一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

キッチン

キッチン

片付け下手集まれ!狭いキッチンをすっきりさせるアイデア

更新日:

  • お料理するのは好きだけど、おうちのキッチンが狭くて
  • キッチンがごちゃごちゃしていて料理する気が起きなくなってしまった

と悩んでいる片付け下手な方は結構多いでしょう。

狭いキッチンはただでさえ使い勝手が悪いのに、調理器具や食器を置くとなんだかごちゃごちゃしてしまいます。

そこで今回は、簡単にキッチンをすっきりさせるアイデアのご紹介です。キッチンがすっきりすればお料理もしやすくなり、生活もきっと楽しくなります。

スポンサーリンク

キッチンに本当に必要なものだけ

回答

キッチンをすっきりさせるには、「本当に必要なものだけをセレクトする」ことが一番重要です。

現在キッチンがごちゃごちゃしていて、どこから手を付けたらいいかわからない人は、まず必要なものと不要なものを整理しましょう。便利グッズ発見で買ってみたものの使っていない調理器具、食器、グラス、調味料などはダンボールに収納するか、思い切って処分します。

もったいない心理で捨てられない?

「もったいない、いつか使うかも」という心理でなかなか捨てられないタイプの方は、キッチンがごちゃごちゃしやすい傾向にあります。

さらに、もったいないからと取っておいたにも関わらず、忘れて数年後に発見という出来事もしばしば。これではいつまでたってもキッチンがすっきりしません。思い切って1年間使用していないものは処分しましょう。

本当に必要なものというのは「頻繁に使うもの」「時々しか使わないけど無くては困るもの」のことを指します。

前回の使用日はいつ?

キッチンにあるひとつひとつの調理器具について、前回の使用日を思い出してみましょう。

思い出せない物は少なくとも「頻繁に使うもの」には該当しないので、処分候補になります。この要領で仕分けしていくと、かなりのスペースが空きます。また、スーパーの袋や割りばし、輪ゴムも意識的に捨てないと溜まっていく一方です。

特に一人暮らしであれば、ゴミ出しは週に1回で充分ですので、溜めるとしても少量ずつにしましょう。

狭いキッチンは一度すべて出して収め直す

サポート

本当に必要なものだけにすることと似ていますが、引き出しや棚の中のものを一度すべて出してみましょう。そうしながら、いらないものを処分することもできます。

使う頻度で収納場所を変える

いらないものを処分したら、「元々収納していた配置よりも取り出しやすくなるように」ということを意識しながら収納してみてください。たまにしか使わないものは奥に、使う頻度が高いものは手前にすることが基本です。

いらないものを処分した分スペースにも余裕ができ、統一感のある収納を実現できます。またすっきり片付くことで、必要なときに必要なものが取り出せるので、キッチンの使い勝手も向上します。

使い勝手の良いキッチンは、気持ちよく料理出来るだけでなく、きれいな状態をキープしやすくなることにもつながります。

スポンサーリンク

キッチン内のデッドスペースを見つける

冷蔵庫と野菜

不要なものを処分して、収納し直してもまだ収められないものがあるとなった場合には、新たに収納場所を増やすことを考えましょう。

冷蔵庫の上、窓まわり、壁面など、ちょっとしたデッドスペースを探します。一人暮らし用の冷蔵庫は高さが120cm前後が売れ筋なので、冷蔵庫の上は活用しやすいスペースになります。最近では冷蔵庫の上に棚を付けるタイプ冷蔵庫ラックというグッズもあるので収納スペースとして活用できます。

次にシンク下に棚を作ると上下に空間ができるため、効率的な収納に繋がります。ホームセンターや百円均一でも様々なサイズが販売されているので、キッチンのサイズに合ったものを購入しましょう。

最後にキッチン内の空間につっぱり棒やつっぱり棚が設置できれば、収納スペースに早変わり。収納を増やす際は天井、壁、フローリングにキズをつけないように作業時は注意しましょう。

キッチン以外の収納場所をみつける

女性の部屋

これまで見てきた方法でも、もともとのキッチンが狭かったとしたら収めきれない場合があります。そこで思い切ってキッチン以外に収納場所を作る事を考えてみましょう。

米やお水などのストック品は常温保存なので、キッチン以外の部屋に置きやすいでしょう。お部屋の一角にミニキッチンコーナーの棚を作り、炊飯器や電子レンジ、電気ケトルの家電類を置くこともおススメです。

家電類をキッチン以外に置くことで、キッチンはかなりすっきりするでしょう。部屋の間取りによっては、キッチン以外に冷蔵庫を設置している場合も意外と多いようです。

ここで注意したいのは、

  • 調理中に使うものはキッチン内
  • 調理中に使わないものはキッチン外

という原則を守ることです。調理中に使うものが別の部屋にあるとバタバタしてしまい、散らかる原因になりますし、火事を誘発する恐れもあります。以上のことを気をつけてキッチンに収める事にとらわれず、他の収納場所を見つけてみましょう。

「取り出す→使う→洗う→しまう」を心得る

ステップ

収納を考える上で重要なのは、動線を考える事です。

キッチン用品は「取り出す→使う→洗う→しまう」の繰り返しですので、その一連の流れを行いやすいように収納するとスムーズに料理できます。

  1. まずは取り出しやすいよう、余裕をもって収納するようにしましょう。ぴったり収まるように収納してしまうと、しまう時にまたきっちり納めなくてはいけなくなってしまうため、面倒に感じてしまいやすくなってしまいます。
  2. 取り出しやすさは、戻しやすさにもつながります。また、片付け下手な方は、洗うことが苦手なことが多いでしょう。洗い物が好きではない方は、好きな香りの洗剤を使ったり、かわいいスポンジにしたりするなど少しでも洗い物が楽しくなる工夫をしましょう。
  3. 洗い物は煮込み料理中やお湯を沸かし中、料理の合間にすることを習慣づけると億劫に感じにくくなりますし、時短にも繋がります。

まとめ

一人暮らし用の部屋ではキッチンは狭いことが多いですが、工夫をすればすっきりみせることができます。片付け下手な方は、短期間で一気にやるのではなく長期間で少しずつ時間をかけてすっきりさせていきましょう。

私も以前は片付け下手でしたが、収納スペースの確保、ものを溜め込まない習慣付けで、すっきりしたキッチンをキープできるようになりました。

片付け下手な方はぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-キッチン

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.