一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

荷造り

引っ越し

一人暮らしの荷造りは効率よく!引っ越しの荷造りのコツとは?

更新日:

引っ越しの荷造り・・・面倒に感じる人は多いのではないでしょうか?

引っ越すことに対しての期待もありますが、荷造りの大変さを考えると嫌になってしまいます。

  • どこから手を付けたらいいのか?
  • どのくらいかかるのか?
  • どのように梱包したらいいのか?

ちょっと考えただけで億劫になります。

しかし、荷造りにもコツはあります。今回はそんな面倒な引っ越しの荷造りを、少しでも楽に効率よくするにはどうしたらいいのか?そのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

一人暮らしの荷造りに必要なものを準備

ガムテープ

荷造りといえばまずダンボールが思い浮かびますが、その他にも準備するものがあります。ここでは、最低限準備しておくと便利なものをご紹介します。

  • ダンボール
  • ガムテープ
  • 荷造り用ヒモ
  • 油性ペン
  • はさみ
  • ゴミ袋

これらのグッズは、自分の荷物の量に合わせて揃えましょう。ダンボールは引っ越し屋さんが用意してくれる場合がありますが、実はタダではなく、ダンボール代がかかっています。

少しでも費用を浮かせたい方は、近所のスーパーやドラッグストアでダンボールを譲ってもらいましょう。油性ペンは、ダンボールに何が入っているのかを書くためのものです。

ダンボールはしっかりしたものを、ガムテープはなるべくちぎれにくい物を選びましょう。弱いものを使用すると、運んでいる間に破れて中身がこぼれてしまう場合があります。そうなると手間を増やすだけになるので、丈夫なものを用意するようにしてください。

ゴミ袋は、荷造りしている際に不要だと思ったものを、すぐ処分できるようにしたり、梱包の仕分けに使用したりします。

 

一人暮らしの梱包は普段使わないものからが鉄則

ルームウェア

服や食器などの「引っ越す直前まで使うもの」以外から梱包しましょう。

直前に使うものほど目につきやすく先に梱包してしまいそうになりますが、そうしてしまうとなかなか片付かない上に引っ越し前にバタバタしてしまう原因にもなります。そのため押入れやクローゼットの奥のもの、季節のものなどから先に荷造りしましょう。

 

普段使わないものから荷造りするメリットはもう一つあります。

普段使わないものが収納されている場所というのは、不要なものが多い傾向にあります。引っ越しは必要なものと不要なものを整理するいい機会ととらえて、新居には必要ないものはどんどん処分しましょう。

荷物が減れば手間も費用も省くことが出来ます。この時に気を付けたいのは、懐かしい写真や本などが出てきた時に思い出に浸らない事です。順調に作業していてもいつの間にかアルバムを見ていたという事は良くありますが、効率よく荷造りしたければ我慢しましょう。

また、箱に詰める時の注意があります。「重いものは小さい箱に、軽いものは大きい箱に入れるようにする」と運ぶ時に楽です。

スポンサーリンク

一人暮らしの引っ越した後の荷ほどきを考えて梱包しよう

クローゼット

やみくもに目についたものから箱に詰めていくだけでは、新居で荷ほどきする際に何がどこに入っているか分からなくなってしまう場合があります。

そうすると、片付かないダンボールがいつまでも部屋の片隅に置かれたままになってしまいます。引っ越した後にも楽が出来るように、梱包の段階で荷物をきちんと仕分けしましょう。

 

例えば洋服は、Tシャツ、パンツ、下着などの仕分けはもちろん、新居に行った時に箱からそのままクローゼットに入れられるように畳んでおきましょう。きちんと畳むことで箱にも収まりやすくなるのと同時に新居で畳み直す手間が省けるので、良い事づくしです。

また新居でラックにかけるものはハンガーにかけた状態のまま箱に入れましょう。新居でそのままラックにかけることが出来ます。

その要領で、収納する場所が同じものはなるべく同じ箱に入れるようにしましょう。梱包したら、箱の外に何が入っているか油性ペンでしっかり書いておきます。

書いておけば、どこに何が入っているか分かるだけでなく、引っ越し先に荷物を運んだ時、キッチンには食器類、寝室には寝具などダンボールを置く場所の調整がしやすくなります。

 

割れ物の梱包の仕方

新聞紙

食器や鏡などの割れ物は荷造りのなかでも注意したいものです。

引っ越し屋さんの割れ物専用ボックスを利用できればそれがベストでしょうが、なかなか費用が・・・という方はやはり自分でやるしかありません。そこでいくつか割れ物の梱包の仕方をご紹介します。

エアパッキンで包む

いわゆるプチプチです。これが一番安全な梱包方法でしょう。しかし、家にプチプチがある人はなかなか居ないので、購入する必要があります。

家の中の割れ物を全て包むにはそれなりの量が必要になってきますし、新居に引っ越して荷解きをすれば使い道がなくゴミになってしまいます。本当に壊したくないものを包むには最適です。

新聞紙で包む

パッキンより安全性は劣りますが、引っ越しの移動くらいでしたら割れずに運ぶことが出来ます。新聞紙は掃除にも使えるので、あると便利です。

しかし、近年ネットでニュースをチェックする人が増えているため、新聞が家にない場合も多いですし、こちらも引っ越した後はゴミになってしまいます。そうなると次の方法もおススメです。

タオルや洋服で包む

この方法はゴミも出ませんし、新聞紙よりは安全性も高くなります。なにより、タオルも服も必ず家にあるものです。

さらに全身鏡やテレビなどの大きいものは毛布でくるんでビニール袋に入れれば運びやすくなります。デメリットと言えば服がしわになる事くらいでしょうか。

このような方法があるので、状況に合わせてやってみてください。また、食器類は縦に並べるようにして箱に入れていきましょう。積み重ねるようにして入れると下の方の負荷がかかりやすくなる上に、運んでいる最中にずれて割れてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

いらないものは早めに処分(捨てる・あげる・売る)

リサイクルショップ

部屋の片づけをしていると、意外と出てくるのが不用品です。こまめに断捨離している人でない限り、ごみや不用品は思っているより出てくるものです。

処理しておかないと、新居に引っ越した後にも元の家にゴミ捨てするために通わなければいけません。そういったものはまた次の引っ越しの時の荷物にもなってしまいます。新居に不用品を運ぶとしても、その分の労力と費用がかかってしまいます。

そのため、不用品は計画的に処分しましょう。まだ使えそうなものは友人に譲るのもいいでしょうし、本、CD、洋服、食器などでリサイクルできそうなものは中古の買い取りをしているお店に売りに行くのもおススメです。

新居では何が必要で何が必要ではないかをよく考え、いらないものは思い切って処分しましょう。そうすると部屋も心もすっきりしますし、新居での生活も今までと違ったものになるでしょう。

 

まとめ

荷造りについてご紹介しましたが、良い方法は見つかったでしょうか?

最初のうちは楽しく感じますが、やっているうちにだんだんとやる気が損なわれていくのが荷造りです。やる気のあるうちにどんどん進めましょう。

私自身、4回の引っ越しを経験していますが、いつも思うのは「計画的に荷造りしておけばよかった」という事です。仕事や勉強の忙しさを言い訳に後回しにしてしまうと後が大変です。

自分は荷物が少ないと思っていても意外と多いものなので、早めに行動するようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-引っ越し

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.