一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン Single Life Hack(シングルライフハック)。かかってくる費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

太陽への一本道

費用

一人暮らしの初期費用を20万円以下に抑える4つの方法

更新日:

自立の第一歩として一人暮らしをしたい

一人で自由に暮らしたい

そう考えた時に気になるのが一人暮らしを始める為に掛かる初期費用です。

引っ越し貧乏という言葉があるくらい、実は引っ越しには家賃以外にも様々なお金が必要となってきます。また引っ越し後も何かと一人暮らしはお金が掛かりますから、出来るだけ初期費用は抑えたいものです。

そこで、一人暮らしの初期費用を20万円以内に抑えて後々の生活に困らない様にする方法をご紹介します。

 

一人暮らし初期費用の平均(目安)

協力

一人暮らしの引っ越しは家族の引っ越しと違い荷物も少ないため引っ越しに掛かる費用は安く済む傾向にあります。

しかし、いくら安いとは言ってもそれなりにまとまった費用が必要になる事は間違いありません。

引っ越しに掛かる最低限の費用の目安は借りる物件の家賃約半年分にもなると言われています。

家賃別に初期費用を見てみましょう。

家賃 初期費用(家賃*6ヵ月)
5万円 30万円
7.5万円 45万円
10万円 60万円

もし家賃5万円の部屋で一人暮らしを開始するなら初期費用の目安は30万円です。家賃10万円の部屋なら初期費用は60万円の大金となります。

一人暮らしを始めるための初期費用の主な内訳は次の通りです。

引っ越し料金

家具や家電

生活雑貨などの購入費

物件の敷金礼金

不動産屋への仲介手数料

前払いとなる家賃の約3ヶ月分

保険料

ハウスクリーニング料金(退去する物件次第)

また一人暮らしをする場所によっても初期費用の相場は異なってきます。生活費の高い都心などでは一人暮らし用のワンルームであっても家賃7万円を超える物件も多く、初期費用の相場も高くなりがちです。

つまり一般的に一人暮らしの初期費用を20万円以内に収める為にはそれなりの工夫が必要となる訳です。

それでは一体どのような工夫があるのでしょうか?

スポンサーリンク

アドセンス

 

一人暮らしの初期費用を抑えるなら、お得な敷金礼金なし物件・フリーレント賃貸

マンション外観

まず1つ目はフリーレント賃貸です。

引っ越しの際に良く出てくるのが「敷金」「礼金」という言葉です。

敷金:保証に充てられるお金

礼金:部屋を貸してくれた大家さんへのお礼金

敷金の詳細

例えば家賃を滞納した分の費用や退去時の部屋の補修などに使われるお金になります。そのため、原則何もなければこの敷金は退去時に戻ってくる事になるのですが実際は必ず壁紙の張り替えなどに使用され全額戻ってくる事はないお金です。

敷金は家賃の3ヶ月分が多く礼金は1ヶ月分となるため、敷金礼金のある物件を借りるとそれだけで10万円以上のお金が飛んでいきます。そこで初期費用を20万円以内に収めるには敷金礼金のない物件を探しましょう。

最近では礼金のない物件は多くなっていますが、依然として敷金を取るのが当たり前となっています。初期費用を抑えるには家賃の約3ヶ月分になる敷金がないかどうかは重要なポイントです。

 

ただし、敷金がない物件でも退去時に家賃の滞納や部屋の破損等があれば、当然お金は請求されます。初期費用は抑えられますが、その分退去時にお金が必要になると覚えておきましょう。

また最近では最初の数ヶ月家賃が無料というフリーレント賃貸という物件が増えつつあります。

フリーレント賃貸は、長期間入居者が決まらない場合などに入を呼び込むためのサービスとして行われているものです。後から多額の費用を請求されると言う訳ではありません。初期費用を抑えるために、こうしたフリーレント賃貸を探してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

 

一人暮らしの初期費用がない?オススメ!家具家電付き物件

リビングルーム

2つ目は家具家電付き物件です。

初めて一人暮らしでは生活に必要な家具や家電の購入が必須となります。

一人用であっても冷蔵庫や洗濯機、テレビなどを一気に揃えるとなると10万円以上は軽く必要です。

中古で揃えるという手もありますが、すぐに壊れてしまったりトラブルが起きてしまったた際は余計に費用が掛かることもあるので、値段だけで決められない側面があります。特に家電を中古品で購入することはあまりお勧めできません

ではどうすれば安くできるのでしょうか?

 

そこで登場するのが賃貸物件に初めから最低限の家具や家電が備え付けられているタイプのアパートやマンションです。

一人暮らし用のアパートやマンションには、こうした洗濯機や冷蔵庫といった家電からソファなどの家具がついた物件が多くあり人気となっています。

さらに費用を抑えられるというメリット以外にも、全体的なインテリアコーディネートにも優れたセンスの良い部屋に住めるという点があります。

ただし、こうした家具家電付きの物件で気をつけなればいけない事があります。

家具家電付きの物件の注意点

もし家具や家電を壊してしまったり、傷や取れない汚れをつけてしまった場合はその修理費用や買い替え費用を請求されるケースがあります。

経年変化により壊れたり劣化した場合は、借りた側が責任を追求されることはありませんが、それを証明できないできない場合はお金を請求されるケースがあるので注意が必要です。

上記の2点にさえ気をつければ、家具家電付きの物件は一人暮らしの初期費用を抑えるのに役立ちます。

 

