一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

電子レンジ

料理

一人暮らしの強い味方!電子レンジで楽々時短クッキング

更新日:

一人暮らしを始めてまず直面する問題は、毎日の食事をどう賄うかということ。

自炊が面倒だからといって外食ばかりではたちまち家計が火の車。また、外食やお惣菜は揚げ物や味の濃いものが多くて野菜が不足し、栄養も偏りがちです。

やはり節約と栄養バランスの両方を考えるとできるだけ自炊をするのがベストですよね。

 

ただ、疲れて帰ってきたのに自分一人の食事のためにガスコンロなんて使いたくない、

調理器具や食器をたくさん出したら食後の後片付けが面倒になると思う気持ちから自炊を煩わしく感じる人もいるでしょう。

そんな悩みを持つ人にオススメなのが電子レンジです。火を使う事なく調理器具も食器も最小限で時短クッキングができる電子レンジをぜひ活用しましょう。

スポンサーリンク

一人暮らしにおける電子レンジの特徴とメリット

根菜

電子レンジは波長が大変短い「マイクロ波」という電波を使って食品を加熱します。

そのマイクロ波が食材の中にある水分で摩擦熱を生じさせて短時間で加熱するしくみとなっています。そんな電子レンジは時短クッキングの強い味方。そのメリットは以下の通りです。

下ごしらえの時間を短縮できる

電子レンジを料理に利用するときに最も活用したいのが「茹でる」「蒸す」工程です。

食材を容器に入れたりラップに包んでチンするだけ。短時間で食材の内部まで火が通りますので、お湯で茹でるよりもかなり時間が短縮されます。

解凍がスムーズにできる

カチカチに凍った食材を自然解凍するとかなりの時間がかかりますが、電子レンジの解凍メニューを使うと短時間で食材の風味を損ねる事なく解凍できます。(ただし、中にはレンジで解凍するのに適さない食材もあるため、注意が必要です)

電子レンジの加熱は栄養素が壊れにくい

青菜などは水溶性のビタミンを多く含むため、お湯で茹でるとそれらの栄養分がお湯に流出してしまいますが、水分をほとんど使用せずに電子レンジで茹でるとビタミンの流出を
最小限に防ぐことができます。

光熱費の節約になる

「蒸す」「茹でる」過程を電子レンジで行った場合、ガスコンロやIHコンロで調理するよりも時間を大幅に短縮できるので、ガス代や電気代の節約となります。また、食材を茹でるための水もほとんど必要ないため、水道代の節約にもなります。

スポンサーリンク

一人暮らしで電子レンジ調理に使えるものと使えないもの

食器

時短クッキングにはもはや欠かすことのできない電子レンジですが、温める、調理する時に使える容器と使えない容器があります。

レンジ機能で使える容器・消耗品

  • 陶磁器 ※金銀の装飾や色絵のついたものは火花が出たり装飾がはげる恐れがあるため除く。
  • 耐熱ガラス
  • 耐熱140℃以上のプラスチック
  • ラップ
  • シリコン容器
  • キッチンペーパー
  • クッキングシート(揚げ物をカリッと温め直すタイプのシートを含む)
  • 電子レンジ用クッキングパック(レンジ機能で焼き魚が出来るパックなどを含む)

レンジ機能で使えない容器・消耗品

  • 金属容器
  • 金銀の装飾や色絵のついた陶磁器
  • アルミホイル
  • 金ぐし
  • 耐熱140℃以下のプラスチック
  • ポリエチレン
  • メラミン(子供用食器などに使われています)
  • フェノール・ユリア樹脂(びん容器のふたやプラスチック製の汁椀などに使われています)
  • 漆器
  • 耐熱性のないガラス
  • 紙製品・既製品(木や竹など)
  • 金網

レンジ機能で使えるものでも庫内が高温すぎると壊れたり変質するものがありますので、
可能な限り使う前に耐熱温度をチェックして使えるかどうかを確認しましょう。

 

一人暮らしレシピ:電子レンジで下ごしらえ

干ししいたけ

料理の下ごしらえは従来のやり方で行うと時間がかかり、なかなか面倒なものですが、電子レンジを使うと短時間で簡単にできます。

野菜を茹でる

水洗いした野菜を軽く水切りし、濡れたままの状態でラップにくるむ、耐熱皿に入れてラップでくるむ、電子レンジ専用加熱バッグに入れるなどして温める)

