一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

ヒラメキ

部屋

一人暮らしの防災!火災の予防策、初期消火のコツ、避難の注意点とは?

更新日:

数ある災害の中で最も恐ろしいものの1つが「火災」です。一度起こると家や家財道具はおろか、人命まで失いかねません。また、運よく助かったとしても、自分が出した火事で隣近所の家まで燃やしてしまえば、何らかの賠償責任を取らざるを得ず、それがきっかけで人生が狂ってしまう事もありうるでしょう。そんな恐ろしい火災を起こさないようにするにはどうすればいいか?一人暮らしの場合はどんな事に留意すればいいかについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

部屋の中で「火元」となりそうなものをチェック!

火災の多くはちょっとした気の緩みから起こります。たばこの消し忘れなどが原因の小さな火種があっという間に大きくなり、アパート全体を焼けてしまうなんて事も珍しくはありません。
では、主に火災の原因となる火元をチェックしてみましょう。

・たばこ(消し忘れ、寝たばこ)
・コンロ(油や周囲への引火)
・暖房器具(カーテン、ふとんなどへの引火)
・コンセント(コンセントの差し込み口にたまったホコリへの引火、ショート)
・コード(束ねることでコードに高熱が発生し火災の原因に)
・照明器具(白熱電球が高熱になり、燃えやすいものに引火の可能性あり)
・キャンドル、お香(燃えやすいものへの引火)
・古新聞、古雑誌(燃えやすいもののそばに置いておく事による引火)

思い当たる節はありませんか?上記のような状態になっている場合は、すぐに燃えやすいものをどかすなどして火災の原因を取り除きましょう。

スポンサーリンク

自分の部屋を「火元」にしないための予防策

上の項目で火事の原因となりそうな場所を確認しました。今度はそれらの場所から火災を発生させないために留意しなければなりません。わずかな不注意、小さな火が大きな火災につながります。
以下、火災になりやすい場所別の注意点です。

【たばこ】
火を完全に消す(灰皿に水を入れる)
灰皿に火のついたたばこを置いたままにしない
寝たばこは厳禁
【コンロ】
壁から離して設置し、周りに燃えやすいものを置かない
ちょっと離れる時でも必ずそのつど火を消す
【コンセント】
差込口はこまめにチェックしてホコリを取る
【コード】
束ねたまま使わない(高熱が発生するので)
コードの上に家具などを乗せない(圧迫で加熱、発火の恐れがある)
【照明器具】
電球の近くに燃えやすいものを置かない
【キャンドル・お香】
消し忘れや転倒に注意
【古新聞・古雑誌】
放火される恐れがあるため、外に置かない

 

日ごろから火災に備えておこう

日ごろからどんなに気を付けていても、火災が起きてしまう事はあります。例えば火を使っている時に大きな地震が起きたらもはや火災を事前に防ぐことなど不可能な場合もあるからです。ですから、いざ火災が起きた時に慌てる事がないよう、日ごろから備えておきましょう。

■消火器の位置を確認しておく
建物内のどこに消火器があるかを確認しておくと、いざという時に慌てずに済みます。
■消火器の使い方を確認しておく
消火器があっても使い方がわからないと役に立ちません。ネットで検索する、防災訓練に参加するなどして消火器の使い方を一通り覚えておく必要があります。
■小型の消火器を自宅に常備しておく
自宅にも小型の消火器を常備しておくとよいでしょう。最近出回っているスプレー式のものがお勧めです。
■水を汲み置きしておく
浴槽に水を汲み置きしておくと、消火器がなくても火災の初期消火は可能です。

 

自分でできる初期消火のコツ

家の中で火災が発生した時、その火が小さければ初期消火で被害を最小限にとどめる事も可能です。ここでは主に火が出やすい箇所の初期消火の方法を紹介します。
【鍋やフライパンへの引火】
・蓋をして火が大きくなるのを防ぐ
【カーテン】
・火が天井に燃え移る前にすぐに引きちぎってレールから外す
・靴やスリッパで踏む、水をかけるなどして消火する
※予防として防災性の布を使ったカーテンを使うとよい
【タバコ】
・灰皿のみならず広範囲にわたって水や消火剤をかけて消火する。
※タバコの火災で最も怖いのは、煙や炎を出さずに燃える「無炎燃焼」です。その場合数時間後に炎を上げて燃えだすこともあります。広範囲を消火するのはそのためです。
【着衣】
・脱げるものはすぐに脱いで足で踏むなどして消火する
・水をかぶって消火する、浴槽に残り湯があればそこに飛び込む
・近くに水がない場合は転がりながら火を消す
【髪の毛】
・衣服やタオルなどを頭からかぶる(化繊の素材は避ける)

 

避難する時の注意点

天井に火が燃え移ったらもはや自己消火は不可能。すぐに避難しましょう。避難時に留意すべき点は以下の通りです。

■しっかりドアを閉める。
火元の空気を遮断して少しでも火災が広がらないようにするのが重要です。
■着の身着のままで避難する
火が燃え広がるのは想像以上に早く、一酸化中毒などの有害ガスを含む煙が瞬時に部屋に充満します。火や煙に巻かれる前に避難することで命を守りましょう。
■煙を吸わない
火災で死亡する原因の多くは煙を吸い込んだ事による呼吸困難です。
避難するときは姿勢を低くし、濡れたハンカチやタオルを口に当て、煙を吸わないように気を付けましょう。
■階段は後ろ向きに降りる
階段を下りて逃げる場合は、煙で視界が悪く足を取られやすいため、体を低くし、手足をついて後ろ向きに這うような姿勢で下りましょう。
■絶対に戻らない
一度避難したら絶対に戻ってはいけません。持ち出したい大事なものがあっても、です。
戻れば命がありません。

 

まとめ

火災は一瞬にして広がり、何もかもを焼きつくしてしまう怖いものですが、日ごろから予防に努めていればそうそう簡単に起こるものではありません。また、いざという時の対処法を心得ておけば、万が一火災の被害に遭った時でも混乱することなく対処することも可能です。ある程度の心の準備をしておくことで怖い火災の被害を最小限に食い止めることもできますので、必要以上に恐れることなく、冷静に対処できるよう日ごろから防災や避難法について時折確認しておくとよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-部屋

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.