一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

冷蔵庫

家電

一人暮らしの家具家電探し!最適な冷蔵庫の選び方とは?

更新日:

一人暮らしをするにあたって外せない家電といえば、冷蔵庫。でも冷蔵庫って本当に最適なものを選んでいるのでしょうか?

よく一人暮らしの場合だと、「大したものじゃなくて良い」と言ってサイズの小さいものや値段のお手頃なものを選びがちになりますが、一人暮らし用冷蔵庫を選ぶための重要なポイントって実は色々あるんですよ?

ということで今回はそんな冷蔵庫探しのポイントについて詳しくご紹介!これから一人暮らしを始める方、また冷蔵庫の買い替えを考えている方などは、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

「一人暮らしだから小さいもので良い」は絶対にNG

最初にも書きましたが、よく一人暮らしの場合だと「冷蔵庫はそんな大したものじゃなくて大丈夫」と言って、サイズが小さくて安いものを買う人が多くなりますが、実はこれって失敗の元。

いくら一人暮らしでも食事や飲み物をまとめ買いしたら結構な量になりますし、毎日のように自炊をしたら食材も色々買いこんだりしますよね?

その結果、冷蔵庫がパンパンの状態になってしまって、「もう少し大きいサイズにすれば良かった」と後悔するハメになります。それぞれの生活スタイルによって必要な大きさも変わってきますが、「大は小をかねる」とも言いますし、大きいものの方が使いやすくなるのは当然のこと。

「一人暮らしだから小さいもので良い」という先入観はいったん捨てて、きちんと自分に合ったサイズの冷蔵庫を探すことから始めましょう。

 

冷蔵庫の容量は生活スタイルで選ぶ

では実際自分にピッタリの容量はどれくらいなのか?

冷蔵庫の容量は自分の生活スタイルや使い方に合わせて選びましょう。例えば料理は毎日するのか・たまにするのか、買い物は頻繁に行くのか・たまにしか行かないのか、といったことです。

まだ一人暮らしをスタートしていないので生活スタイルが分からないという人の場合は、どのように生活していきたいのかをイメージし明確にしておくと良いでしょう。

大体の容量は、自炊をしない人なら80L程度、時々するという人なら120L程度、毎日ちゃんと自炊するという人なら140L以上が目安。価格もそれぞれ2万、3万、4万前後になります。

自炊しない・あまり買い物をしないという人だとなるべく小さめのものを選ぼうとしますが、小さすぎるものだと冷蔵庫が物でいっぱいになってしまいます。すると冷蔵効果を維持するために電気代も割高になりますので、容量は余裕のあるものを選ぶようにしてください。

スポンサーリンク

冷凍室の容量にも注意

冷蔵庫を選ぶ際は全体の大きさや冷蔵室の容量ばかりに気を取られる人も多くいますが、冷凍室の容量も忘れずにしっかりチェックしましょう。どの家庭でもそうですが、冷蔵室だけでなく冷凍室の利用頻度も高いですよね?

特に一人暮らしになると、余ったご飯を冷凍したり、冷凍食品を保存しておいたりと、自炊派でも外食派でも冷凍室を使う機会はたくさんあります。

毎月の食費を浮かすためにまとめ買いした食材や作り過ぎた料理を冷凍するのは常套手段なので、冷凍室の大きさは重要になります。

目安としては大体容量40L以上の冷凍室が理想的。それ以下だとすぐに中がパンパンになってしまいますよ。お店に行ったら冷蔵室・冷凍室両方の容量を忘れず確認しましょう。

また棚や引き出しが付いているか、製氷皿は取り出しやすいかなど、使いやすさも一緒に確認しておくと良いでしょう。

 

見落としがちな冷蔵庫の運転音

冷蔵庫選びでもう1つ見落としがちなのが、運転音です。「冷蔵庫の音なんてそんなうるさくないし気にならないよ」なんて甘く見ている人も多いかもしれませんが…一人暮らしの部屋で夜寝ている時など意外にその運転音が気になったりするものです。

1Kや1DKなどキッチンと部屋が別々になっている間取りならまだ良いですが、ワンルームのお部屋になると余計に音が耳に入ってしまうので注意が必要です。

些細な音にも敏感な人や気になりそうだなと思う人は、お店で運転音についても確認しておきましょう。ただお店や商品によっては運転音がどれくらいか表記されていないものもあるので、よく分からない時は店員さんに詳しく聞くようにしましょう。

ちなみに三菱の冷蔵庫は静音性がウリになっていて、運転音についても表記されています。興味がある方は三菱の商品を中心に見てみましょう。

 

冷蔵庫の置く場所をチェック

冷蔵庫を選ぶ時は当然、置く場所の広さや高さ・周辺をチェックしましょう。

まず広さや高さですが、冷蔵庫には放熱するためのスペースが必要になるので、ピッタリ収まるサイズの冷蔵庫よりも少し余裕のある小さめのサイズのものを選ぶのが良いでしょう。

一般的には冷蔵庫の左右に1~10cm・背面に10cm・上部に5~10cmほどの余裕が必要とされていますが、商品によって若干差があるので個別の確認が必要です。

また一人暮らしだと冷蔵庫の上にレンジを置く人も多く見られますが、取り出しやすさや操作性とともに、冷蔵庫の天板が耐熱仕様かどうかの確認も大切です。

さらに基本的な事ですが、電源はあるか・冷蔵庫の扉はきちんと開けられるか、など置く場所の周辺についてのチェックも必要。買ってしまった後で「電源が届かない」「使いにくい」なんて事になると大問題なので、細かい部分まで最初に見ておきましょう。

 

まとめ

  • 「一人暮らしだから小さいもので良い」はNG
  • 冷蔵庫の容量は生活スタイルで選ぶ
  • 冷凍室の容量にも注意
  • 見落としがちな冷蔵庫の運転音
  • 冷蔵庫の置く場所をチェック

以上が冷蔵庫探しをする際、気にした方が良い重要なポイントになります。

今まで一人暮らしだからと言って安くて小さい冷蔵庫を選んでいた人もたくさんいたかもしれませんが、このポイントに気を付けて探せば、もっと自分に最適の冷蔵庫が見つかります。

これから冷蔵庫を買おうと思っていた方は、自分の生活スタイルや使い方を改めて確認して、それにピッタリ合ったものを選ぶようにしましょう。きっと今後の一人暮らしもより快適なものになる事間違いなしですよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-家電

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.