干しシイタケをもどす

  1. 耐熱容器に干しシイタケと水を入れてシイタケ全体を濡らす。(石づきを下にする)
  2. すきまをあけてボウルにラップをかけて加熱し、そのまま5分おく。

※加熱時間の目安:干しシイタケ4枚、水1カップで500Wで3分40秒、600Wで3分

豆腐の水切り

  1. 豆腐を厚手のキッチンタオル2枚で包む
  2. 耐熱皿にのせてラップを掛けずに加熱する。

※加熱時間の目安:豆腐一丁を500Wで4分、600Wで3分20秒

乾燥ひじき・切り干し大根をもどす

  1. 耐熱容器に乾燥ひじき(切り干し大根)と水を入れる。
  2. すきまをあけてラップをかけて加熱し、そのまま5分おく。
  3. ザルにあげて水洗いした後、水気を切る。

※加熱時間の目安:乾燥ひじき・切り干し大根それぞれ10gに水1カップずつ、500Wで3分40秒、600Wで3分

上はほんの一例です。ネットで検索すると他にも色々な下ごしらえの方法が出てきますので、ぜひ調べてみてください。

 

電子レンジで作る簡単時短料理

それでは電子レンジで料理を作ってみましょう。

まずは、安くて家計にやさしいもやしがメインで、火を使わずにさっと作れる超簡単レシピを2品ご紹介します。

もやしナムル

材料(2人分)

  • もやし1袋
  • 酢大さじ2
  • ごま油小さじ2
  • しょうゆ小さじ2
  • 塩コショウ少々
  • 味の素(あれば)少々

作り方

  1. もやしを洗わずボウルなど大き目の耐熱容器に入れる。
  2. ラップをかけてレンジで3分温める。
  3. 温めたもやしをざるに上げ、流水で粗熱を取る。
  4. 手で水気をよく絞り、再び耐熱容器に入れる。
  5. 調味料をすべて入れて混ぜ合わせる。

※備考

  • レンジの時間や調味料の分量は好みで加減してよい。
  • 薬味にゴマ、七味唐辛子、青のりを好みで追加。
  • 辛い方が好きな人は、ごま油の代わりにラー油を入れてもよい。

豚肉と韮もやしのピリ辛

材料(2人分)

  • もやし1袋
  • 豚肉スライス100g
  • ニラ1/4 束
  • 人参1/2本
  • 醤油大さじ2
  • 酢大さじ1~2(好みにより調整)
  • 砂糖小さじ2
  • コチュジャン小さじ1~2(好みにより調整)
  • ごま油大さじ1/2
  • おろししょうが1かけ分
  • すりごま大さじ2

作り方

  1. もやしは洗ってザルで水をよく切る。豚肉は火が通りやすいように小さめに切る。人参は細切りにする。
  2. 調味料は混ぜ合わせておく。
  3. 耐熱容器にもやしを入れ、ニラとニンジンをのせて手で底から全体を大きく混ぜ合わせる。その上に豚肉を重ならないようにして乗せる。
  4. ラップでカバーをしてレンジ強(800W 4分、600W 5分弱)で加熱。
  5. 電子レンジ調理中に出た水分は捨て、合わせた調味料を加えて全体を和える。

※材料は2人分となっていますが、上記の半分の量で1回分作ってもいいですし、上記の分量そのままで多めに作って次の日のお弁当のおかずなどにしてもよいでしょう。

まとめ

ここでご紹介した電子レンジで簡単、便利に時短クッキングをするための予備知識および調理方法の概要は以下の通りです。

  • 電子レンジで調理するメリットは大きい。
  • 調理に使う容器や消耗品には電子レンジで使えるものと使えないものがある。
  • 下ごしらえは電子レンジを使うと大幅に時間短縮できて簡単。

上記のポイントを押さえておけば、面倒な自炊も楽しく出来ることでしょう。

今はインターネットで検索すればいくらでも電子レンジを使う簡単なレシピがありますので、自炊に少し慣れてきたらそれらのレシピを元に料理のレパートリーを増やすといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-料理

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.