一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしを応援するウェブマガジン Single Life Hack(シングルライフハック)。かかってくる費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開しています。

電気料金

一人暮らしの家賃の適正金額は?月収別の家賃を徹底解説!

投稿日:

1人暮らしを始めるけど、家賃はどれくらいかかる?どんな部屋に住める?バイトでどれくらい稼いだら良いだろうか?十分な仕送りが期待できないけど、風呂なしトイレ共用のボロアパートに住まなければならないのだろうか?
貧乏学生暮らしと諦めてはいけません。工夫次第で、お金はないけど楽しい生活が送れます。
初めての1人暮らしに不安のある新入大学生の方へ。今の大学生の収入から考えた家賃の値段と、最低限必要な生活費の割り振りをお伝えします。

スポンサーリンク

家賃を決める前に収入を予想する

さて、家賃は収入あってのものです。大学生の収入とは?と言いますと非常に大きな差があります。奨学金の有無やアルバイトの種類、何より親からの仕送りですね。収入の高い親からは多くの仕送りが得られますが、大半の大学生の方の親は、子どもに10万以上の仕送りをできないそうです。
親の年代が40代、月々の手取りが平均的な30〜35程度となると学費への支払いもあり月々の仕送りは5万程度でしょう。ここでは仮に5万とします。そして奨学金の借入額から使えるお金は決まっており、おおよそ2.0〜3.0万円、平均を取って2.5万円とします。そして大学生に大切な収入源となるアルバイトです。学校生活やサークル活動との両立をしてこそアルバイトですので、時給900円のアルバイトを19〜23時まで週4日で働いたとして5.5万円。これらを合わせると仕送り5万円+奨学金2.5万円+アルバイト5.5万円=130000円があなたの収入となります。

スポンサーリンク

収入から必要な生活費を引く

収入が決まりましたが、全て自由に使える訳ではありません。日本国憲法にもある通り『健康で文化的な最低限度の生活』を送る為の費用を引く事になります。見やすくする為に以下の通りにしました。
・食費4万(朝食200円+昼食400円+夕食300円+お茶やジュース2リットルで400円/1ヶ月)
・電気ガス水道の光熱費1万円
・交通費1万円
・スマホとネット料金1万円
これはあくまで最低限度です。無駄な出費をしない人が、趣味などにお金を使わない生活費です。引けるところがあるとすれば、食費と交通費になりますが、初めての慣れない1人暮らしでは、これ以上節約する事は難しいでしょう。特に食べ盛りの大学生の皆さんです、食費を切り詰めすぎた生活では体も心も持ちません。
この合計は70000円になります。
そして、収入の13万円から7万円を引いた6万円、それが家賃も含め自由に使えるお金になります。

<一人暮らしの節約は携帯料金から始める!>

6万円で家賃を選ぶ

6万円全てを家賃に使う、それは構いません。いい物件に住むことがストレスを溜めず、他に何も必要ないのなら。
そういう訳にはいきませんので、1.5〜2.0万円をお小遣いと服飾費に充てるとして、6万円−お小遣いと服飾費2.0〜2.5万円=3.5〜4.0万円。
この金額が家賃の適切金額になる訳です。都市部ではかなり少ないと言えます。
どの程度のアパート・マンションが借りられるか複数の不動産サイトから調べてみました。おおよそですが、東京・大阪では都内や大阪でワンルーム10㎡、私の現在住む地方都市では1DK〜1LDK15㎡の物件が殆どでした。
交通の便を考えなければ、同じ程度の物件で1万円程度。同じ家賃とするなら5㎡程度広い物件に住む事ができます。
ただし、交通の便が悪い事は余分な交通費がかかる、または時間がかかってしまう事になります。

<全国183店舗!近くの店舗をチェックしてみる>

本当に安くて狭くて汚いのか?

先ほどの物件、いかがでしょうか?住むに耐えられないのでしょうか?
調べた限りですが、家賃が安い理由としては①物件が古く風呂トイレどちらかがない②間取りが狭いとありました。他には③1階で日当たりが悪い④2階で下が店舗⑤駅から離れている⑥間取りが不便、などともありました。
まず、毎日入浴をして綺麗なトイレを使う生活に慣れている皆さんですので①の風呂なしトイレ共用は避けましょう。そして②の明らかに布団しか敷けない広さの物件も生活用品が何も置けない事から避けたほうが良いでしょう。③も可能でしたら避けるべきですが、大学生の方の学校とアルバイトの生活ですと家にいる時間帯は夕方〜朝までになるのではないでしょうか?朝日を浴びたい私は日当たりは重要ですが、日当たりの良い時間に不在でしたら、気にし過ぎる事ではないのかもしれませんね。④⑤⑥はどうでしょうか?確かに不便ではあります。不便ですが、それぞれは工夫次第で『個性的』とも言えるのではないでしょうか?

個性的な立地や部屋と割り切ってみる

先ほどの④⑤⑥と対策をそれぞれ考えてみましょう。
④の下が店舗の場合です。飲食店である事が多くあります。特に居酒屋やスナックですと、夜の営業時間の時に騒音が気になり睡眠に支障が出るかもしれません。静かな所で寝たい方は避けるべきですが、『近場に飲食店がある』という利点でもあります。バイト帰りに自分にご褒美として美味しい料理を食べるなり、友人と飲みに行くなりに使えます。また、気兼ねなく夜更かしができ友人も呼べる事でしょう。
次に⑤の駅から遠い場合です。こちらは④とは逆に夜に人が少なく静かな所が魅力になります。夜は静かに寝たい、睡眠重視の方には向いている物件になります。
そして間取りが不便な⑥です。壁が斜めになっていたり、狭い部屋が更に小分けされていて不便とも言えると思います。その個性的な間取りを生かして、自分なりの家具の配置で面白い部屋を作ってみるのも楽しみではありませんか?

まとめ

・1人暮らし予定の大学生の収入予想は130000円
・最低限度の生活には70000円
・家賃の予算は35000〜40000万円
・探す物件は都内・大阪でワンルーム10㎡、地方都市で1DK〜1LDK15㎡
・狭くて不便な部屋も個性的な立地や部屋と割り切ってみる
これでギリギリ生活出来る程度の予算です。1人暮らしの最初から十分な生活を送らなくても大丈夫、住む家やお小遣いが不満なら収入を増やすも良し、節約をするのも良しです。大切な事は、『どう暮らしたいか』『何が必要なのか』『何をすれば思い通りに近づけるか』を工夫する事です。まだ、大学生です、大学生活で工夫する事が社会人となった時の生活の準備になる事でしょう。

アドセンス

スポンサーリンク

-費用

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.