一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

貯金

費用

一人暮らしの部屋を選ぶ前に!知っておきたい賃貸契約に必要な初期費用

更新日:

一人暮らしを始めるにはまず、住む部屋を決めて大家と賃貸借契約を結ぶ必要があります。その際に必要となる費用にどんなものがあるか、また契約時に合計でどのくらいの費用を用意しなければならないかをご存知ですか?初めて一人暮らしをする場合は全く知らない場合も多いのではないでしょうか。そんな一人暮らしのスタートをお金でつまづかないためにも、部屋の賃貸契約でかかる費用の内訳とだいたいの金額について、あらかじめ知っておくことが大切です。

スポンサーリンク

敷金

大家に修繕費用や家賃滞納などに充てる費用等の目的で預けるお金です。
一般的には家賃の2ヶ月とされていますが、物件によっては1ヶ月や3ヶ月、または0円の場合もあります。ただし敷金0円の場合は退去時に部屋の補修やクリーニングの実費を請求されて高額なお金を支払う場合もあるため注意が必要です。

国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によれば、建物の経年劣化による修繕やクリーニングの費用は借主負担ではないと明記されたため、退去時に不当な金額を差し引かれて敷金が戻ってこないなどの事例は減りましたが、普通に家を使っていてついた傷や汚れを入居前の状態に戻すために必要な費用は差し引かれて返金されます。

なお、関西では敷金と後述の礼金を合わせた金額を「保証金」として契約時に大家に預け、退去時にはその分から礼金にあたる部分と修繕等に使われる金額を差し引く「敷引き」という形が取られています。

スポンサーリンク

礼金

礼金は「大家さんに対して謝意を込めて支払うお金」です。礼金には法的な定義はなく昔からの慣習であるため、退去時に返金されません。
関西や九州以外の地域における一般的な相場は家賃の2ヶ月分です。

新築物件や条件のいい物件には礼金のあるケースが多いですが、逆に築年数が長い古い物件など条件の悪い物件の場合、空き室になるのを防ぐために大家があえて礼金0円としている場合も数多くありますので、初期費用を抑えたい場合はそのような物件も視野に入れてみるといいのではないでしょうか。

なお、敷金のケースでも述べたとおり、関西や九州の一部の地域では敷金と礼金を合算した「保証金」として大家に渡します。その場合の保証金は、一般的に家賃4か月~7か月分となり、退去時にはその半額程度がいわゆる礼金とみなされ、退去時の返却対象にならないようです。

 

仲介手数料

賃貸借契約が成立した時に不動産業者が部屋を借りる人(借主)と大家(貸主)の双方から手数料として貰い受けるお金が「仲介手数料」です。

仲介手数料は宅地見物取引業法第46条で上限が定められていますが、仲介手数料は、上限が宅建業法で定められており、それを超えない範囲内で不動産業者が自由に決められますが、通常上限ぎりぎりの金額で設定されています。
通常は家賃1ヶ月分に消費税8%を加算したものとなります。

先述の通り、民法では原則仲介手数料は借主と大家の双方が折半で支払う手数料とする一方で、双方の話し合いにより手数料の金額の配分を変えることができるとなっています。ですから借主が仲介手数料の全額を支払う事を前提とした賃貸契約となっているケースも多く見受けられます。

なお、不動産会社が大家である場合は仲介手数料がかからない場合もありますので、そのような物件の中から希望の部屋を見つける事も可能です。

 

火災保険料

火災保険料とは、部屋の借主が火災、水漏れを起こした時の賠償責任や家財一式、盗難が起きた時の保証として支払う保険金です。賃貸借契約時に大家が借主に保険への加入を義務付けているケースが多いようです。

民法によれば、火災や水漏れにより、建物が損傷した時の補修金は借主が重大な過失で出火させた場合(揚げ油の入った鍋を火にかけたままその場を離れた、たばこの火を消したことを確認しないままゴミ袋に捨てた結果出火した等)を除き、貸主である大家が支払う事になっていますが、借主の家財道具に損害が合った場合の保障まではしません。また、借主には退去時の部屋の原状回復の義務があるため、その時に大家から多額の補修金を請求される場合もないとは言えません。火災保険料はそのためにも加入しておくべきです。

なお、一般的な火災保険料の金額の目安は、2年間で15000円~20000円程度ですが、大家に勧められる保険よりも自分で選んだ保険の方が保険料を安く抑えられる場合もあるため、保険に詳しい人は自分で保険を掛けた方がいい場合もあります。

 

その他の費用

◆前家賃(日割り家賃)
前家賃は賃貸借契約の時に契約月分と翌月分の家賃を支払う事です。
契約月の家賃を31日で割り、入居日から月末までの日数をかけた額の家賃(日割り家賃)と翌月の家賃との合計である2ヶ月分の家賃を支払います。

◆共益費・管理費
共益費・管理費とは、アパートなどの共同住宅における共有部分(敷地、外溝、エントランス、街灯、エレベーター、廊下など)の維持管理のために充てられる資金であり、借主が支払うものです。
物件により共益費・管理費が別になっている場合と家賃に含まれる場合に分かれますので、その点については賃貸借契約時に大家に確認しておきましょう。

◆鍵交換費用
以前の住人や管理会社などが合い鍵を作って全ての鍵が返却されていない可能性を想定し、万が一のリスクをなくすために新しい入居者用にシリンダーと鍵を交換します。その費用が鍵交換費用です。

国土交通省のガイドラインによれば鍵交換費用は大家負担が妥当とされていますが、これには法的拘束力がないため、通常は借主が鍵交換料を負担する前提とした賃貸借契約となっているケースが多いようです。

 

まとめ

部屋の賃貸借契約時にかかる費用をおさらいしましょう。

◆敷金
◆礼金
◆仲介手数料
◆火災保険料
◆前家賃
◆共済費・管理費
◆鍵交換費用

これらの一般的な費用を合計すると、大体家賃の約6~7か月分になります。部屋を借りるだけでも予想以上にお金がかかる!そう感じる人も多いのではないでしょうか。それに加えて引越しにかかる費用や新生活で必要なものを揃える費用など、一人暮らしではとにかくお金がかかるものです。

それらの費用を最低限に抑えるためには、部屋を選ぶ前にここでご紹介した費用の目安を参考としてかかる費用の総額を想定し、手持ちの予算内で収まるような物件を選ぶことが重要となってきます。とても大変な事ですが、それをクリアして良い形で一人暮らしライフをスタートさせましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-費用

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.