一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

テレビ

インテリア

一人暮らしで部屋を広く見せるテレビの置き方5つのポイント!

更新日:

一人暮らしに欠かせないアイテム、テレビ。最近は薄型・大型化もどんどん進み、部屋の中での存在感も大きくなってきました。

でもそんなテレビの置き方、皆さんちゃんと考えていますか?

部屋全体のレイアウトばかりにこだわって、テレビはそれに合わせてなんとなーく置いただけ、なんて人も多いのではないでしょうか?

テレビは置き方によって見やすさ・音の響き方なども変わってきますし、部屋の中で長い時間目を向ける部分でもあるのでその周りのインテリアだって大切になってくるんですよ!

という事で今回はテレビを置く時に気を付けるべきポイントについて詳しくご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

壁を背にするように配置

大抵皆さんテレビは壁を背にするように配置していると思いますが、中にはたまに窓の前にテレビを置いている人もいたりします。

部屋の間取りや家具のレイアウトの都合で仕方なくそういう配置になってしまった、という場合もあるかもしれませんが、できればこれは避けた方がオススメ。実際置くと分かりやすいんですが、テレビを窓の前に置くとまずテレビの裏側が外から丸見えになって見栄えが悪くなってしまいます。

またカーテンを開けておくと外の景色が目に入って集中力も散漫になりますし、明るい光が反射して画面が見づらいという問題も。かといって昼間でもカーテンを閉めていたら部屋がずっと暗い印象になってしまいます。

余計な景色、逆光や反射を気にせず視聴を楽しむためにも、テレビは壁を背にするように配置するのが1番なんです。

ただし一人暮らしのような狭い部屋だとどうしても窓が近くなってしまい、横から光が入ってきてしまうという場合もあるもの。そんな時は画面保護フィルムをテレビに貼って、余計な光や映り込みは防ぐようにしましょう。

 

テレビの設置高さや視聴距離

テレビの設置場所にはこだわっていても、高さまでは気にしてなかった…という方、案外多いのではないでしょうか?

テレビはつい長時間見てしまうもの、だからこそ視聴していて疲れない高さに置く事も重要なんですよ。見上げるような角度にすると目が疲れやすい原因になってしまうと言われているので、テレビは大体目線と同じか、少し見下げるような角度に設置するのが良いでしょう。

なのでテレビ台もなるべく高さの低いものを選び、視聴する時も床からではなくソファやベッドの上から見るようにするのが1番ベストなんですよ。

ちなみにテレビは視聴距離も大切。最近は大型のテレビもどんどん登場し人気になっていますが、大きい画面を近すぎる距離で見るとすぐに目が疲れてしまいます。最適な視聴距離と言われているのは「画面の高さの約3倍」。

例えば52型のテレビなら高さが約65cmなので、視聴距離はその3倍の約1.9mが良いというわけです。一人暮らしの狭い部屋の場合はあまり無理に大きすぎるサイズを買わないように、どうしても大きいテレビが欲しいという人はなるべく距離をとって視聴するようにしてください。

スポンサーリンク

配線は綺麗に、掃除がしやすいように整理

テレビの設置時、ごちゃごちゃして困ってしまうのが配線。ほとんどの場合配線はテレビ台の中か裏に収納するので、「見えないからいいか」と適当にそのまま放置する人もいますが、これはあまり良くありません。

見た目が悪い・後々ほどくのが大変、というのも理由の1つですが…狭いところにごちゃごちゃと配線を置いておくと熱が溜まりやすくホコリも積もっていき、火事などが起こる恐れが出てくるからです。

汚れが溜まってくれば当然テレビやレコーダーなどの機器が壊れやすい原因にもなってきます。なのでテレビの設置時は結束バンドなどを使って配線を整理し、綺麗な状態にしておくようにしましょう。

きちんと整理されている状態なら定期的に掃除もしやすく常に清潔にできるので、テレビも安心して見続ける事ができます。最初に綺麗になっていれば後でほどいたりする必要もなくなるので、模様替えや引っ越しの時にもとっても便利になりますよ。

 

テレビ周りは物を少なくしてスッキリ

テレビは大抵リビングの中央に置かれているので、部屋の中で特に目を向ける事が多くなる大切な場所でもあります。

なのでテレビ周りのインテリアにもしっかりこだわって、良い印象を与えるようにしなければなりません。1番良いのはテレビ周りにあまり物を置かないようにする事。こうする事で見た目もかなりスッキリさせる事ができますし、物が少なければその分テレビも集中して視聴する事ができるんです。

テレビ台にもなるべくいろんなアイテムは置かず、置いたとしてもちょっとした雑貨や小物などをワンポイントで飾るようにするのがオススメ。DVDやゲームソフトなどの余分な物はテレビ台の中などに収納して隠すようにしてしまいましょう。

テレビ周りがスッキリすれば自然と視界も開け、部屋全体も広く感じるようになりますよ。またテレビ台の後ろの壁にも色々なアイテムを飾りすぎないように。アイテムが少なくて寂しい印象だなと感じるようなら、テレビ台の横に間接照明や観葉植物などを置いて華やかさを出すようにすると良いでしょう。

 

テレビ台は収納力があり、シンプルなデザインのものをチョイス

テレビ周りにこだわるのならもちろんテレビ台の選択だって重要になってきます。先程紹介したようにテレビ周りはなるべく物を少なくスッキリした見た目にしたいので、色々収納して片付けられるようテレビ台は収納力の高いものを置くようにするのが良いでしょう。

扉や引き出しの付いたものにすれば中のごちゃごちゃ感を見られる心配もないので、気にせずたくさんの物をしまっておく事ができますよ。またテレビ周りをスッキリ見せたいのなら、テレビ台もシンプルなデザインを選ぶのがオススメ。

あまりカラフルなものや個性的なデザインのものを置くと落ち着かない印象になってしまいますし、テレビも集中して見る事ができなくなってしまいますよ。木製やモノトーンなど、自分の部屋のインテリアに合ったシンプルなものを配置するようにしましょう。

例え見た目がシンプルでも上質な素材のものや味わいのあるものを選べば、十分オシャレ感を出す事はできますよ。予算に余裕がある人はアンティークやヴィンテージの家具などを見てみても良いかもしれません。

 

まとめ

  • テレビは壁を背にするように配置
  • 設置高さや視聴距離も大切なポイント
  • 配線は綺麗に、掃除がしやすい状態にしておく
  • テレビ周りは物を少なく、スッキリした見た目に
  • テレビ台は収納力があり、シンプルなデザインのものをチョイス

いかがでしたか?以上がテレビを置く際に気を付けるべきポイントになってきます。インテリアを考える時は家具のレイアウトなどにばかりこだわってしまい、テレビの置き方についてはついつい気を抜いてしまいがちです。

でも置き方に気を付けるだけでテレビの見やすさなども格段に変わってくるし、インテリアの印象を良くする事だってあるんです。

これから一人暮らしを始める人、また引っ越しや模様替えを考えている人、次のインテリアはまずテレビに注目してやってみるのも良いかもしれませんよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-インテリア

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.