一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

電卓とお金

生活費 節約

一人暮らしの生活費を節約!固定費と変動費の節約方法とは?

更新日:

一人暮らしが始まったその日から、日々の生活費のやりくりを全て自分一人でしなければなりません。

給与、バイト代、実家からの仕送りなど、毎月入ってくるお金には限りがありますので、無計画に使えばたちまちお金はなくなり、ふと気がつけば明日食べるものにも困る羽目になりかねません。

そのような事態に陥らないためにも、最初からしっかりと月々のお金の管理をする必要があります。

まずは、毎月の入出金の流れを知り、今月自由に使えるお金はいくらか、どの費用をどう節約したら突然の思わぬ出費に対応できるだけの余裕が生まれるかなど、基本的な家計の管理方法および生活費の節約方法について考えてみましょう。

スポンサーリンク

一人暮らしの生活費での家計の支出には固定費と変動費の二種類がある

夜のマンション

家計の支出には大きくわけて二つあります。固定費と変動費です。

固定費は毎月金額が決まっている一定の支出です。変動費は、使った量により金額が変動する日常の支出または臨時に出ていく費用の合計と考えてよいでしょう。

それぞれの内訳は以下の通りです。

固定費

  • 家賃
  • 新聞代
  • 通信費(電話・ネット・NHKなど)
  • 保険料(生保・損保の保険料等)
  • 交通費(通勤通学定期代など)
  • 駐車場代(車所有の場合)
  • 習い事の月謝、部活の部費など

変動費

  • 食費
  • 水道光熱費(電気・ガス・水道)
  • 服飾費
  • 娯楽費
  • 交際費
  • ガソリン代(車所有の場合)

学生と社会人とでは多少内訳の内容が違ってくると思いますが、おおむね上記のような支出が考えられます。

この二種類の支出を工夫して使い分け、毎月のやりくりを上手に行うためには、それぞれの支出をどうやって使い、またどこをどう節約できるか常に考えながらお金を使う必要があります。

以下の項目では、固定費、変動費の主な項目についてお金の流れの把握と節約について考えてみましょう。

 

一人暮らしの固定費の節約(1)家賃・新聞代

英字新聞

固定費は節約しにくい項目が多いのですが、少しでも支出を減額できれば意識せずに毎月一定額の節約ができます。

また、必ず出るお金ですので、毎月の収入から固定費分のお金を引いた残りの金額がその月に使える生活費だと考えるべきです。

ここでは、一人暮らしをしているほとんどの人が支払っている家賃、新聞代、通信費の節約について考えてみます。

まずは最も節約しにくい家賃と新聞代について取り上げます。

家賃

家賃に関わる賃貸契約期間は、一般的には2年です。

その期間中の家賃の減額はまずありませんが、どうしても家賃を節約したいなら家賃が安い場所に引っ越す、住居のレベルを下げる、長く住む場合は契約更新時に大家と交渉して家賃を安くしてもらうなどの方法があります。

新聞代

最近は新聞もインターネットで読める時代になっています。ネット購読にすると割安ですし、新聞紙の処分に頭を悩ませる必要もありません。

例(日本経済新聞購読料)
月額税込金額
日経電子版   4,200円
日経新聞(宅配)4,509円

他の新聞社でも同様のサービスがあります。詳しくは購読中の新聞社のHPを確認してください。

スポンサーリンク

一人暮らしの固定費の節約(2)通信費(電話代・ネット代・NHK)・車の維持費と駐車場代

スマホ料金

次は、固定費において最も比重が重く家計を圧迫する通信費について考えてみます。

携帯電話料金やプロバイダー費用は今や必要経費であり、解約により節約するのは難しい項目ですが、料金プランの見直しなどで費用を削減することは可能です。これを機に全ての通信費の料金プランや支払方法を見直して節約につなげましょう。

料金見直しおよび節約の一例は以下の通りです。

携帯電話

  • ほとんど使っていないオプションサービスを解約する。
  • 現在自分がよく使っている機能(メール、ネットなど)に特化したプランに変更する。
  • 種変更をするときは新機種ではなく前の機種を選ぶ。
  • タブレット所持の場合はスマホからガラケーに変更する。