<全国183店舗!近くの店舗をチェックしてみる>

一人暮らしの初期費用で引越しシーズン以外であれば、大家との交渉・クレジットカード分割システムの利用

握手するビジネスマン

3つ目は大家との交渉・クレジットカード分割システムの利用です。

一人暮らしの初期費用を抑えるには、引っ越しの際に必要となる数十万円の大金を分割で払っていくという方法もあります。

これは長い目で言えば、節約とは異なりますが初期費用をできるだけ少なくして手元にお金を残す方法としては有効です。

一般的に契約を結ぶ時に敷金礼金・保険料を支払います。契約時にお金が用意できなければ普通は契約が成立しません。中には不足分のお金を親から借りたり、カードローンで準備したりする人もいます。

 

しかし最近では不動産屋への支払いにクレジットカードを使える業者が年々増加してきています。

通常賃貸物件は2年契約となるため、この2年間の間で分割支払いをするというシステムです。分割支払いすることで大幅に一人暮らしの初期費用を抑えられます。

またこうしたクレジットカードを取り扱っていない場合でも、大家さんと交渉して分割払いにして貰ったり家賃を値切るという方法もあります。

3ヵ月以上入居者が決まらない物件などは、早く借り手を見つけて入居して貰いたいためこうした交渉が上手くいく可能性が高まります。

家賃交渉の注意点

あまりしつこく交渉をしたり、大幅な値下げの要求はトラブルのもとになるので避けましょう。

また大抵のクレジットカードにはポイント付与制度がありますので、初期費用を抑えられるだけでなく、ポイントが貯まるというお得な面もありますので、上手く利用したいものです。

おすすめカードは今や不動の顧客満足度ナンバー1クレジットカードになった楽天カード。楽天市場だけでなくそれ以外でもかなりお得なクレジットカードで、節約を考えるのであればこのカードは絶対に欠かせない1枚であると言えます。現在、入会+利用でなんと5000円分以上の楽天ポイントがもれなく貰えるキャンペーン実施中です。

➤➤➤「楽天カード」を見てみる

 

一人暮らしの物件探し・引っ越し時期のポイント

引っ越しの時期

4つ目は物件を探す時期や引っ越しをする時期を考えて一人暮らしの初期費用を抑える方法です。

賃貸物件が多く出回る時期には、敷金礼金なし物件や家賃の安い物件など様々な条件の物件と多く出会うチャンスがあります。

賃貸物件が多く出回る時期

一般的に2月から3月です。これは4月からの進学や就職、転勤などにより需要が増える時期であると同時に言い換えれば部屋の解約も多くなる時期だからです。

しかし、需要が多いためお得な物件ほどすぐ決まってしまいますので、1月から物件探しを始めましょう。

 

逆に引っ越しの少ない時期の場合は、家賃交渉の成功率が上がったり引っ越し代金を抑えることができます。

引っ越し業者に依頼すると繁忙期や閑散期で大きく料金が異なります。引っ越し費用を格安にするには、閑散期を狙うのも一つの方法です。

引っ越し業者の閑散期

転勤や進学などによる春の繁忙期が落ち着いた6月から7月です。また11月から1月も引っ越しの少ない時期で、安い料金で引っ越しができます。

物件を探す時期や引っ越し業者に依頼するタイミングも初期費用を抑えるために考えておきたいポイントなのです。

一人暮らしするときに必ず必要になるのは引越し業者の選定です。一度でも引越しを経験したら痛感することですが、正直に言って1社1社から見積もりを取るのは面倒な作業です。条件に合った引っ越し会社に一括で見積もりを依頼して、競争の原理で同じ引っ越しサービスをおトクな料金で済ませましょう。

最大50%OFF!一番安い引越し業者を探すなら『ズバット引越し比較』がオススメ。【最短1分】で、一番安い引越し業者が探せます。

➤➤➤「ズバット引越し比較」を見てみる

 

まとめ

一人暮らしに必要な初期費用を20万円以下に収めるのは簡単ではありませんが、次の4つのポイントに気をつければ十分に達成できるチャンスがあります。

  1. お得な敷金礼金なし物件やフリーレント賃貸を探す
  2. 家具や家電の備わった物件を探す
  3. 家賃値下げや初期費用分割交渉やクレジットカード分割システムを利用する
  4. 物件を探す時期を見極め引っ越し業者の利用は閑散期を狙う

初期費用を抑えることで手元にお金が残れば、いざという時のため使えますので、安心して一人暮らしを始められるでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

節約するための3種の神器

スマホ料金を安くしたい

ドコモ・auのスマホを利用しているなら、スマホそのままで料金だけ安くなるmineoがオススメ。mineoは人気上昇中で価格.comの格安SIM部門で満足度ランキング第1位を獲得しています。今なら新生活応援の800円×3ヵ月割引キャンペーンを実施中です。「いつ乗り換えたらおトクなの?」の疑問を解消する乗り換えタイミング診断機能でさっそくチェック。

引っ越し料金を安くしたい

一人暮らしするときに必ず必要になるのは引越し業者の選定です。一度でも引越しを経験したら痛感することですが、正直に言って1社1社から見積みりを取るのは面倒な作業です。条件に合った引っ越し会社に一括で見積もりを依頼して、競争の原理で同じ引っ越しサービスをおトクな料金で済ませましょう。

節約には絶対に欠かせない1枚

今や不動の顧客満足度ナンバー1クレジットカードになった楽天カード。楽天市場だけでなくそれ以外でもかなりお得なクレジットカードで、節約を考えるのであればこのカードは絶対に欠かせない1枚であると言えます。現在、入会+利用でなんと5000円分以上の楽天ポイントがもれなく貰えるキャンペーン実施中!

役に立つ記事

電気料金 1

一人暮らしを始めて実感するのは「思った以上にお金がかかる」ということです。家賃・光熱費といった固定費から始まり、食費や交遊費等といった変動費まで挙げればキリがありません。 どうすれば節約できるのでしょ ...

-費用

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.