一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

メモ帳とペン

必要なもの

一人暮らしの必需品【社会人】!意外と便利なものリスト

更新日:

一人暮らしを快適なものにするためのキーワードは「機能性」でしょう。

機能性を重視したグッズをそろえ、同時にできるだけ自分の行動の無駄を省き、日々の暮らしをシンプルにすることによって、一人暮らしは快適なものになるのです。

では、具体的にどうすれば、シンプルにして快適な生活を手に入れることができるのか。

ここでは、家事全般、つまり「料理、洗濯、掃除、片づけ、風呂回り」について、「これがあると、一人暮らしがより快適になるはず」という便利グッズについてお話ししましょう。

スポンサーリンク

ユニットバスの人は特に注目! 洗面器の機能性

キレイなユニットバス

洗面器は、昔はどの家庭にも必ずあるものでした。今でも、複数の人間が生活する家庭多くにはあるにちがいありません。

ところが、都会で一人暮らしを始めるとき、多くの人は洗面器を「不用品」とみなします。というのも、一人暮らし用の多くの物件のお風呂場が、いわゆるユニットバスで、「浴槽とシャワーだけ」というスタイルをとっているからです。

つまり、専用の洗い場がないということ。洗い場がなければ、洗面器は必要ありません。そのために、「洗面器なんて使い道がない」と考える人が多いにちがいありません。けれど、洗面器というのは、お風呂以外にも使い道のいろいろある便利な用具なのです。

たとえば、夏場など、汗を拭いたハンカチなどをちょこっと洗濯することもできます。あるいは、湯沸かし器をオンにしてから、実際にお湯が出るまでの冷たい水をためておくことも簡単にできます。これはつまり、水道代の節約につながるのです。

わずか数百円で手に入る洗面器は、一人暮らしの意外な便利グッズと言っていいでしょう。

 

レンジで焼き魚が作れる「お皿」

お皿とナイフとフォーク

一人暮らしの基本は「自炊」です。
自炊するかどうかで、一人暮らしの家計事情はまったく違ってきます。もちろん、自炊したほうが家計は助かりますから、経済的な余裕が生まれるのです。

その際、「魚は健康にいいからできるだけ食べたいと思うけれど、調理が面倒なので、どうしても敬遠してしまう」という人が少なくありません。多くの単身者共通の悩みといっていいでしょう。

 

そんな悩みを解消してくれる、一人暮らしで持っていると大変便利な調理器具があります。

それがレンジで焼き魚を作れるという、特殊な陶製のお皿です。特殊素材で作られたキッチン用品で、そこに生魚を乗せてレンジでチンすれば、焼き魚が出来上がるというすぐれもの。1000円前後で手に入ります。

さらに、レンジでご飯が炊けたり、カレーが作れたりという商品バリエーションもありますので、自炊のすべてを、まかなうことも可能です。

スポンサーリンク

大きな掃除機は不要 ハンディクリーナーのすすめ

掃除

一人暮らしの家事の中でも、もっともめんどうなのが掃除でしょう。

掃除は、しようと思わなければ完全にパスできる家事です。洗濯はそうはいきません。社会生活を営んでいる限り、洗濯を一切やめてしまうこてはできません。その点、掃除は人に見られることのない領域なので、「完全パス」も可能なのです。

とはいえ、忙しさにかまけて掃除を完全にパスしてしまえば、先に待っているのは「ごみ屋敷」でしょう。それを望む人は稀なはず。できればきれいな住環境を保ちたいと思うのが、ふつうの人間の感性です。

そこでおすすめしたいのが、ハンディタイプのクリーナー。最近はやりの高機能クリーナーは、一人暮らしの小さな住まいには必要ありません。一般的なふつうの掃除機すら、一人暮らしには必要ないのです。

ハンディタイプのクリーナーを1機用意すればそれでじゅうぶん。それを手元に置いて、気が付いたときに「ちょこっと掃除」をすればいいのです。それだけで、一人暮らしの住まいは清潔に保たれます。

 

ベッド下の収納ボックス

女性部屋のベッド

現在の日本人の大きな家事テーマの一つが「収納」でしょう。たとえば、夫婦でマンションを購入する場合、「収納スペース」が、物件選択のチェックポイントになります。

しかし、一人暮らしで、賃貸物件に暮らす場合、収納は大きなテーマになりません。そのため、ほとんど収納スペースのない物件をチョイスしてしまい、あとから「しまった」と後悔するケースが少なくありません。

そこでおすすめしたいのが、ベッド下のスペースの有効活用。ベッド下には100%「よけいなスペース」が存在します。そこを有効活用すれば、収納問題のかなりの部分が解決できるのです。

ベッド下に特化した専用収納用品が、千円台、2千円台で手軽に手に入ります。インテリアショップや量販店、あるいは通販を利用するといいでしょう。

自分のベッドのサイズに合ったグッズが必ず見つかるはず。どんなに小さな部屋にも「ベッド下」というスペースはあるのですから、収納スペースとして利用しない手はありません。

 

部屋干し用ハンガー

ハンガーラック

一人暮らしの家事の中で、意外な難物が「洗濯」です。洗濯自体は洗濯機が100%やってくれますから、まったく問題ありません。家事の中でももっとも簡単なものと言っていいでしょう。

では、どこが「難物」なのか。それは、「洗濯物を乾かす」という作業にあります。乾燥機をもっていれば、なんの問題もありません。しかし、独身で乾燥機完備の暮らしをしている人は少数派でしょう。

多くの人は、洗濯機で洗濯したあと、ベランダに干すにちがいありません。一人暮らしの場合、そこに「取り込み問題」が発生します。良い天気だからと洗濯してベランダに干したところ、外出中に雨が降って、洗濯物が台無しなんてこともありがちです。

そこでおすすめしたいのが、部屋干し用のハンガー。2千円も出せば、無理なく部屋干しできるグッズが手に入ります。そうしたグッズを使えば、外出中に洗濯物の心配をする必要がなくなるというわけ。

一種の「精神的保険」と考えることもできるでしょう。

 

まとめ

一人暮らしの、特に社会人のために「お役立ちグッズ」を5つ紹介しました。

  1. ちょこっと洗濯にも使える洗面器
  2. レンジで焼き魚が作れる「お皿」と、そのバリエーション
  3. 大きな掃除機不要、「ハンディクリーナー」があればOK
  4. ベッド下の収納ボックスで賢い収納
  5. これで安心、部屋干し用ハンガー

いずれも、ごく廉価で手に入るものばかりです。一人暮らしのための「初期費用」としては、リーズナブルすぎるといってもいいでしょう。

この5点をそろえるだけで、あなたの一人暮らしは格段に快適度を増すはず。ぜひおためしください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-必要なもの

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.