断捨離

生活費

一人暮らしのプロパンガスは高い!節約する5つのルール

更新日:

一人暮らしを始めると、これまで実家暮らしの時にはすべて親がかりだった光熱水費なども自分で払わなければなりません。自由を手にできる反面、様々なことに責任を持つ必要が出てきます。

生活する中で欠かせない電気、水道、ガスなどはけっこう金額がかるものなので、生活の中で工夫して節約する方法も見つける必要があります。

特にプロパンガスの場合、水道や電気とは違って公共料金ではないのですが、あまり意識せずに利用している人が多いようです。

スポンサーリンク

プロパンガスは都市ガスとは違って公共料金ではない

都市ガスとは違い、プロパンガスは公共料金には当たりません。ガス会社ごとに料金が違うので、逆に考えればガス会社の選び方は利用者が自由に決めて良いことになります。

プロパンガスは都市ガスと比較すると料金が高いとよく言われます。けれども実はこれは利用者側が料金などをきちんと比較してガス会社を選ばないこともその原因の一つと言われています。

ガス会社が電気や水道と同じように選ぶことができないと思い込んでいることで、知らず知らずのうちに高額なガス料金を支払っているケースもあります。

きちんとした会社を選べばプロパンガスを適正価格で利用することができるのですが、実際にどこが優良な会社なのかを見つけるのは簡単ではありません。

またガス会社を変更するために解約手続きをしようとすると条件によっては解約の際にトラブルが発生するケースもあるので注意が必要です。

会社を見直すことと同時にガスの節約方法も実行することでガス代金を抑えることができます。

 

シャワーのお湯の出し過ぎを抑える

シャワー

プロパンガスは一人暮らしの人にとってけっこう割高感を感じる金額です。節約するためにはガスの使用量を抑える工夫をすることが必要です。

例えばシャワーを良く使う人の場合、体を洗ったり髪を洗ったりしている間もシャワーを出しっぱなしにして使っている人がいますが、ガス代の節約のためには、シャワーをこまめに止めることも効果的です。

また、意外な感じがしますが浴槽にお湯を張って入浴するほうが体が温まって血行が良くなるだけでなく、水道料金やガス料金の節約にもつながることが少なくありません。

浴槽に溜めたお湯を洗濯に活用することで水道は無駄なく使えるし、冬などはシャワーでは寒いのでつい出しっぱなしにしてしまいがちです。

ガス料金の無駄遣いを抑えるためにはシャワーだけで済ませることをやめ、シャワーを使う際にもこまめに水を止めることを心がけるようにします。

スポンサーリンク

お湯の設定温度は低め

露天風呂の源泉

キッチンやお風呂で使用するお湯の温度は自分で設定を変更することができます。

よく設定されているのが42度くらいになっている家庭が多いようですが、お湯の設定温度を2度下げて40度に設定するだけでガス代は8円から10円程度の節約につながる場合があります。

水道の水の温度が15度くらいだとして、その水を一般的な設定温度の42℃まで上昇させるためにはプロパンガスで言えば0.2立米ほどのガスが必要になります。その際にガス代は平均的な単価で計算すると105円前後になります。

お湯の設定温度を2度下げれば一回当たりのお風呂に必要なガス代を8円前後節約することにつながると言われており、毎日の事ならば一年でおよそ3000円程度のガス代金を節約できる計算になります。

シャワーの使い方と併せて普段から気を付けることで、より節約効果が高まります。

 

便利な追い炊き機能の使用抑止

冬の寒い時期にお風呂にゆっくりとつかっていると気が付けば浴槽のお湯がぬるくなってしまって頻繁に追い炊きを利用するようになります。

お風呂の追い炊き機能は水の節約にもなるし便利な機能なのは確かですが、あまり追い炊き機能を使いすぎるとガスの無駄遣いにつながってしまいます。

給湯機の機種によっては設定温度よりも浴槽のお湯の温度が少しでも下がると自動的に追い炊きを始めるような機能付きのものもあります。

一人暮らしなら自動追い炊き機能はオフにしておいても自分ひとりが利用する分には支障ないので、せっかくの機能ですが自動追い炊き機能は切っておくのがガスの節約のためにはおすすめです。

一人暮らしなら自分ひとりしかお風呂には入らないことが多いとしても、たとえば二人以上でお風呂を利用するときには、時間を空けずに続けて入浴することを心がけることも大切です。

 

加熱料理は電子レンジを上手に活用

電子レンジ

お風呂に入ってシャワーの水栓をひねると、最初のうちはなかなかお湯が出ずに冷たい水が結構な水量出ることがあります。

もともとシャワーは水栓をひねってから暖かいお湯が出るまでに多少時間がかかるものなので、この時にお湯が出るまでの水はそのまま流してしまわず取り置きするようにします。

使用していないきれいな水なのでそのまま流してしまってはもったいないですね。洗濯などに使用できるので取り置いて活用するようにすれば、ガスの節約に直接つながるものではありませんが水道の節約になるのは確かです。

また、キッチンでは加熱調理の際に電子レンジを上手に活用してガスの使用量を減らすように努めます。料理を作る際には圧力鍋や保温調理鍋などをうまく活用することで、キッチンで料理する際に使用するガスの使用量を節約することができます。

 

まとめ

プロパンガスにかかる料金はとても高くつくというイメージがあります。

確かに今まで都市ガスで生活していた人が一人暮らしでプロパンガスを利用するようになると、一人しか使っていないのにガス代が随分割高になるのを感じる人が多いようです。

ガスの消費量を減らすためには、毎日のお風呂やシャワー、設定温度、料理の仕方など様々なシーンで節約を心がけることが大切です。

また、プロパンガスは会社によって料金が違うので、きちんと比較して適正な料金の会社に変えることも一つの節約方法になります。

 

おすすめ記事

1,026view

一人暮らしを始めるとき、引っ越しに慣れていない方は「引っ越しっていくらかかるんだろう?」「業者はどこがいいんだろう?」と不安に思うはずです。それもそのはず、引っ越し業者は小さな会社も含めると、数百社あ ...

886view

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジットカードには18歳~65歳と年齢制限が決められていて、高校生でなければ18歳の新 ...

670view

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮らしって、本当に大変。 毎日いろいろ我慢して、必死に節約してる女性は少なくありませ ...

-生活費

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2018 All Rights Reserved.