固定電話・インターネットプロバイダー

携帯電話会社やプロバイダーなどの光コラボレーションプランを利用して携帯電話、固定電話、プロバイダー料金をセットにして各通信料金を節約する。

NHK

月払いにしている場合は、6か月、年払いにすると受診料がかなり割引されます

車の維持費と駐車場代

  • 公共交通機関がある程度普及している場所では車を所持しない。→自動車税・ガソリン代・駐車場代がゼロになり、大きな節約になります。
  • ガソリンスタンドのカード会員になる、コンビニ提携のカードを所持する。→店頭販売価格よりも安くガソリンを給油できます。

 

一人暮らしの変動費の管理と節約(1)食費・日用品費・光熱費

Women-who-eat-a-salad

変動費は固定費に比べて節約しやすい項目が多い支出ですが、無理をすればストレスが溜まります。

ここでは、できるだけストレスにならないような上手な節約方法について考えてみましょう。

食費・日用品費

  • 外食の回数を減らす。→当然ですが、毎日外食をしていればかなりの出費となります。ぜひ自炊をしましょう。
  • コンビニに行く回数を減らす→コンビニに行くと、スーパーで安く買える品物までつい定価で買ってしまいがち。それを防ぐためにはコンビニに立ち寄る回数自体を減らすのが一番です。
  • まとめ買いは最小限にする。→一人暮らしでは日持ちしにくい生鮮食品をまとめ買いすると腐らせて廃棄する可能性が高く、かえって無駄です。数日で使い切れる量だけ少しずつ買った方が節約になります。保存のきく食品や日用品も、賞味期限以内に食べきれる量だけ買いましょう。
  • 常備菜を多めに作り、小分けにして冷蔵保存しておく。→食費のみならずガス代の節約にもなります。

光熱費

  • お風呂の残り湯を洗濯や草木の水やり、掃除などに再利用する。
  • シャワーヘッドを節水タイプのものにする。
  • 食器は溜め洗いする。→水を張って洗剤を少量入れた洗い桶に食器を付けて汚れが取れやすいようにしておき、まとめて洗うと水道を流している時間を短縮し、水道代の節約になります。
  • 待機電力を減らすためにコンセントをこまめに抜く。
  • 照明をLED電球に交換する。→LED電球は比較的高価ですが、電力消費量が蛍光灯の半分以下なので、ランニングコストが安いので、結果的に電気料金の節約になります。

 

一人暮らしの変動費の管理と節約(2)交通費・服飾品・娯楽費・交際費

赤いマフラーの女性

交通費

  • 駅や職場、学校へのアクセス時間が短く便利な場所に住む、引っ越す。→交通費の節約になるだけでなく、毎日の通勤通学のストレスを軽減できます。
  • 定期券は月単位よりも半年、1年単位で買うと割引率が高くお得です。
  • できるだけ徒歩や自転車での移動を心がける。→交通費の節約と健康維持の一石二鳥となります。

服飾費

  • 手持ちの服飾品を確認し、どのようなものが家にあるか把握しておく。
  • 手持ちの服飾品とのコーディネートを考えながら買う。
  • 必要がある場合以外は定価で買わない。
  • 福袋をできるだけ買わない。
  • セールに行くときはあらかじめ本当に欲しいものを決めてそれだけを買う。→安いからと飛びつく前に、「これは本当に今必要なものか?」ということを常に念頭に置いておくと後で後悔せずに済みます。

娯楽費・交際費

これらは節約するとストレスになりやすい項目ですが、自分にとって本当に必要な娯楽や交際であるかどうかその都度判断しながら収入の範囲内の支出にとどめるよう工夫するといいでしょう。

 

まとめ

一人暮らしで収入の範囲内で生活する上での主な節約ポイントは以下の通りです。

  • 支出には「固定費」と「変動費」がある。
  • 固定費は削減に工夫が必要だが実行できれば無理なく節約効果を実感できる。
  • 各種インターネットサービスや料金プランを検討すると節約につながる場合が多い。
  • 食料や日用品は「消費期限までに使い切れる量だけ買う」が基本。
  • 光熱費は工夫次第で大きく節約できる項目である。
  • セールではあらかじめ欲しいものをピックアップし、必要なものしか買わない。

最後に。限られた収入の中で生活するにあたり一番意識すべき事は、「この支出は今の自分に本当に必要なものであるかどうか」ということです。

私たちはつい、日常の買い物、日々のお付き合いなど、本当は必要ないのになんとなくお金を払ってしまう、なんとなくお付き合いするなどして後悔することが多いものですが、一人暮らしは経済的にも精神的にも「自立」していなければ生活が成り立ちません。

ですから、まずはお金の管理を計画的に行う事が本当の意味での自立の第一歩となるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-生活費, 節約

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.