一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン Single Life Hack(シングルライフハック)。かかってくる費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

豚汁

料理

一人暮らしの男性でもできる安くてヘルシーな料理とは?

更新日:

お母さんの作る料理が一番好き!そういってはばからない若い男性は少なくないようです。愛情をこめて作られた食事を食べて成長した人が男性でも女性でもそう思うのはごく当然のことだし、そんな記憶を持つ人は幸せですね。親元を離れて一人暮らしをするときは、これまで経験したことのほとんどない料理に挑戦する良いチャンスです。最初は大変かもしれないけれど、料理って始めてみると実はとても楽しいものです。安い食材でも工夫次第で栄養豊かでおいしい料理が出来るので、その楽しみを是非知ってもらいたいです。

スポンサーリンク

調理器具でレシピは無限大

一人暮らしをはじめるに当たって自炊するなら何をそろえればよいか迷ってしまうことでしょう。でも、一人暮らしの男性がそろえる調理器具はとりあえず最少にとどめるようにします。電子レンジ、炊飯器、片手なべ、ケトル、フライパン。最低でもこれだけの調理器具があればかなりのレシピの幅が広がるものです。最初からあまりいろいろとそろえすぎることなく、まずは使い勝手のよさそうなサイズのものを最低限そろえることからはじめてみましょう。電子レンジがあれば様々なものが加熱できるし、時にはご飯だって炊けてしまいます。でも電子レンジをコンビニ弁当の温めだけ竹に使うのではなく、ぜひとも料理の下ごしらえなどにふんだんに活用してください。慣れてしまえばこれほど便利なものはないことに気がつくでしょう。少し自信が出てきたらシリコンスチーマーも1つあると便利ですよ。

スポンサーリンク

ご飯はまとめて冷凍作戦

一人暮らしで部屋に帰っておなかがすいているから何か作ろうとするとき、ご飯をいちいち炊くのはとても大変ですね。一人暮らしにオススメな方法としてご飯を休日などにまとめて炊いて、一回で食べる分ごとにラップでくるんで冷凍しておくことです。食べたいときに食べる分だけ取り出してレンジで加熱すればすぐに炊き立てのご飯が出来上がります。いちいちご飯を炊くとなると時間もかかるし、ご飯を解凍する間におかずはぱぱっとできるものを作れるようになれば、帰宅して短時間ですぐにおなかを満たすことが出来て便利です。しかも白いご飯を炊いておけば雑炊にでもチャーハンにでもいろいろなレシピにアレンジしやすいので便利です。慣れてきたら白いご飯だけでなく雑穀をブレンドして炊いたお米を同じように冷凍保存しておくと食物繊維がきちんと取れて、健康にもうれしいメニューが作りやすくなります。

休日は作り置きおかずを量産

平日仕事や学校が終わってから自分の部屋に帰って、一から料理するのでは面倒になりがちです。材料を買って帰ってはじめから準備するのは時間も手間もかかるので、出来れば休日におかずを作り置きしておくと便利です。是非作り置きしておきたいものはやはり定番のカレーです。カレーはジャガイモを入れずに作って冷凍しておくのがオススメです。少し慣れたらひじきの煮物も作っておくと便利です。煮物なんて面倒そうに感じますが、煮物用に乾物がミックスされた状態のものが売っているので、そこにひき肉や油揚げなどをプラスして数分煮れば完成です。小分けしておくことで、そのまま食べるだけでなくご飯に混ぜてひじきご飯にしたり、卵に混ぜて五目卵焼きも簡単に出来ます。男子の大好きな豚肉のしょうが焼きも、豚のロース肉にしょうが焼きのたれとスライスしたたまねぎを一緒にして冷凍しておくと、食べたいときにフライパン1つですぐにしょうが焼きが出来てしまいます。

