一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

野菜たっぷりの食事

費用

一人暮らしでお金がない!食費を安く済ませる5つの方法

更新日:

一人暮らしを開始した時に困るのはお金の管理であり、特に出費では食費が占める比重が多くなりがちです。

食べたいものを食べていればお金が足りなくなったり、貯金を作る事も出来ないですし、ある程度食費を抑える工夫を行う事が必要になります。

食べないという選択肢では健康や美容面で悪影響が起こりえますから、健康面は考慮した上で食費を抑えるようにする事が重要です。

様々な食費を抑えるテクニックはありますが、5つのポイントを押さえると良いです。

スポンサーリンク

食費抑制には自炊が鉄板

おにぎり

一人暮らしを始めてから食事は外食で行う事が増えるという方も多いですし、特に東京等の大都市圏で一人暮らしを始めると外食の選択肢が多くてお金を使ってしまいがちです。

おいしい外食も多くてお腹いっぱい食べていると、お金はどんどんと減っていきます。

外食やコンビニ主体の生活ではお金がかかるだけではなく、栄養に偏りが出てきますし、やはり自炊を採り入れていく事が食費抑制にも繋がり、手作りは食費を安く上げる事が出来るものです。

簡単に量を沢山作れるものもありますし、外食から自炊に変更するだけでも相当食費を抑える事が可能であり、もちろん食材の選択や保存方法等の知識も必要にはなりますが、外食と比較すれば確実に出費を減らす事が出来ます。

食費を抑制したからと食欲を抑制させる必要はなく、自炊でお腹いっぱい食べれるようにする事も可能です。

 

食費抑制に繋がる冷凍保存とは?

冷凍うどん

自炊は食費抑制に繋がる効果的な手法ですが、自炊の場合は食材調達を行って、余った食材の活用がキーポイントになります。

ご飯を炊き過ぎてしまったり、お肉や魚、ささみ等を購入して一人では食べきれない場合等には、冷凍保存を活用する事が効果的です。

食材を買って来たら、一度に食べれる分以外を冷凍保存しておくと、食材を無駄にする事無く使いきれますし、ここでポイントとしては買った食材を小分けしながら冷凍保存する事です。

小分けにすれば次に食べる時には準備が楽ですし、食材だけではなくご飯もラップに一食分包んで保存すれば有効活用出来ます。

ご飯を炊飯器保温するより、冷凍保存の方が電気代節約にも繋がり、炊き立ての鮮度を保てますし、解凍までも早いですから冷凍保存して何時でも使えるように準備すると良いです。

こうした冷凍保存を活用すれば食費を抑える事が出来ます。

スポンサーリンク

食材をまとめ買いする利点

野菜とたまご

食材のまとめ買いは食費を抑える為にも有効であり、まとめ買いにはスーパー等に行く回数を減らす効果もあって無駄な時間を短縮したり、無駄なものを買うリスクも減らせます。

毎日買物に行く機会を作ってしまうと、安売り等のセール商品が目についてしまい、必要でないはずのものを買ってしまう事もあり、まとめ買いによって食材調達しておけば、こうした事態を防げます。

もちろん何でもまとめ買いすれば良いわけではなく、まとめ買いには向いているものもあれば、向いていないものがあります。

肉類や魚類、ささみ等の鶏類、冷凍野菜や麺類、食パン、こうした長期的に保存可能なものはまとめて購入する事に向いているものではありますが、豆腐や生野菜と言ったものは冷凍保存に向いていないですから、その都度購入した方が栄養にも良いですから、選別には注意が必要です。

 

食材は旬がキーワード

秋刀魚の塩焼き

食材選択を行う時に旬の食材を利用する事は利点が大きいもので、栄養摂取の面でも食費抑制でも効果的です。

旬の食材というものは栄養が豊富ですし、その時期には大量に採れるものが多いですから値段も安くなりがちです。

栄養豊富で健康にも良いですし、さらに値段も安くなるというのは大きなメリットですし、旬の食材中心に献立を立てる事は有効と言えます。

自炊の際には安価で健康にも良い栄養豊富な旬の食材を食べるように心がけるだけでも、コスト削減に繋がりお腹いっぱい食べる事が出来るものです。

旬の食材知識が無い場合は本を見たり、ネット検索で季節毎の旬が何かを調べると良いですし、旬の食材を知る事は健康面にも大きな影響を与えるものですから、知っておいて損は無い知識と言えます。

旬食材をピックアップしながら献立を考える楽しみもあります。

 

食費を抑える家計簿作り

家計簿

家計簿を付ける事は食費抑制に有効であり、特に一人暮らしを始めた時には家計簿を付けて行く事を推奨します。

一人で暮らしていると日々の忙しさにお金の管理もずさんになりがちですし、そうなると外食が増えたりあっという間に食費にお金が消えていく事になります。

外食にしても自炊にしても家計簿を付けながら計画的に出費していくと、自分がどれだけのお金を食事に使っているか把握出来ますし、家計簿を付ければコスト感覚が身について、食品の値段にも敏感になります。

食料品は値段の上下が起こりやすいですし、スーパーでは曜日によってお得な日が違ったりますし、相場変動の感覚を身に付けておくと、今日はこの食材が安いからこちらの食材を選択しようというような、選択のものさしが産まれます。

頭の中で把握出来ると考えずに実際に家計簿を付けていけば、無駄なものを買わずに済みますし、使い過ぎに自制が効くものです。

 

まとめ

一人暮らしの食費抑制には

  • 自炊の心がけ
  • 食材保存方法を知って小分けする
  • 食材のまとめ買い
  • 旬の食材選択
  • 家計簿をつける

これらの点を押さえるだけでも、考えずに食べていた方は大きく食費を下げる事が出来ますし、漠然と食費を下げるだけではなく、お腹いっぱい食べる事が出来て健康面も損なわずに生活が出来ます。

一度これらのポイントを整理して実践してみると効果を実感出来ますし、簡単に実践出来る要素ばかりですから、ぜひ試してみてください。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-費用

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.