一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

一人暮らしの引っ越し費用が安い一括見積もりサイトのおすすめランキング

一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?

新生活を始めるために、2月~4月にかけて引っ越しをして一人暮らしをする新社会人はたくさんいます。

学生の時はお金がなくて厳しくても、社会人になれば安定した収入を得られるのでこのタイミングで一人暮らしをするのは珍しくありません。

しかし、一人暮らしを始めるには引っ越しをしなければならず、様々な悩みが出てきます。

トータルでどのくらいの費用が発生するのか?

スムーズに新生活を始められるのか?

どのように荷造りをすれば良いのか?

これらの中でも引っ越し費用に関する悩みは多く、家族での引っ越しと比較して料金は安くても荷物の量や移動距離によっては大きな負担となるのです。

そこで、一人暮らしの引っ越しを考えている新社会人の方は、一括見積もりサイトを利用しましょう。

複数の業者から費用の見積もりを出してもらって比較できるのが一括見積もりサイトで、このサービスの登場によって従来の電話帳やチラシが主体だったスタイルが大きく変わりました。

利用することでどんなメリットがあるのかまとめているので、一度確認しておいてください。

一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分かる

新社会人は必然的に2月から4月にかけての繁忙期に引っ越しを行う形となり、他の時期と比べると費用が割高となります。

移動距離によって費用が変わるのが特徴で、一人暮らしの場合で相場がどのくらいなのか見ていきましょう。

距離 荷物小 荷物大
15㎞未満の同市区町村 39,259円 52,975円
50㎞未満の同都道府県 47,620円 58,198円
200㎞未満の同一地方 45,822円 71,510円
500㎞未満の近隣地方 53,211円 91,084円
500㎞以上の遠距離地方 67,202円 111,650円

あくまでも目安なので一概には説明できないものの、荷物の量が多ければ多いほど、移動距離が長ければ長いほど高くなる傾向があります。

更に引っ越し業者によって料金設定が異なるのが厄介で、「単身者は○○○○円」と決められていません。

だからこそ一括見積もりサイトが大いに役立ち、一人暮らしの引っ越しで発生する費用の大まかな相場が分かります。

引っ越し元や引っ越し先

人数

時期

荷物

これらの項目をインターネット上で入力するだけなので非常に簡単ですし、「自分の引っ越し料金は一体いくらなのか?」と悩んでいる方におすすめです。

複数の引っ越し業者の見積もりを取って料金で比較できる

一括見積もりサイトへと登録することにより、複数の引っ越し業者の見積もりを取って料金で比較できるメリットがあります。

引っ越し業者は大手のサービスから地域に密着したところなど様々で、代表的なサービスを幾つか挙げてみました。

アート引越センター

サカイ引越センター

アリさんマークの引越社

クロネコヤマトの引越

アーク引越センター

ハート引越センター

ダック引越センター

ハトのマークの引越センター

これらの会社から見積もりを取り、一番安いところを選んで契約できるのです。

もちろん、料金以外にも選ぶポイントは幾つもありますし、「A社よりもB社の方が少し安いけれどサポートが良いからA社にしよう」と自分なりに比較するのも良いでしょう。

1つのフォームへと入力するだけで複数社に訪問見積もりの依頼ができる

「複数社に見積もりを依頼する際に、一括サイトを使わなくても自分で引っ越し業者に電話すれば良いのでは?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

確かに、幾つかの引っ越し業者をピックアップして電話やメールで連絡するのは方法の一つですが、面倒なのが大きなデメリットです。

一方で一括見積もりサイトを利用すれば、1回の入力だけで複数社への訪問見積もりの依頼をしてくれます。

  1. 一括見積もりサイトの公式サイトへとアクセスする
  2. 引っ越し先や電話番号などの個人情報を入力する
  3. 最大で10社程度の引っ越し業者へと見積もりの依頼を代わりに行ってくれる
  4. 早ければ当日、遅くても翌日には複数社から電話やメールで連絡が入る

上記のような流れとなり、一つ一つ自分で調べて電話をしたりメールで問い合わせたりするのは無駄な時間を費やしやすいのです。

一人暮らしをするためには引っ越しだけではなく、電気やガスなどのライフラインの手続きも必要で準備や段取りに時間がかかります。

スムーズに新生活を始めるためにも、業者選びにかかる時間と手間を軽減できる一括見積もりサイトが大いに役立つのです。

引っ越し料金の値引き交渉が簡単にできる

一括見積もりサイトへと登録して複数社に依頼した場合、ライバルがいることを理解しているので簡単に値引き交渉ができます。

  1. 料金で比較してみてA社とB社の2つの業者が安かった
  2. A社の方が安いがB社の方が知名度が高くてサポートが良い
  3. B社へとA社で見積もってもらった金額を掲示して交渉する
  4. A社よりも料金が安くなればB社に依頼する

