一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

チェックリスト

引っ越し

一人暮らしの引越しで転居後に必要な手続き一覧と必要書類

更新日:

引越しも終わり、いよいよひとり暮らしが始まってほっと一息・・・ちょっと待って。その前に忘れてはいけないことが、引っ越し後の様々な手続きです。

転入届、電気ガス水道の手続きはもちろん、他にも色々・・・それはもうたくさんあって混乱してしまいそう。どこから手をつけたらいいか迷ってしまいますよね。

そんな迷えるあなたのために、ここでは転居後に忘れてはいけない各種手続きの種類やその方法についてわかりやすく分類して説明していきます。

スポンサーリンク

転居後の各種手続きチェックリスト

引越しをした直後から約2週間の間に必ず手続きすべきものと、新生活をスムーズに始めるために速やかに手続きを完了させたいものに関する必要最低限のチェックリストは以下の通りです。忘れずに手続きを行ってください。

転居前~転居日まで

  • 電気・ガス・水道の開通手続き

転居日から14日以内

  • 転入届(他の市区町村に引っ越す場合)
  • 転居届(同じ市区町村内で引っ越す場合)
  • 新住所での住民票の取得
  • 国民年金手帳の住所変更(成人)
  • 国民健康保険の住所変更(加入者)
  • 印鑑登録の手続き

転居日から15日以内

  • 運転免許証住所登録変更
  • 自家用車の登録住所変更

その他の手続き

  • インターネット契約・回線開通手続き

以上が速やかに行うべき必要最低限の項目のチェックリストですが、場合によっては他にも必要な手続きがあるかもしれません。その場合はそれらの項目も加え、引越しの際は各項目を漏らさずチェックしながら手続きを進めていくとよいでしょう。

 

電気・水道・ガスの開通手続き

引越し(転居)当日までにすぐに必要な手続きは、電気・水道・ガスです。これらは生活の開始と同時に開通していないと困ります。

詳細は以下の通りです。

電気の開通手続き

電気の場合は、通常引っ越し後ブレーカーのスイッチを入れればすぐに電気が使えるようになりますので事前の連絡は必要ありませんが、引っ越し後速やかに新居に置いてある「電気使用開始手続書」に必要事項を記載、ポストに投函しましょう。

ガス

ガス会社に電話またはインターネットでガス開通希望の日時を連絡します。

ガスの開通については、こちらが指定した日時に、ガス会社の担当者が直接家に来て、住人立会いの下でガスの開通、安全確認を行いますので、連絡が遅れるなどの不備があると引越し後すぐにガスが使えません。異動の多い春先は特に注意が必要です。

※電気・ガスともに使用開始手続き書が新居においてない場合は、すぐに電力会社または水道局に連絡をして送ってもらいましょう。

水道

水道は水止め栓を左に回して開ければすぐ使えるようになりますので事前の連絡は必要ありませんが、新居にある「水道使用開始申込書」に必要事項を記載、ポストに投函する必要があります。

スポンサーリンク

転出届・転入届・転居届

転居後14日以内に手続きを取る必要があるのが、役場に出す転出届・転入届・転居届です。

1.転出届(転出証明書の取得)

他の市区町村に引っ越す場合は、旧住所地の役場窓口で転出届の手続きを取ります。そこで「転出証明書」をもらいます。(転出届は郵送・代理人による手続きもできます)

2.転入届

新住所に住み始めた転居日より14日以内に新住所にある役場の窓口で転入届と、旧住所地でもらった転出証明書を一緒に出して転入の手続きを取ります。届けを出すと同時に本籍記載の住民票を取得しておきましょう。

3.転居届

旧住所と同じ市区町村内に引っ越す場合は転居届を出します。同一市区町村内での住所変更なので、1度の手続きで済みます。他の手続きで必要になるケースがあるため、できれば届けを出すと同時に本籍記載の住民票を取得しておきましょう。

※1~3の手続きに必要なもの

  • 本人確認書類(免許証・保険証など)
  • 印鑑(必要な場合もある)
  • 委任状(代理人が手続きする場合)

※代理人が手続きする場合代理人自身の印鑑と本人確認書類も必要)

  • 転出証明書(転入届提出時)

 

印鑑登録・国民年金・国民健康保険に関する手続き

転居届・転入届を提出して住民票を取得したら、印鑑登録、国民年金・国民健康保険の登録住所変更(いずれも該当者のみ)をします。

これらは転入・転居届と同じく引っ越し後14日以内に手続きを済ませる必要がありますが、手続きする場所は転入届等と同じ役場ですので、転入届等と同時に手続きを取った方が2度手間にならずに済みます。

手続きに必要なもの

印鑑登録(実印を登録したい場合)

  • 実印登録する印鑑
  • 本人確認書類(免許証など)

国民年金の登録住所変更(成人)

  • 印鑑、国民年金手帳

国民健康保険加入手続きまたは・住所変更(被保険者)

  • 転出・転入の場合 :転出証明書、本人確認書類、印章
  • 転居の場合    :国民健康保険証、印章、
  • 口座振替希望の場合:口座振替用の預金通帳、口座届出印

※各市区町村によって手続きの方法が違う場合があります。その点については、事前に必ず引っ越し先の役所に事前に電話連絡をするなどして必ず確認を取ってください。

 

運転免許証・自家用車・インターネットに関する手続き

引越し後は運転免許証の住所変更やインターネットに関する手続きも速やかに行いたいものです。また、車通勤などのために引越し先に自家用車を持って行く場合は、その住所登録変更も必要となります。

運転免許証登録住所変更

転居日から15日以内に転居先の運転免許試験場または所轄の警察署で手続きを取ります。

※手続きに必要なもの

  • 運転免許証
  • 本籍記載の住民票
  • 印鑑
  • 写真1枚(引越し前と違う都道府県に引っ越す場合)

自家用車の登録住所変更

転居日から15日以内に転居先の陸運局事務所で手続きを取ります。

※手続きに必要なもの

  • 自動車保管場所証明書
  • 自動車検査証
  • 住民票
  • 実印
  • 自動車損害賠償責任保険証明書

インターネット

回線を扱う業者(NTTなど)とプロバイダーの両方に電話またはインターネットで連絡し、開通の手続きを取ります。

転居先の住居に回線が繋がっていない場合は、まず回線を繋げる工事をしてもらう必要があります。また、プロバイダーは回線を扱う業者とは別に連絡をする必要があります。まずは転居先の住居に繋がっている回線を確認し、その回線を扱っている業者に連絡・問い合わせをしてみましょう。

 

まとめ

引越し・転居後に速やかに手続きを取るべき項目は以下の通りです。

  • 電気・水道・ガスの開通手続き
  • 転出・転入・転居届の提出、本籍記載の住民票の取得
  • 印鑑登録・国民年金・国民健康保険に関する手続き
  • 運転免許証・自家用車の登録住所変更手続きとインターネット契約

これらの多くは転居後すぐ~2週間以内に必ず手続きを済ませて下さい。特に役所への届け出が期限より遅れますと裁判所から罰金の請求が来るなどして新生活に支障をきたしますので、スケジュール管理をしながら期限内に手続きを取るようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-引っ越し

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.