一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

キッチンの掃除

キッチン

簡単・きれい!一人暮らしのキッチンワンポイント掃除

更新日:

一人暮らしをしていると、他に同居人がいないのでつい掃除がおっくうになりがちですが、急な来客がきても慌てない程度には部屋をきれいにしておきたいものです。

中でも特に汚れやすく掃除も面倒なのがキッチン。そんなキッチン回りでぜひやってほしいのが「短時間ワンポイント掃除」です。

家の中で汚れに気付いたらその場所をさっと拭く、普段汚れやすい場所をピンポイントでちょっとだけきれいにしておく掃除です。キーワードは「汚れた場所だけきれいにする」。ひとつひとつの作業はとても簡単ですが、その積み重ねで驚くほど部屋がきれいになります。

スポンサーリンク

食の安全第一!冷蔵庫のワンポイント掃除

食料品を入れておく冷蔵庫の外側はよく手で触れるため手あかが付きやすいです。また、庫内野菜くずや食品、調味料などで汚れやすいため、そのままにしておくと衛生面でも心配です。

そんな冷蔵庫をきれいに保つ方法は以下の通りです。

  • 冷蔵庫に入っている食品や調味料の状態や賞味期限をチェックして腐らせない
  • 外側で1番手で触れる扉の取っ手は1日1回拭いておくのが理想。
  • 庫内に落ちた野菜くずや食べ物のカスは気づいた時にすぐ取り除く。
  • 庫内の汚れは気づいた時に汚れた部分だけ拭き取っておく。

冷蔵庫のワンポイント掃除のコツは、汚れの原因となる腐敗を防ぎ、汚れた部分をとりあえずきれいにしておくこと。それだけやっておけば大がかりな掃除をしなくてもそれほど汚れがひどくならずにすみ、また、衛生面でも安心です。

また先の話ではありますが、そうしておけば退去時の余計な出費も防げますのでぜひ実践してください。

 

レンジまわり・シンクまわりのワンポイント掃除でスイスイ汚れ取り

レンジまわりや水まわりは調理で飛んだ油やふきこぼし、食材から出た汁やゴミなど様々な要因でとても汚れやすい場所ですが、調理が終わった後すぐに軽くふいておくと驚くほど汚れが取れやすいです。

  • 調理が終わったらレンジ周りや周囲の壁をさっと水拭きする(油のこびりつき防止)
  • 雑巾でレンジ下の床をひと拭きしておく。(油は床にも飛びます)
  • シンクまわりは水拭きで水や汚れを拭き取る。(水あか防止)
  • 排水口の生ごみはそのつど捨てておく(悪臭予防)

レンジ周りやの汚れはついた直後はひと拭きでさっと落ちます。そのほとんどは洗剤を付けずに水で濡らした雑巾などで水拭きするだけで落ちます。

しかし油汚れや水あかは時間が経つほど落ちにくくなり、専用の洗剤を使っても汚れがとれなくなるため、とにかく早めの対処がレンジまわりをきれいに保つための大事なポイントなのです。

スポンサーリンク

よく使うからこそきれいにしたい!電子レンジのワンポイント掃除

一人暮らしでは特に電子レンジの出番が多いと思いますが、その回数が多いだけに汚れやすい場所でもあります。どんな汚れも時間が経つほどこびりついて落ちにくくなるもの。

ぜひ短時間でこまめな手入れを心がけましょう。

  • 手で触れる回数が多い取っ手や汚れが飛び散る庫内は1日1回の水拭きが理想。
  • 扉のガラス部分は汚れが目についたら汚れた部分をさっと拭いておく。
  • ターンテーブルの皿(あれば)の汚れはその都度拭き取っておく。

以上の事を日ごろから行っておくだけで汚れがつきにくくなり、見た目もきれいにしておけます。電子レンジもまた食べ物を直接入れる場所なので、清潔に保ちたいものです。

なお、庫内の汚れがひどいときはカップ一杯の水を1~2分チンして蒸気を出し、その後水拭きすると汚れが取れやすいです。また、ターンテーブルの皿は時々水洗いをしておくとよいでしょう。

 

炊飯ジャーを清潔に保つワンポイント掃除

炊飯ジャーは比較的小さくて掃除がしやすい家電ですが、ご飯のでんぷん質は時間が経つとこびりついて取れにくくなるため、すぐきれいにするのが清潔を保つコツ。できればご飯を炊くたびにきれいにする習慣をつけておきたいです。

  • 内釜とふたは取り外し、台所洗剤で丸洗いする。(時間がない場合は汚れた部分を水拭きだけしておき、後で洗っても良い)
  • 外釜の内部を水拭きする。
  • 炊飯器の外側を水拭きする。

炊き込みご飯を作った時は釜の内部のにおいが気になる事があります。そういう時は水を入れて炊飯スイッチを入れて水を沸騰させるだけでにおいが取れて除菌効果もあり、一石二鳥です。

なお、掃除以前の問題として、炊飯器の中に炊いたご飯を入れっぱなしにしておくとごはんがまずくなり、独特のにおいが気になりますので、炊いた後は釜から出して容器にとり、冷蔵庫などで保管しておくほうがベターです。

 

カルキ分がたまりやすい電気ポット・ケトルのワンポイント掃除

電気ポットやケトルも毎日使っていると汚れます。また、水道のカルキ分が固まって内部に付着し、お湯を入れた時その固まりがお湯と一緒に出てくることもあります。

汚れもカルキもついてすぐなら簡単に取れますが、時間が経つほど取れにくくなるため、汚れが気になったらすぐにきれいにしましょう。

  • ポットのふたは取り外し、台所用洗剤で洗う。
  • ポットの内部にクエン酸や専用のポット洗浄剤を入れて沸騰させてカルキを取る。
  • 電気ポットは内部の底にあるフィルターを取り外し、歯ブラシなどでカルキを取る
  • 外側は水拭きする。(とれない場合は住居用洗剤を少しつけた布で拭く)

ポット内部の掃除の際にたわしを使うと内部に傷がついて故障の原因となるためNG。スポンジなどやわらかいもので洗いますが、やけど防止のためポットが冷めてから掃除しましょう。

 

まとめ

汚れは時間が経つほど取れにくくなり、掃除が大変になりますが、逆に考えれば汚れに気付いてすぐ対処すれば簡単に汚れが取れ、掃除の手間も省けるということでもあります。

ワンポイント掃除は本当にすぐに終わる簡単な作業であり労力もほとんどいりませんが、そのほんのささいな労力の積み重ねでおどろくほど家がきれいになるものです。

少しの負担で清潔なキッチン回りと食の安全を保つワンポイント掃除。あなたもだまされたつもりでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-キッチン

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.