一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

チェックリスト

インテリア

一人暮らしで狭い1Kは配置が最重要ポイント!オシャレな部屋を実現する手順

更新日:

一人暮らしの部屋でよく見る間取り、1K。家賃は安くて良いけれどやっぱり狭くて不便な事も多いし、「こんな部屋じゃオシャレなインテリアなんて絶対無理!」と初めから諦めている人も多いのではないでしょうか?

でもそんなことはありません!どんなに狭い部屋だって正しいコーディネートをする事で、センス良く快適に作る事ができるんですよ。1Kの場合、特にポイントとなるのは「配置」。今回は1Kでできるオススメのレイアウトなどについてご紹介していくので、一人暮らしの人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

まずは置くものを考える事が大事

スペースが限られていて、収納も少ないのが1Kの部屋の特徴。だからこそ闇雲に欲しい家具などを揃えていくのではなく、部屋の中に置くものをきちんと調節する事も大切になってきます。

まずは自分の生活スタイルをイメージしながら、部屋にどんな家具・雑貨を置いていこうか考える事から始めてみましょう。特に最初は生活する上で欠かせない必須アイテムから考えていくのがポイント。

例えばカーテン・布団(ベッド)・テーブル・TVボードあたりは大抵の人が揃えるものになってきます。まずはそういった必要最低限のものから挙げていき、順番に揃えていくようにしてください。そして必要最低限のものがすべて揃ってスペース・予算に余裕があったら、自分の欲しい物を徐々に買っていくと良いでしょう。

もちろん家具だけでなく、冷蔵庫や洗濯機など、生活に必要な家電などを揃えていく事も忘れないようにしてください。

 

1番重要なのは「どう置くか」という事

部屋の中に置くもの・買うものを決めるのは大切な事ですが、それ以上に大切なのが「配置」。「何を置くか」よりも「どう置くか」の方が最も重要なポイントになってくるんです。

特に1Kのように狭くスペースに余裕がない部屋は、レイアウトによってセンスや快適さも大きく変わってくるんです。置くものが決まったら実際に買い物をする前に、それをどう配置するのかイメージするようにしましょう。1番良いのは頭の中だけでなく、実際に紙などに描いてしっかりイメージする事。

またざっくりと位置だけを決めるのではなく、家具などのサイズも把握しきちんと計算しながらイメージしていくのがオススメです。そうすれば後で実際家具を置いていく時に「部屋に入らなかった」なんてトラブルもなくなり、スムーズに作業をする事ができますよ。

色々なパターンを考えて、その中から自分の生活スタイルにピッタリ合ったレイアウトを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

ソファなしのスペース広々レイアウト

それではここから1Kでよく見られる基本の配置や、オススメのレイアウトについてご紹介していきましょう。まず紹介するのは部屋にソファを置かず、スペースに余裕を持たせるレイアウト。

室内でメインとなる家具はベッド・テーブル・収納家具になり、ベッドの上での生活が多くなるタイプになってきます。ソファがない分色々な配置をする事もできるので、例えばベッドを窓際に置いて手前にテーブルとTVボードを。あるいはTVボードに対照的になるようにベッドを配置してソファ代わりにもする、といった使い方もできてしまいます。

またスペースが広めに確保できるので、ドレッサーやデスクなどを置いたりする事もできますよ。ベッドを低いものにすれば床が近くなってまったりしやすくなるし、部屋を見せる効果もアップ。部屋を広々快適に使いたい、ベッドで横になってだらだらするのが好き、なんて人にオススメのレイアウトです。

 

ベッド+ソファの基本レイアウト

上手なコーディネートをする事で1Kの狭い部屋にもベッド+ソファを置く事ができるんです。特にスタンダードでよく見られるレイアウトはやはり窓際にベッド、手前にソファ・ベッド・TVボードという配置。

このタイプだとベランダに出るのにベッドをまたがなければいけませんが、1番無駄なくスペースを活用できるレイアウトになってくるでしょう。スペースに余裕がなくレイアウトのパターンも限られてきますが、ソファがある事で部屋の見た目も1ランクオシャレに見せれるようになってきます。

またくつろぎスペースが増えるので、日頃友人が遊びに来る事が多いという人の部屋にもピッタリでしょう。ベッドやソファを低いものにしたりコンパクトなサイズにすれば、スペースに余裕ができてスッキリした見た目にする事も可能。一人暮らしの人ならソファを一人掛けにする、なんて方法にしても良いかもしれませんよ。

 

生活にメリハリをつける、空間を仕切るレイアウト

1Kというのは空間が1つだけなので、当然ベッドやテーブルなどあらゆる家具が1カ所に集まり、食事・仕事・睡眠などすべての生活が同じ場になってしまいます。でもやっぱりスペースは分けて生活にきちんとメリハリをつけたい…。

そんな人は部屋の中を用途別に仕切るレイアウトにすると良いでしょう。オススメなのはベッドを部屋の奥に配置し、その手前に棚や収納家具を置いて仕切る方法。

これなら生活スペースと寝室に仕切って、きっちり生活を分ける事ができますし、両面使えるカラーボックスなどで仕切れば、どちらのスペースからも収納する事ができてとっても便利になりますよ。広さに余裕がない、という場合ならパーテーションやカーテンなどを取り入れてみるのもオススメ。

また、ソファをベッドに背を向けて配置して仕切りに使うなんて方法も良いかもしれません。狭い部屋なので、なるべく使い勝手が良く、スペースを節約できるような方法を試してみましょう。

 

まとめ

  • まずは置くものを考える
  • 1番重要なのは物を「どう置くか」という事
  • ソファなしにすればスペース広々のレイアウトに
  • 1番スタンダードでよく見られるベッド+ソファのレイアウト
  • 空間を仕切ったレイアウトで、生活にメリハリを

今回は1Kの部屋のインテリアのポイント、またオススメのレイアウトなどについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

狭くて不便で、オシャレなインテリアを諦めがちになりやすい1Kですが、上手なコーディネート・配置をする事で、いくらでも快適に素敵に変身させる事ができるんですよ。アイデア次第ではこれ以外にももっと様々なレイアウトだって可能。

雑誌やネットにも参考にできそうな事例が色々と出ているので、そういったものもぜひ見てみるようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-インテリア

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.