こういった流れで交渉ができ、場合によっては見積もり金額の最低額が最高額よりも50%程度安くなるケースも少なくありません。

適正価格を把握したり値下げ交渉をしたりするのは引っ越しにおいて大事なポイントとなります。

一人暮らしの引っ越しでも移動距離が長ければそれなりに費用が高くなるので、一括見積もりサイトを有効活用してみましょう。

 

一人暮らしの引っ越しで役立つ一括見積もりサイトのおすすめランキングをチェック!

一口に一括見積もりサイトと言っても、現在では様々な運営会社からサービスが提供されています。

基本的に連絡がいく引っ越し業者はそこまで多くありませんし、登録するサイトは1つでOKです。

だからこそ選び方に気を配らなければならず、以下では一人暮らしの引っ越しで役立つ一括見積もりサイトのおすすめランキングをまとめてみました。

利用者数が多くて実績がある

赤帽からも見積もりが取れる

お得なプレゼントやキャンペーンがある

上記のようにサービスによって違いがあり、選び方で迷っている方は一度チェックしておいてください。

1位 ズバット引越し比較



ズバット引越し比較は、日本最大級の引っ越し一括見積もりサイトと言っても過言ではありません。

株式会社ウェブクルーから提供されていて、日本最大級と言われている理由を見ていきましょう。

利用者実績が400万人を突破している

220社以上の引っ越し業者と提携している

一番安くてお得な引っ越し業者を探せる

今までの利用者の人数は比較ポイントの一つとなり、「利用者が多い=安全に使える」と考えられます。

ズバット引越し比較を使うに当たっては完全に無料で、参加している引っ越し業者から広告費を貰っているのが理由です。

一人暮らしの引っ越しをする私たちの立場に立って考えてみると一切の料金がかからず、自分で見積もりの依頼をしなくてもズバット引越し比較が代わりに行ってくれるので余計な手間を省けます。

他にも、ズバット引越し比較のおすすめポイントをまとめてみました。

大手の引っ越し業者はもちろんのこと、地域に密着した業者にも見積もりを依頼できる

利用者のお住まいの地域や条件に合わせてピッタリなところをピックアップしてくれる

金融系の会社の傘下にあるので個人情報の管理がきちんと行われている

最大で10万円がキャッシュバックされる夏の大感謝プレゼントキャンペーンが実施されている

ウェブサイトの見やすさにも拘っていて、情報量が豊富で引っ越しに役立つ

キャンペーンに関しては随時更新されているので、新生活に向けて一人暮らしを始める社会人の方はズバット引越し比較の公式サイトで詳細を確認しておいてください。

2位 引越し侍




引越し侍も代表的な一括見積もりサイトの一つで、複数社を比較することで一人暮らしの引っ越し費用を安くできます。

同じ荷物を同じ場所へと運んだとしても、A社では36,000円なのに対してB社では18,400円と大きな開きがあるケースは珍しくありません。

そんな時に引越し侍を利用することにより、簡単に費用を抑えられるのです。

具体的に引越し侍がどのような特徴を持つサービスなのか見ていきましょう。

2017年の1月現在では紹介件数が2,390万件を突破している

インターネット上で申し込みできるので24時間いつでもOK

引っ越しで発生する料金だけではなくサービス内容でも比較できる

利用者へと実施したアンケートではまた利用したいと回答した方が95.2%と非常に多い

大手から地域に密着した引っ越し業者まで全国255社と提携している

10万円キャッシュバックキャンペーンやガイドブックのプレゼントなど特典が豊富

他の一括見積もりサイトと同じように、サービスの利用料金自体は無料なのでお得です。

  1. 検索して対応可能な業者を探す
  2. 料金やサービス内容で比較する
  3. 空き状況を確認して予約する

上記の3つのステップで手続きを行って簡単に一人暮らしの引っ越しを済ませられるので、業者の選び方で迷っている方は引越し侍を上手く活用してみましょう。

 

引っ越し一括見積もりサイトを利用する流れをチェック!

