一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

引き出し

キッチン

一人暮らしの収納にも使える!牛乳パック9つの活用法(キッチン編)

更新日:

キッチン回りは大きさが不揃いなこまごまとしたものが多いため、収納スペースに中々きれいに収まらないのが悩みです。

そんなキッチン回りの小物する方法のひとつとしてぜひ使ってみてほしいのが牛乳パックです。軽くて厚くて丈夫な上に加工が簡単なので様々なシーンで大活躍。ゴミとしてすぐに処分するにはもったいないすぐれものです。

ここでは食品、調理器具やカトラリー類の仕切りなどの収納から、「こんな使い方もあるのか!」という裏ワザまで、さまざまな牛乳パックの活用法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

牛乳パック活用前の下準備

はじめに、飲み終わった後の牛乳パックを利用する前の下準備をします。

1.飲み終わった牛乳パックは牛乳や飲料の成分が残るとカビや悪臭の原因となるため、洗剤を使って内部の奥まで丁寧に洗った後、水でよくすすぎます。

2.牛乳パックを逆さにし、中まで完全に乾くまでよく乾かします。
内部ににおいをこもらせずに早く乾かすため、口の部分をふさがないように気を付けましょう。

3.1、2の後もにおいが気になる場合は、乾いた牛乳パックに消毒用エタノールや重曹水を含ませた布でよく拭くとにおいが軽減されます。

次は、牛乳パックを加工するために必要な道具を揃えます。

採寸:ものさし メジャー(引き出し内仕切りなどを作る場合)
加工:ハサミ カッターナイフ 両面テープ セロハンテープ のり

※収納グッズなどに加工する場合は複数の牛乳パックが必要となるため、ある程度の数を集めてすぐに加工できる状態にしておくことをおすすめします。

 

調理器具やカトラリーの収納

おたまや菜箸、フライ返しなどのごちゃごちゃしがちな調理器具やカトラリー類は、牛乳パックの収納を利用して使いやすくしましょう。

☆引き出し用仕切りの作り方
1.仕切りに使いたい数だけ空の牛乳パックを用意する。
2.パックの口を両方開いて牛乳パックの1側面をカットする。
2.引き出しの幅や高さに合わせて仕切りを作る。
3.それぞれの仕切りに調理器具やカトラリー類を分別しながら入れる。

☆シンク下収納用仕切りの作り方
1.牛乳パックを2つ用意し、それぞれの1側面をカットする。
2.2つのパックを口が開いている方を内側にして組み合わせる。
3.左右にずらして長さを調整できるようにします。これを2、3組作る。
4.仕切りの長さを収納するものの長さに合わせて調整してシンク下に置く。

※2つのパックを組み合わせて伸縮可能にすることで長さがまちまちの調理器具やカトラリーをすっきり取り出しやすく収納できます。

スポンサーリンク

食器(皿・小鉢)の収納

平らに置くと場所をとる皿は、牛乳パックで仕切りを作って収納すると場所を取りません。また、小鉢やカップ類の収納もOK。食器棚、シンク下収納の両方に使えます。

☆皿用仕切りの作り方
1.牛乳パックの1側面をカットする。
2.底の部分を手前に向けて棚に置き、その中に皿を立てかける。

※こうしておくと必要に応じて手前に引き出して使えます。
すっきり見せるコツは、仕切りに入れる皿の大きさを揃えることです。

☆小鉢用仕切りの作り方
1.牛乳パックの1側面をカットし、注ぎ口を閉じて箱状にする。
2.直径がパックの幅より短い小鉢やカップ類を並べて入れる。
※牛乳パックは厚手の紙で丈夫にできていますが、陶磁器やガラスの食器は重いのでたくさん入れるとその重さでパックが破れますので、一つあたりに入れる食器の量はほどほどにしましょう。

 

食品・調味料の収納法

食品や調味料も牛乳パックの仕切りで上手に整頓するとすっきり収納できます。

☆長さのある食品の収納
大根など長さのある野菜やパスタは牛乳パックの長さを生かして収納しましょう。

作り方
1.牛乳パックの1側面をカットしたものを2~3つ用意する。
2.両面テープなどで横につなげ、開いた注ぎ口を手前にして収納スペースに並べる。
3.2に食品を挿しこんで収納する。

☆チューブ入りの食品・調味料の収納
牛乳パックの仕切りにチューブを逆さにして立てかけるとチューブが倒れません。
冷蔵庫のポケット収納などに適しています。

作り方
1.1/3~半分程度にカットした1Lの牛乳パックを冷蔵庫の扉ポケットに並べて入れます。
2.それぞれのパックにチューブを逆さにして入れる。

☆小物の収納
お店でもらえるわさびなどの調味料の小袋は、種類別に分別すると便利です。

作り方
1.1Lの牛乳パックで5~10cmの高さの箱を複数作る。
2.1の箱を両面テープでつなぐ。

 

こんなものにも使える!裏ワザ的利用方法

最後に、牛乳パックの特性を生かした裏ワザをご紹介します。

☆料理などの一時的な保存容器
耐水性のある牛乳パックは、1度で食べきれなかった料理を一時的に保存する容器として使えます。元々液体は入っていたものですから、スープなどの汁気の多いものでもOKです。

作り方
1.牛乳パックの底から10cm~15cmの高さに切り、容器本体を作る。
2.注ぎ口を閉じたところからパックを2~2.5cm程度の高さに切り、ふたを作る。

本体に残った料理を入れてふたをして保管し、食べ終わったら軽く洗って捨てると食器を洗う手間が省けます。

☆生ごみ入れ
空き牛乳パックをそのまま生ごみ入れにする事もできます。
シンクの隅に三角コーナーの代わりに口が開いた牛乳パックを置き、そこに生ごみを捨てるだけ。生ごみがたまったら口を折ってふさぎ、そのままゴミ袋にポイすればOK。
ほとんど手を汚すことなく簡単に生ごみの処理ができます。

 

まとめ

そのままなら資源ごみや燃えるごみとして処分してしまう牛乳パック。ただ同然なのに下手な市販のグッズよりもよっぽど有効に使えます。

ここではキッチン回りの収納などごく限られた使用方法をご紹介しましたが、キッチンのみ、収納のみならず、実に驚くほどの再利用の方法がありますので、興味がある人はぜひWebなどで調べてみてください。

普段から牛乳を飲む人はもちろん、コンビニで安価で売られている紙パックのコーヒー牛乳やジュースなどを飲む事が多い場合は、ぜひその紙パックを有効に再利用することをおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-キッチン

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.