一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~

一人暮らしに必要な費用、節約術、料理、ペット、家具についてのテクニックを公開。

健康的な食事

料理

一人暮らしで料理したら節約できる?自炊と外食を徹底比較

更新日:

一人暮らしでついおろそかになりがちなのが食生活です。 また外食が多いと食費が思っていたより高くついてしまって、月末にピンチ!という事態や、なかなか貯金ができないという悩みにもなります。

体調管理のためにも生活費管理のためにも自炊中心の食生活がおすすめです。 たまには外食も楽しみつつ、家では基本自炊というスタイルにすればおいしく満足で健康的、しかも安あがりとよいこと尽くめです。

難しくなく、誰でもすぐに取り入れられる自炊の知恵をご紹介します。

スポンサーリンク

コンビニのおにぎりVS炊きたてごはん

おにぎり

一人暮らしでは忙しいとつい外食に頼りがちだったり、疲れていると食事を抜いてしまったりしがちです。 食生活が適当になると栄養バランスが乱れ、体調を崩してしまったりします。

また外食や市販品が多いと食費が高くついてしまうというデメリットもあります。 体調管理のためにも食費を節約するためにも積極的に自炊するのをおすすめします。

自炊の第一歩としてまず、ごはんを炊くことから始めましょう。

例えばコンビニのおにぎり、120円ほどなのでお弁当などに比べると安く感じ、一人暮らしの主食になりがちですが、自分で炊けばごはん茶碗一杯分あたり約35円と1/3もお得です。

添加物や余分な味つけが一切ないのでヘルシーですし、小分けにして冷凍しておけば食べたいときや、疲れて帰ってきたときでもレンジで温めればホカホカのごはんが食べられるので食事を抜くということも防げます。

 

外食より自炊だとこんなにお得な「野菜炒め」

野菜炒め

一人暮らしの定番レシピといえば野菜炒めです。

特売の肉と、旬で安い野菜をフライパンで炒めるだけでボリュームがあり栄養バランスのよい1品のできあがりです。 最初からハードルをあげずに、まずは野菜炒めの素を利用するのも手です。

自炊で挫折しがちなのは初めから気合いを入れすぎてしまうことです。 材料を買い揃え、奮発してよい食材を選んでプロのレシピでつくったのにどうもイマイチでテンションがさがり、だんだん作らなくなってしまうというのはよくあることです。

初めから完璧を目指さす、いつかおいしく作れるようになるまでの味の追求という感覚で、楽しんで料理するのがいちばんです。

ちなみに野菜炒めはよくある定食屋や中華料理店で頼むと400円~500円ほどしますが、自炊だと半分以下でできます。油分や塩分も少なくできますし、なにより自分好みの味にできるのがよいところです。

スポンサーリンク

お得なまとめ買いは一人暮らしの敵ではなく味方

スーパーマーケット

一人暮らしで意外と驚くのが食材を使い切ることの難しさです。

もやしでもなすでもピーマンでも「3個100円」などとなっていると、ついまとめ買いするのが人の心理というものです。

でも仕事で帰りが遅い日が続いたり、友達からの誘いがあったりして家で食事をしないことが数日続いたあと、ふと冷蔵庫をのぞくと野菜がダメになってしまっていてガックリ…ということはよくあることです。

何度かそういったことが続くと、大げさでなく野菜を買うのがこわくなってしまったりします。 食材を購入して腰を据えて料理しようと思い立つときは休日がほとんどです。

時間はあるので、何種類かの野菜をまとめていっきに料理し、一食分づつ保存容器に入れて作り置きおかずにしたり、ラップで包んで冷凍保存すれば、お得なまとめ買い野菜も使い切れますし、家での食事で1品足りないときに助かります。

 

自炊は追加も大盛りもトッピングも自由自在

コロッケ

生活費、光熱費、食費のなかでいちばんやりくりが難しいのは食費だったりします。

外食が続くと一回の出費は大したことがないはずなのに、気づいたら財布がさみしい…という経験は誰にでもあります。

やはり外食は高くつきます。安くておいしいお店があって通っていると、ついついおいしそうなおかずを追加したり、大盛り+トッピングありなんていう注文をしてしまいます。

たまにならいいですが、それが続くと思っていたよりたかくついてしまうという原因になります。 逆にいうと、すべての支出のなかで節約しがいがいちばんあるのが食費といっても過言ではありません。

食材、冷凍食品、作り置きおかずをストックし、うまくローテーションを組んで食べれば、平日に一度もコンビニを利用しなかったというのも珍しくありません。追加も大盛りもトッピングも格安で自由自在です。

 

自炊が続かない原因&続くコツ

カレーライス

一貫して自炊をすすめていますが、これを受けて(自炊しなければ…節約しなければ…)とガチガチになってしまうと義務になってしまい、続かない原因になりがちです。

まずはおしゃれな料理(例:グリーンカレー、カルボナーラ)に挑戦してみる、外食でおいしかったメニューを再現してみるという風にテーマを決めて楽しんでしまうのがコツです。

一度自分で作ってみるとわかりますが、外食したり惣菜を買うよりも自炊した方がだんぜん安あがりで、少々出来がイマイチでも満足感は高いです。

グリーンカレーならカフェで頼むと1,000円前後しますが、ペーストとナンプラーがあれば、なす、鶏肉、マッシュルームなどの材料で、ココナッツミルクを豆乳で代用してなんと400円以内でできてしまいます。

料理の腕が少しづつあがると献立もうまくたてられるようになりますし、調味料選びや保存方法も上手になります。

 

まとめ

自炊はよいこと尽くめです。わるいことといえば「料理の上達にゴールはない」ということくらいです。

まず食費をうんと押えられますし、自分好みの味でちょうどよい量を味わうことができます。
食べたいものから挑戦していって、得意になった料理をメインに献立をたててやりくりしていると、気づいたら「今月こんなに予算が余っていた」「いつの間にか貯金ができていた」ということも夢ではありません。ぜひ自炊に挑戦してみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

18歳~22歳で新社会人になり、「そろそろ自分のクレジットカードが欲しいな」と考えている方は少なくありません。 クレジッ ...

2

目次1 一人暮らしの引っ越しで一括見積もりサイトを使うメリットは?1.1 一人暮らしの引っ越しで発生する費用の相場が分か ...

3

「食費節約のため、閉店間際のスーパーで値引弁当を買う」 「光熱費節約のため、エアコンはなるべく使わない」 女性の一人暮ら ...

-料理

Copyright© 一人暮らしの生活情報 ~シングルライフハック~ , 2017 AllRights Reserved.