一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

お金と電卓

節約

節約するなら食費から!我慢しない4つの節約方法とは?

更新日:

一人暮らしの食費の出費平均は、1万円~5万円といわれています。同じ一人暮らしでも、個人個人で全く違う金額になるのが食費です。

自炊ばかりしている方は安く、外食ばかりしている方はもちろん高くなります。普段の食生活を見直し大幅な節約が見込める食費はチャレンジしやすいため、節約初心者にもオススメです。

光熱費も節約している方が多いですが、光熱費よりも結果が出しやすいため節約を始めるならばまず食費からカットしてみましょう。

スポンサーリンク

現在の食生活を見直して目標を立てよう

太陽への一本道

最初に食費の出費平均は1~5万円と言いましたが、あなたの今までの1か月の食費はどのくらいかかっていたのでしょう?

どんぶり勘定では、節約している実感が湧きにくいのでこの機会に家計簿をつけるようにしましょう。最近ではスマホで手軽に家計簿がつけられるアプリがたくさんあるので、自分に合ったものを見つけてみてください。

見直すことができたら、目標を立てましょう。まず知っていただきたいのは、食費の節約をするには自炊することが一番です。オススメの目標の立て方は、外食費と自炊費を分けて考える方法です。

参考までに、実際に私が節約している時期の食費は、1か月で外食費2万円前後、自炊費1万円~2万円です。お酒が好きでおうちでも飲む方はもうちょっと高くなるかもしれません。

目標金額を決めたら、一か月分の食費を封筒に入れましょう。そうすることでいくら使っていくら残っているのか見た目でも分かりやすくなります。一か月たって、封筒の中のお金が残っていれば節約成功となります。

 

近所のお店(スーパー、八百屋)をチェックする

野菜売り場

ある程度栄えた街に住んでいれば、近所にいくつかスーパーや八百屋などがあるはずです。まずは近所のお店の中で、どこの何が一番安いのかを把握しましょう。

たとえば、AとBのスーパーがあるとします。2つのスーパーを比べて、「卵はAの方が安いけど、牛乳はBの方が安い」など、自分が良く買うものだけでもどこが一番安いのかを把握するようにしましょう。

私の経験上、野菜はスーパーよりも八百屋の方が安いことが多いです。スーパーと値段の差はあまりない場合が多いですが、精肉店や鮮魚店は必要な量だけ買う事が出来るのがメリットです。

また、特売日やタイムセールも把握しましょう。お店によっては数円ですがレジ袋代がかかるところもあります。ちりも積もれば・・・といいますが、マイバッグを持参しましょう。

1枚3円のレジ袋も5回で15円になってしまいます。このような小さな節約も後々大きな節約につながっていきます。

スポンサーリンク

その日に安くなっている商品(=特売商品)を購入する

特売商品

スーパーや八百屋などで売っている商品は、仕入れ状況などによって毎日値段が変わります。昨日まで100円で売っていたキャベツが次の日から150円になってしまったりするのはよくあることです。

また反対に、値段が安くなることもあります。そのため、「欲しい商品は安いときに購入する」もしくは「安い商品を狙って買いものをする」といいでしょう。

よく一週間分の食料をまとめ買いしている方も居ますが、週に数回買い物に行き、その日の安い商品を購入する方が節約することが出来るのです。

買う時は必要ないものでも、野菜やくだものなどは保存方法次第で長持ちさせることができますし、お肉や魚は冷凍すれば2か月ほど保存することができます。

しかし買い物の際に注意することがあります。安いからと言って買い過ぎない事です。いくら保存できるものでも、安いからと言って無計画にたくさん買ってしまうと、使わなければゴミになってしまいます。

買いすぎを防ぐために、「1回の買い物は1000円まで」などの決まりを作ってかいものするようにしましょう。

 

安い食材を知ろう

鰯の甘露煮

ここでは、比較的安くてボリュームがり、なおかつ健康的な食材を紹介します。私の経験では、節約すると自然とダイエットできることが多かったので、食生活を見直すいい機会と捉えてもいいでしょう。

主食

  • 白米
  • パスタ
  • うどん
  • 焼きそば
  • ビーフン

野菜・果物

  • もやし
  • 玉ねぎ
  • じゃがいも
  • にんじん
  • キャベツ
  • 大根
  • はくさい
  • なす
  • えのき
  • しめじ
  • まいたけ
  • トマト缶詰
  • バナナ
  • りんご

肉類

  • ひき肉(牛、豚、鶏)
  • とりむね肉
  • とりささみ
  • 豚こま切れ
  • 牛こま切れ

魚類

  • さけ
  • さば
  • いわし
  • いか
  • たらこ
  • あさり
  • 冷凍魚(生で売っているものより安い)
  • ツナ缶
  • さば缶

その他

  • 納豆
  • 豆腐
  • おから
  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • はるさめ

主食のものは、年間通して価格が安定しているので近所で一番安いものをチェックしましょう。野菜や魚は、旬のものを買うようにしましょう。

旬のものは栄養価が高く、値段は安くなります。お肉類の値段は基本的に高めですが、野菜と一緒に調理するとボリュームが出ます。ダイエットしている方は、野菜類はもちろん豆腐やはるさめ、ヨーグルトもおススメです。

 

その他の食費カット術

お弁当

自炊中心に紹介しましたが、その他にも食費の節約術があるのでご紹介します。

  • 昼食はお弁当にする
  • 飲み物は買わずに作る
  • 外食するのは友人や恋人と居る時だけにする
  • 家庭菜園する

 

学校や職場での昼食はなるべくお弁当にしましょう。コンビニや外食ばかりだと健康にも良くありません。

毎日ではなくても、週に何回かはお弁当を作っていきましょう。毎日500mlのペットボトル飲料を購入している方は、毎日150円を払っているということです。自分でお茶を作って持って行ったとすると、だいたい30円くらいで済みます。

一人でも外食する方はなるべく回数を減らし、外食は友人や恋人と行く時に楽しみましょう。外食を制限するとかなりの節約になります。家庭菜園と聞くと大変そうと思う方も居るかもしれませんが、簡単に育てる事が出来るものも多いです。

ベランダなどにスペースがある方にオススメです。ネギやミニトマト、バジル、大葉、ハーブなどは比較的育てやすいと言われています。

 

まとめ

食費の節約は自炊が基本です。料理が好きな方は楽しみながら節約しましょう。今まで料理をしていなかった方はこの機会にはじめてみるのもいいでしょう。

食費を切り詰めすぎて栄養が偏らないようにさえすれば、ダイエットもできます。お金が貯まって、健康的な体型になれたらまさに一石二鳥です。

しかし節約のことばかり考えていると、周りの人にケチな印象を与えてしまうことがあるので、注意しましょう。あくまでも適度に節約を楽しみましょう。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-節約

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.