肉のままでの保存は、下味をつけても味が落ちますので不向きです。一度火を通してコールドミートにしておくと、比較的長く保存できます。貯蔵期間は約1ヶ月です。
・最初から目的別に切り分け、それぞれ調理するとベターです。
・カレー用には肉を角切りにしていためて冷まし、プラスチックなどの密閉容器で保存しておくと便利です。
・解凍に時間がかかるため、調理する前日に冷蔵室に移して自然解凍させておきましょう。

 

鶏肉の保存方法

鶏肉は大変傷みやすいため1食分を買ってきてその都度調理する事をおすすめしますが、余ってしまった場合などは下味をつけておけば、短期間ですが保存がききます。

☆冷蔵保存の方法
・生肉のままプラスチック容器に入れて保存します。保存期間は約1日。
・塩、こしょうなどで下味をつけ、ゆでる、焼くなどして火を通しておけば、冷蔵でも2、3日は保存がききます。

☆冷凍保存の方法
下味をつける、加熱するなどしてから保存するようにします。貯蔵期間は2~3週間ですが、できるだけ早めに食べきるようにしましょう。

・塩、こしょう、しょうゆなどで下味をつけ、生のまま冷凍します。
・揚げる、炒める、ゆでるなどの加熱をしてから冷凍します。
・一食分に分けてプラスチック容器などに入れておくと、使う時に便利です。
・あらかじめ自然解凍で半解凍にしておくと、切りやすく調理もしやすいです。

 

加工肉の調理方法

ハム、ベーコン、ウインナーなどの加工肉は比較的保存しやすいですが、冷蔵のまま保存すると傷みやすく味も落ちるため、早めに使い切るか冷蔵保存をする事をお勧めします。

☆冷蔵保存の方法
・パックされているものは表示の賞味期間を目安に保存しましょう。
・1度封を切ったものは少なくとも2~3日のうちに使い切りましょう。

☆冷凍保存の方法
まとめ買いした時や実家からまとまった量を送ってもらった時、あるいは封を切った後2、3日で使い切れない場合は、冷凍保存するのがベターです。貯蔵期間は1~2週間です。
・ハムやベーコンは1枚ずつ、ウインナーは1本ずつバットの上に敷いたラップに並べ、上からラップで覆って冷凍します。
・ラップをつけたまま折りたたんで袋に詰めて保存します。
・解凍するときは自然解凍で。調理の前の日に冷蔵庫に移しておくといいでしょう。

 

まとめ

今回は肉の保存方法について種類別にご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

一人暮らしでは1回あたりの肉の使用量がそれほど多くはないため、買ってきたものを使い切れずにやむを得ず保存する必要も出てきます。ここでご紹介した方法は、あくまでもそのような場合に肉の味を落とさず、なおかつ傷む前に上手に使う方法の一つです。

それでも買ってすぐ使う場合に比べれば味が落ちます。最近では1人用のパックもありますので、できればその都度買って使い切る方がいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-料理

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.