ズバット引越し比較でも引越し侍でも、基本的に一括見積もりサイトを利用する流れは一緒です。

どのサービスでもオンライン上で手続きができますし、登録に関しては早朝でも深夜でも24時間OKなので自分の好きなタイミングで始められます。

以下では大まかな流れを説明しているので、一人暮らしをする物件が決まった方は一度チェックしておきましょう。

  1. 利用する引っ越し一括見積もりサイトの公式ホームページへとアクセスする
  2. 「現在の住所」「引っ越し先の住所や郵便番号」などの基本情報をフォームへと入力する
  3. 「名前」「電話番号」「メールアドレス」などの個人情報を入力する
  4. 運搬する荷物の数量や希望する付帯サービスなど引っ越しの情報を入力する
  5. 最終画面で入力した内容に間違いがないかどうか確認する
  6. 依頼メールを送信すれば登録は完了

直接電話するなどの面倒な作業は一切なく、パソコンでもスマートフォンでも自由に登録可能です。

一括見積もりサイトへと登録を行うと、依頼した日から2日後にかけて引っ越し業者から電話やメールで連絡が入ります。

大まかな費用も教えてくれるので、複数社の中から最も料金が安いところを比較して選べるという仕組みです。

しかし、一人暮らしの引っ越しでも荷物量が多い場合は、正確に料金を把握するためにも訪問見積もりを選択した方が良いでしょう。

今の時代は何かとインターネットや電話で済ませてしまいがちですが、引っ越し業者の担当者が自宅へと来てくれる訪問見積もりには以下のメリットがあります。

あらかじめ時間帯を決めるだけで担当者が自宅へと出向いてくれる

訪問見積もりで発生する料金は無料(有料の引っ越し業者はない)

家具の大きさや荷物の量を把握して正確な引っ越し費用を知ることができる

引っ越しの際に必要なダンボールを無料で持ってきてくれる

引っ越し業者からメールや電話で連絡を受けた段階で訪問見積もりの予定を打ち合わせることもでき、時間に余裕があれば依頼してみてください。

便利な裏側にある引っ越し一括見積もりサイトのデメリットは?

引っ越しをするに当たり、複数の業者を比較できる一括見積もりサイトは非常に役立ちます。

業者選びのスタンダードな方法と言っても過言ではなく、テレビのコマーシャルでも見掛けるようになりました。

しかし、便利な裏側には幾つかのデメリットもあるので、利用する前にきちんと確認しておきましょう。

メールや電話でやり取りをするのが一般的で、引っ越し業者の実態が分からず料金のみで選びがちになる

利用するサイトによって提携の引っ越し業者は異なり、偏りが見られる

登録した2日以内には複数の引っ越し業者からバンバン連絡が入るので対応が面倒

これらの中でも電話に追われてしまうのが厄介で、休日であればまだしも仕事中に携帯電話へと電話がひっきりなしに掛かってきてはたまったものではありません。

多くの一括見積もりサイトでは最大で10社まで見積もりの依頼をするため、短い時間で何件も掛かってくることがあります。

もう少し詳しく依頼者に聞いて見積もりを出したい

他のライバル業者に顧客を奪われたくない

このような理由があるので仕方がなく、電話に出るのが面倒な方は連絡方法をメールに統一させておきましょう。

一人暮らしの引っ越しには単身パックがおすすめ!

一人暮らしの引っ越しは家族と比較して荷物の量が少なく、トラックや運搬器具も小さいもので足ります。

どの業者でも料金が安く設定されていますが、近年では単身パックを利用する方が増えました。

荷物の量が少ない

ベッドなどの大きい荷物がない

上記に該当する方に単身パックはおすすめで、あらかじめ用意された専用ボックスに詰めて複数のお客様の荷物を同時に運ぶサービスです。

引っ越し業者によっては単身引越サービスと呼ばれており、通常の方法と違ってどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

個人の荷物量に合わせた無駄のないプランなので引っ越し費用が安くなる

インターネット割引や複数ボックス割引などの特典を受けられる

運送する際に荷物が破損したり紛失したりするリスクが低い

あらかじめ料金が決まっているので訪問見積もりが不要

費用を安く済ませられるのが単身パックの魅力的なポイントで、複数の依頼者の荷物を混載することでドライバーの人件費や運送費用を削減できるのが理由です。

コンテナボックスの中に荷物を全て入れなければならず、一人暮らしでも運ぶ荷物の量が多い人には向いていません。

その代わりに荷物量が少ない人にとっては単身パックが最も安く、引っ越し一括見積もりサイトを利用する以外にも費用を削減する方法はあると心得ておいてください。

引っ越しはやぱり日本最大級の一括見積もりズバット引越し比較が安心ですね。

更新日:

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.