一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

砂時計とグラフ

費用

一人暮らしのお金管理術!浪費を抑える毎日の習慣とは?

更新日:

一人暮らしをする時に気を付けたいのが、お金の使い方です。特に実家を出て初めて一人暮らしをするという人は要注意です。

収入=お小遣いといった感覚でいるとお金というのはあっという間になくなってしまいます。

収入の中で全てのやりくりをするというのは実際にやってみると分かりますが、金銭感覚が重要になってきます。

今まで特に何も考えずに浪費していたという人は、気付いたらお財布の中身が空っぽになっていた!なんてことがないように日々の暮らしの中で少しだけ気をつける生活をしてみませんか。

スポンサーリンク

意外とできちゃうお財布ナシ生活

財布の中を確認

浪費を抑える1つ目のポイントは、現金を持ち歩かないことです。

お財布を空けてお金が入っていると、ついつい使ってしまうという人は多いはずです。逆にお金が入っていなければ当然ですがお金は使いません。

といっても、一人暮らしですと日用品や食費などを購入するということもありますから、完全にお財布を持たずに外出するのはちょっと不便ですね。

ですがここは敢えてお財布を持ち歩きません。食品などはまとめて週末などに買うことにして、平日は一切お金を使いません。勿論、便利なネットショッピングも控えましょう。

スマホケースや手帳などに万一のためのお金として千円だけ忍ばせておいて、平日はお金を遣わないようにしてみませんか。その時にキャッシュカードやクレジットカードも勿論持ち歩きません。

今まで衝動買いが多かったという人なら尚更、効果は絶大です。お金がないから買うのを諦める、もしどうしても欲しかったとしても一旦時間を置いてみるとそれほど必要じゃなかったかなと改めて考えることもできます。

始めのうちは物欲を抑えることに苦しさを感じるかも知れませんが、慣れてくれば物を買う前に一旦考えるということが当然のようになってきます。

 

上手なお付き合いが必要なクレジットカード

クレジットカード

お金がない時でも気軽にお買い物ができて便利ということで、ついカード払いにしてはいませんでしょうか。ポイントがつくからお得な感覚があり、数百円のものを購入するにもカード払いにするという人もいます。

クレジットカードは金銭感覚がきっちりしている人はいいですが、一人暮らしを始めたばかりで全ての家計を一人で管理をする初心者にはお勧めできません。

ポイントがつくとはいいますが、多くのクレジットカードの還元は1%です。千円のお買い物をして10円分のポイントがつく計算ですね。

今の日本の金利はゼロ金利と呼ばれるほど低金利なので1%というと大きく感じますが、それは本当にお得なのでしょうか。人の心理からいって、お財布に入っている千円を使うのと、カードで千円を使うのではお金の重みが違います。

毎日非常用に持ち歩いている千円だとすると、心理的に使いにくくなるはずです。

電子マネーも便利で利用している人は多いですが、レシートがない時など家計の管理が難しくなってしまいますので、非常用に持つとしても1ヶ月これだけと上限を決めておくことが良いです。

カードは未来の自分に借金を背負わせているということを忘れずに、お金の管理がきちんとできるようになるまでお預けにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ストップ!自分にご褒美、プチ贅沢

ショッピング

何かというと、自分にご褒美なんていって贅沢をしてはいませんでしょうか。

生活に潤いを持たせるために、ある程度のご褒美は必要かも知れませんがそれが日常的になっていたら要注意です。

今日頑張ったからいつもより高いランチを食べに行ったり、仕事で疲れているからとスイーツを買ったりと、特別浪費はしていないつもりでも回数が多ければお金はかさんできます。

毎日仕事をするのは当然のことですし、みんな毎日頑張っているわけであってあなただけが頑張っているのではありません。

その当然のことにいちいちご褒美なんていっていたらお金はいくらあってもキリがありません。

また物を購入したり、といった物欲を満たすご褒美はあまり幸福感が持続しないものなのです。マーケティング業界でバイヤーズリモースという専門用語がありますが、購入した時がテンションのピークであとは下り坂となってしまいます。

幸福感が持続しないから、それほど時間が経過しないうちにまたご褒美を買ってしまうものなのです。

 

誘惑の多いコンビニは出入り禁止に

コンビニ

浪費を抑えるために極力避けたいのが、コンビニです。24時間営業でいたるところにありますからつい便利で立ち寄ってしまいますね。

コンビニで支払いをしたいからと利用するのは結構なのですが、なんとなく時間が空いたから、特に目的もないのに立ち寄るのは止めたいです。

コンビニの商品はスーパーやドラッグストアと同じ商品を置いていたとしても定価販売ですので、割高になります。また新製品を多く揃えていますから、新しい物が好きな人には誘惑の多いお店です。

品揃えにも特徴がありますが、コンビニは狭い店舗に色々な商品を置いているため、1つの商品の種類数が少ないのです。実は人は選択肢が少ない程購入する確率が高くなってしまい、選択肢が多すぎると迷って購入を控える傾向にあります。

コンビニには浪費の誘惑しかありませんから、夜中や早朝にどうしても必要なものがあったという非常時に行くだけにして、あとはできる限り避けましょう。

 

給料日前は待ちに待った浪費デー

豪華な海鮮丼

最初から自分に厳しくしてお金を使わない生活をスタートしたとしても、いつかは疲れが出てしまいます。それに慣れてしまえばいいのですが、いままで特に何も気にせずお金を使っていたというのなら、尚更リバウンドがきます。

節約生活をしすぎて反動でお金を使ってしまったり、先月はこれだけ頑張ったからと大きな買い物をしてしまっては意味がありません。ですから敢えて浪費をする日を決めてしまいましょう。

なお、浪費デーは給料日前がベストです。

大抵の人が給料日前というのはお金がない時期ですが、この時期を乗り越えて給料を手にすると今まで耐えてきた反動でお金を使ってしまいがちです。

ですから毎月給料が入ったなら、1ヶ月後の浪費デーのためにお金を封筒などで分けておいておきましょう。

そして給料が入ってから1ヶ月は日常から浪費をしないように気をつけて生活をします。待ちに待った給料日前の浪費デーにはその封筒からお金を出して、自分の好きなことに使ってみてください。

ちょとしたポイントなのですが、自分へのご褒美は体験型の浪費が好ましいです。

楽しかった経験などの記憶は、物を買った時に得られる幸福感より持続しやすく満足度が高くなります。日帰り温泉に行く、仲の良い友達と果物狩りに出掛けるなど、満足度が高ければまた1ヶ月頑張れるはずです。

 

まとめ

  • 非常時用に千円だけを忍ばせておいて、お財布を持たない生活をする
  • 脱クレジットカードでいつもニコニコ現金払い
  • 自分に甘いだけのご褒美やプチ贅沢をやめる
  • コンビニは利用しない
  • 月イチで浪費デーを作る

カードや電子マネーを利用せずに現金生活を送ることで、一ヶ月の収支は把握しやすなります。給料が入ったら通帳から必要なお金だけ引き出して、普段はお金を持ち歩かない生活にします。

買い物の回数が減れば家計管理も減り、浪費も自然と減っていきます。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-費用

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.