スープと鍋料理は野菜がたっぷりとれるミラクルメニュー

一人暮らしだとどうしても食べるものが偏りがちになります。でもカップめんばかり食べていたのでは体を壊してしまうかもしれませんね。いろいろな素材をたっぷりと食べるためのおいしくて優秀なメニューがスープと鍋料理です。スープは難しいことは考えず、中華だしとコンソメだしのどちらかをベースにして、そのときある材料を使って1つのなべで煮込んでしまえば大丈夫です。たとえばだめになりそうなプチトマトも、コンソメスープにたまねぎと冷蔵庫に残っているウインナーやベーコンの切れ端と一緒に入れて塩コショウや粉チーズでアクセントをつければトマト風味のおいしいスープが完成です。最近は一人用のなべスープが売っているので、なべ料理はもっと簡単にいろいろな味のものが楽しめます。前日の残り物でもスープや鍋料理ならアレンジメニューがいろいろと出来て、しかもおいしくてリーズナブルです。

野菜不足を感じたときのピンチヒッター

一人暮らしだとどうしても野菜不足になりがちです。野菜を買ってもあまらせてしまいがちですが、そんなときは多少割高でもカット野菜などを使えばいろいろな材料を買い揃えるよりもお得に料理が出来ます。サラダや鍋物用のカット野菜も豊富で、上手に組み合わせれば下ごしらえや準備も不要で短時間で調理できて便利です。疲れて帰ってきてコンビニで買ってきたお弁当を温めて食べるときでも、出来れば野菜を何か一品添えたいものですが、何もないときのために野菜ジュースをストックしておくのがオススメです。そのまま飲むのはもちろんだし、スープやカレーに入れて作ると一味違ったものが出来ます。野菜不足を補うためのサプリメントを飲むよりも、野菜ジュースやトマトジュースがあればいろいろな味も楽しめるし、一回で使いきりのものなら一人分の料理にアレンジしやすくてオススメです。

まとめ

初めて自炊するとなると、つい構えてしまうかもしれません。でもあまり高いハードルを設定せず、手抜き料理でもメニューもいろいろ使いまわすことが十分出来るものなのです。自炊は節約にもなるし、続けてゆくうちにいろいろなテクニックも自分なりに身について、メニューが広がってゆくとだんだん楽しくなってくるでしょう。体にもお財布にも優しい自炊に是非トライしてみて下さい。でも料理の基本は楽しくおいしく食べること、頑張りすぎる必要はありません。

 

スポンサーリンク

節約するための3種の神器

節約には絶対に欠かせない1枚

今や不動の顧客満足度ナンバー1クレジットカードになった楽天カード。楽天市場だけでなくそれ以外でもかなりお得なクレジットカードで、節約を考えるのであればこのカードは絶対に欠かせない1枚であると言えます。現在、入会+利用でなんと5000円分以上の楽天ポイントがもれなく貰えるキャンペーン実施中!

引っ越し料金を安くしたい

一人暮らしするときに必ず必要になるのは引越し業者の選定です。一度でも引越しを経験したら痛感することですが、正直に言って1社1社から見積みりを取るのは面倒な作業です。条件に合った引っ越し会社に一括で見積もりを依頼して、競争の原理で同じ引っ越しサービスをおトクな料金で済ませましょう。

スマホ料金を安くしたい

ドコモ・auのスマホを利用しているなら、スマホそのままで料金だけ安くなるmineoがオススメ。mineoは人気上昇中で価格.comの格安SIM部門で満足度ランキング第1位を獲得しています。今なら新生活応援の800円×3ヵ月割引キャンペーンを実施中です。「いつ乗り換えたらおトクなの?」の疑問を解消する乗り換えタイミング診断機能でさっそくチェック。

役に立つ記事

電気料金 1

一人暮らしを始めて実感するのは「思った以上にお金がかかる」ということです。家賃・光熱費といった固定費から始まり、食費や交遊費等といった変動費まで挙げればキリがありません。 どうすれば節約できるのでしょ ...

-料理

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.