一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

浴槽の掃除

部屋

梅雨の時期は要注意!浴室、洗面所、トイレのカビ対策とは?

更新日:

一人暮らしだと家を空けることも多いため、蒸し暑い時期は湿気が気になります。

特に気になるのが梅雨時期。知らないうちに壁に真っ黒なカビがびっしり・・・なんてこともしばしば。そうなるといったん生えてしまったカビを取るのは一苦労です。

そんなカビは生えた後の対処よりもまずは予防第一です。カビの元である湿気を防ぎカビの発生を発生させない事が重要です。

ここではバス・トイレまわりやクローゼットなどの簡単なワンポイントカビ対策でカビを防ぎ、不快な梅雨を乗り越えましょう。

スポンサーリンク

浴室のカビ対策

家の中で一番カビが生えやすいのはなんといっても浴室です。浴槽やシャワーのお湯から出る蒸気や壁に飛び散るお湯に加え、垢、石けんやシャンプーの泡など、どれもカビが喜びそうなものばかり。

放っておけばすぐに浴室がカビだらけになってしまいます。そんな浴室のカビは、原因となる要因を取り除くのが一番です。

お風呂上りのさっとひと拭き&こまめな換気

・お風呂上りに乾いた古タオルなどで壁の水分を拭き取り、換気を怠らないことです。浴室内の水分をできるだけ減らす事が最も重要です。

・浴槽も濡れているうちに浴槽についた垢などの汚れと一緒に古タオルで拭き取ってしまえば浴槽もきれいになり、次の日すぐに浴槽にお湯を張ることができます。

・シャワーヘッドやホース、水道のカランやシャンプーの容器などについている水分も同時に拭き取っておくと完璧。

・カビ防止に最も大切なのは換気です。窓を開けるのが理想ですが、それが難しければ換気扇で定期的に換気を行いましょう。

 

洗面所のカビ対策

洗面所は毎日洗顔や歯磨きに使う場所。洗面台のシンクまわりには意外と水がたまり、それが原因でカビが生える事も少なくはありません。

また、鏡に水が跳ねてそのまま放っておくと鏡が曇って不便です。そんな洗面所まわりもカビを予防する為に最低1日1回は軽く拭く習慣をつけておくとベターです。

洗面台や鏡もお風呂上りにさっとひと拭き

お風呂上りに浴槽や浴室の壁についた水分を拭き取るついでに洗面台や鏡についた水分や汚れも拭き取ってしまいましょう。

一人暮らしの部屋の多くは洗面所と浴漕が同じ場所にありそれほど広いスペースではないため、時間はそれほどかからないでしょう。隅々まできれいにする必要はなく、ただ水分を拭き取る事を目的として軽くふけばOKです。

これだけで水道の蛇口の水垢もカビも防ぎますので、大掃除で大変なカビ取りをする手間が省けます。

スポンサーリンク

トイレのカビ対策

トイレもカビが生えやすい場所ですが汚れとにおいも気になるところです。

特に便器のふちは排泄物の汚れがこびりつきやすく、カビが生えるほど放っておくと汚れとカビがこびりつき、しっかり掃除をしてもなかなか取れなくなりますので要注意。

トイレ直後の簡単掃除が最も効果的

トイレの中で最も汚れやすい便器はカビが生えやすい場所でもあります。できれば用が済んでトイレを出る前にトイレブラシで軽く便器の中を洗い、便器のふちについた汚れをトイレットペーパーで軽く拭き取りましょう。それだけでもトイレ内のにおいの発生を抑え、便器をきれいに保てます。

また、トイレを流す時便器のふたを開けたまま流すと汚れた水が床や壁に飛び散りやすくそれがカビの原因となりますので、用が済んだあとは便器のふたを閉めてから流すとそれだけで床や壁につくカビを予防できます。

 

クローゼットのカビ対策

湿気が多い時期にカビが生えやすい場所といえばクローゼットです。

普段は扉を閉めておくため湿気が中にこもりカビが生えやすくなりますのでカビ対策は必須です。しばらく着なかった服を出した時そこにカビが生えていた・・・そんな悲しい事態を防ぐためにも、クローゼットのカビ対策を忘れないようにしましょう。

定期的にクローゼット内の空気を入れ替える

梅雨の合間のカラッと晴れた日はクローゼットの扉を開けて空気の入れ替えをはかり中にこもった湿気を追い出すことです。

天気予報で一日中晴れて湿気が少ないとわかっている日は外出前に扉を開けっ放しにして出かけましょう。それだけでも内部に湿気がこもることを防ぎカビの予防になります。

更にクローゼットの片隅に市販の室内用湿気取りを置いておくとベターです。ホームセンターやドラッグストアに3個200円弱で売られていますので、それを買ってクローゼットに置いておき、そこに水がたまったら新しいものに取り換えておきましょう。

 

シューズボックス内のカビ対策

靴は長く履いているものですので足から出た湿気で蒸れます。また、雨の多い日は靴が濡れてさらに湿気がたまります。

もしそんな状態でそのままシューズボックスの中に入れるようなことがあればあっという間に内部が湿気で一杯になり、靴にもすぐカビが生えてしまいます。特に革靴にとってカビは大敵。しっかりとカビ対策を行いましょう。

靴をしまう前にしっかり乾燥させよう

脱いだ靴はしまう前にしっかり乾燥させることが重要です。

雨の日は特に念入りに乾かしましょう。濡れた靴の水分を拭き取り、中が濡れたら新聞紙を丸めていれて湿気を取るなどし、しばらく玄関先で乾燥させておけばシューズボックスに余計な湿気が入るのも防ぎ、カビの発生を予防できるだけでなく、靴を長持ちさせることができます。

また、カラッと晴れた日には扉を開いて内部を乾かし、市販の湿気取りや靴用の乾燥剤を入れておくとさらに効果的です。

 

まとめ

梅雨時期は部屋のあちらこちらにカビが生えやすくその対処に頭を悩ませることの多い時期ですが、ちょっとした心がけひとつでカビの発生を防ぎ快適に過ごせます。

今回は、カビが特に生えやすい場所のカビ対処法について説明してきましたが、それ以前に一番大切な事があります。それは日ごろから部屋全体の換気を意識して行い、部屋の空気をできるだけ入れ替えることです。

梅雨の合間の晴れた日に窓を開けるのはもちろんですが、雨続きでそれができない場合は扇風機や換気扇などで部屋の空気を動かし、さらにエアコンを使って除湿すると内部に湿気が必要以上にたまることを防ぎ、カビの発生を抑えることができます。

「カビの予防はまず部屋の換気から」。それを普段から心がけると梅雨の時期でも部屋で快適に過ごせるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-部屋

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.